サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

光工学ハンドブック

小瀬輝次 [ほか]編

詳細情報

タイトル 光工学ハンドブック
著者 小瀬輝次 [ほか]編
著者標目 小瀬, 輝次, 1922-2001
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 1986.2
大きさ、容量等 718, 27p ; 22cm
注記 『光学技術ハンドブック』 (昭和50年刊) の改題新版
注記 各章末: 参考文献
ISBN 4254210167
価格 18000円 (税込)
JP番号 86025933
出版年(W3CDTF) 1986
件名(キーワード) 光学
件名(キーワード) 光学器械
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC MC2
NDLC MC111
NDC(8版) 425
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 光工学ハンドブック
  • I 光学の歴史 吉原邦夫
  • I 1. 古代の光学 2
  • I 2. アラビアの光学 2
  • I 3. 文芸復興期の光学 2
  • I 4. 17世紀の光学 3
  • I 4.1 正確な屈折の法則の発見 3
  • I 4.2 光の速さ 3
  • I 4.3 Newtonの研究・光の粒子説 4
  • I 4.4 光の回折現象 5
  • I 4.5 Huygensと光の波動説 5
  • I 5. 18世紀の光学 6
  • I 6. 19世紀の光学 7
  • I 6.1 波動説の復活 7
  • I 6.2 光の偏り 7
  • I 6.3 光の速さの測定 8
  • I 6.4 光の電磁波説 8
  • I 6.5 分光学の誕生 9
  • I 6.6 幾何光学の発展 10
  • I 7. 20世紀の光学 10
  • I 7.1 相対性理論 10
  • I 7.2 量子論と光の粒子説 11
  • I 7.3 レーザーの発明 11
  • II 基礎光学
  • II 1. 幾何光学 三宅和夫 14
  • II 1.1 幾何光学の基礎 14
  • II 1.1 1.1.1 光線の概念,幾何光学 14
  • II 1.1 1.1.2 反射・屈折の法則 14
  • II 1.1 1.1.3 平面反射系のマトリックスによる取扱い 15
  • II 1.2 アッベによる幾何光学的結像論 16
  • II 1.2 1.2.1 結像の概念 16
  • II 1.2 1.2.2 結像の一般式 16
  • II 1.2 1.2.3 共軸結像 17
  • II 1.2 1.2.4 共軸結像の諸性質 18
  • II 1.2 1.2.5 結像の分類 19
  • II 1.2 1.2.6 望遠鏡的結像 20
  • II 1.2 1.2.7 結像の合成 20
  • II 1.3 絞りとその作用 21
  • II 1.3 1.3.1 入射瞳,射出瞳,開口絞り 21
  • II 1.3 1.3.2 テレセントリック系 22
  • II 1.3 1.3.3 視野絞り 22
  • II 1.4 収差 23
  • II 1.4 1.4.1 結像の不完全としての収差 23
  • II 1.4 1.4.2 波面収差 24
  • II 1.4 1.4.3 焦点位置の移動 25
  • II 1.4 1.4.4 波面収差と光線収差 26
  • II 1.4 1.4.5 波面収差の展開 26
  • II 2. 物理光学 田中俊一 28
  • II 2.1 均質等方媒質中の光波 28
  • II 2.1 2.1.1 マクスウェルの方程式 28
  • II 2.1 2.1.2 非吸収性媒質中の光波 28
  • II 2.1 2.1.3 平面波の反射,屈折 31
  • II 2.1 2.1.4 全反射 33
  • II 2.1 2.1.5 吸収性媒質中の光波 34
  • II 2.2 干渉 36
  • II 2.2 2.2.1 光波の重ね合せ 37
  • II 2.2 2.2.2 干渉縞 38
  • II 2.2 2.2.3 ヤングの実験 39
  • II 2.2 2.2.4 平行平面薄層による干渉 40
  • II 2.2 2.2.5 薄いくさび層による干渉 41
  • II 2.3 回折 42
  • II 2.3 2.3.1 フレネルーキルヒホッフの回折式 42
  • II 2.3 2.3.2 バビネの原理 44
  • II 2.3 2.3.3 フラウンホーファー回折の例 45
  • II 2.3 2.3.4 フレネル回折 47
  • II 3. 結晶光学 小川智哉 49
  • II 3.1 屈折率 49
  • II 3.2 屈折率楕円体 50
  • II 3.3 結晶の光学的性質の記述 51
  • II 3.3 3.3.1 光線速度面 51
  • II 3.3 3.3.2 (波面)法線速度面 52
  • II 3.3 3.3.3 フレネルの法線速度式 52
  • II 3.3 3.3.4 フレネル楕円体 53
  • II 3.3 3.3.5 屈折率曲面 53
  • II 3.4 外力による屈折率楕円体の変形 53
  • II 3.4 3.4.1 一般的関係 53
  • II 3.4 3.4.2 結晶の対称性とポッケルス係数,カー係数,および光弾性係数 57
  • II 3.4 3.4.3 ポッケルス効果 58
  • II 3.4 3.4.4 ポッケルス係数rijkSとrijkTのちがい 61
  • II 3.5 光学活性 62
  • II 3.6 磁気光学効果 65
  • II 3.6 3.6.1 伝導電子により生ずるファラデー効果 65
  • II 3.6 3.6.2 磁気スピンの歳差運動により生ずるファラデー効果 67
  • II 3.6 3.6.3 磁気カー効果 68
  • II 4. 統計光学  鈴木範人,吉村武晃 70
  • II 4.1 解析信号 70
  • II 4.2 コヒーレンス度 70
  • II 4.2 4.2.1 空間的コヒーレンス度 71
  • II 4.2 4.2.2 時間的コヒーレンス度 71
  • II 4.3 強度干渉 72
  • II 4.4 光ビート 73
  • II 4.5 積分強度の統計 74
  • II 4.5 4.5.1 ガウス光強度の統計 74
  • II 4.5 4.5.2 部分偏光したガウス光の分布関数 77
  • II 4.6 光電子パルスの統計 78
  • II 4.6 4.6.1 光電子パルスの分布関数 78
  • II 4.6 4.6.2 光電子パルスの時間相関および時間間隔分布 80
  • II 5. 量子エレクトロニクス  矢島達夫 82
  • II 5.1 量子エレクトロニクスと量子光学 82
  • II 5.2 電磁波と物質との相互作用 83
  • II 5.2 5.2.1 光子と光波 83
  • II 5.2 5.2.2 光の吸収と自然放出・誘導放出 83
  • II 5.2 5.2.3 スペクトル線の広がりと緩和 85
  • II 5.2 5.2.4 コヒーレント光波と物質との共鳴相互作用 86
  • II 5.3 レーザーの基礎 88
  • II 5.3 5.3.1 レーザーの原理 88
  • II 5.3 5.3.2 レーザー発振器の基本的性質 89
  • II 5.3 5.3.3 レーザー光の基本的性質 90
  • II 5.4 非線形光学 91
  • II 5.4 5.4.1 現象の概要と表現 91
  • II 5.4 5.4.2 非線形分極と非線形感受率 92
  • II 5.4 5.4.3 波動電搬と位相整合 93
  • II 5.4 5.4.4 各種非線形光学過程 94
  • II 6. 測光 西師毅 100
  • II 6.1 基礎事項 100
  • II 6.1 6.1.1 放射量と測光量 100
  • II 6.1 6.1.2 放射量とその単位 101
  • II 6.1 6.1.3 測光に関する国際的とりきめ 103
  • II 6.1 6.1.4 測光量とその単位に関する注意 105
  • II 6.1 6.1.5 視感測光と物理測光 105
  • II 6.2 測光において有用な法則 106
  • II 6.2 6.2.1 点光源による照度 106
  • II 6.2 6.2.2 完全拡散面 106
  • II 6.3 測光標準と測光技術 107
  • II 6.3 6.3.1 標準光源 107
  • II 6.3 6.3.2 標準受光器 109
  • II 6.3 6.3.3 白熱電球の測光 109
  • II 6.3 6.3.4 同色測光と異色測光,色補正係数 110
  • II 6.3 6.3.5 照度,分光放射照度の測定 111
  • II 6.3 6.3.6 輝度の測定 111
  • II 7. 測色 佐藤雅子 113
  • II 7.1 知覚的な色と心理物理的な色 113
  • II 7.2 マンセル表色系 114
  • II 7.3 3色表色系 115
  • II 7.4 CIE表色系 116
  • II 7.4 7.4.1 XYZ表色系 116
  • II 7.4 7.4.2 X10Y10Z10表色系 121
  • II 7.5 UCS色度図 122
  • II 7.6 均等色空間 124
  • II 8. 生理工学 畑田豊彦 129
  • II 8.1 視覚系の構造 129
  • II 8.1 8.1.1 眼球構造 129
  • II 8.1 8.1.2 模型眼 132
  • II 8.1 8.1.3 眼屈折と調節 132
  • II 8.1 8.1.4 網膜構造 135
  • II 8.1 8.1.5 神経伝達路 140
  • II 8.1 8.1.6 中枢系構造 141
  • II 8.2 視覚系の空間・時間周波数特性 143
  • II 8.2 8.2.1 視覚系の空間周波数特性 144
  • II 8.2 8.2.2 視覚系の時間周波数特性 149
  • II 8.2 8.2.3 視覚系の時空間周波数特性 150
  • II 8.3 色覚機構 152
  • II 8.3 8.3.1 網膜での色情報処理 152
  • II 8.3 8.3.2 神経伝達路・中枢系の色情報処理 153
  • II 8.3 8.3.3 色覚機構のモデル 153
  • II 8.4 眼球運動機構 154
  • III 応用光学
  • III 1. 薄膜の光学 藤原史郎 160
  • III 1.1 薄膜光学の理論 160
  • III 1.1 1.1.1 境界面における反射と透過 161
  • III 1.1 1.1.2 単層膜 161
  • III 1.1 1.1.3 多層膜 163
  • III 1.1 1.1.2 薄膜の光学的応用 169
  • III 1.1 1.2.1 反射防止膜 169
  • III 1.1 1.2.2 反射鏡 171
  • III 1.1 1.2.3 干渉フィルター 172
  • III 1.3 膜厚と光学定数の測定 173
  • III 1.3 1.3.1 膜厚 173
  • III 1.3 1.3.2 光学定数 174
  • III 1.3 1.3.3 薄膜物質の性質 176
  • III 2. ホログラフィー 本田捷夫 178
  • III 2.1 ホログラフィーの原理 178
  • III 2.2 ホログラフィーの結像特性と収差特性 179
  • III 2.3 ホログラムの分類 183
  • III 2.3 2.3.1 オンアクシスホログラムとオフアクシスホログラム 183
  • III 2.3 2.3.2 物体面とホログラム記録面との距離の違いによる分類 184
  • III 2.3 2.3.3 透過型ホログラムと反射型ホログラム 184
  • III 2.3 2.3.4 振幅型ホログラムと位相型ホログラム 185
  • III 2.3 2.3.5 平面型ホログラムと体積型ホログラム 185
  • III 2.3 2.3.6 光波面直接記録ホログラムと計算ホログラム 185
  • III 2.4 ホログラフィーの特徴的な基本機能 186
  • III 2.4 2.4.1 結像・波面変換作用 186
  • III 2.4 2.4.2 散乱光波面の記録・再現作用 186
  • III 2.4 2.4.3 光波面演算作用 186
  • III 2.5 ホログラフィーのための要素技術 187
  • III 2.5 2.5.1 ホログラム記録用光源 187
  • III 2.5 2.5.2 ホログラム記録用感光材料 187
  • III 2.5 2.5.3 光学部品 189
  • III 2.5 2.5.4 ホログラム記録技術 189
  • III 2.6 ホログラフィーの応用 190
  • III 2.6 2.6.1 微粒子の大きさ,分布の測定 190
  • III 2.6 2.6.2 干渉計測 190
  • III 2.6 2.6.3 ホログラフィック光学素子 190
  • III 2.6 2.6.4 光演算への応用 191
  • III 2.6 2.6.5 立体像表示への応用 191
  • III 3. スペックル 朝倉利光,高井信勝 195
  • III 3.1 スペックル統計理論の基礎 195
  • III 3.1 3.1.1 スペックル現象 195
  • III 3.1 3.1.2 スペックル複素振幅のランダムウォーク 195
  • III 3.1 3.1.3 ガウス的スペックル 197
  • III 3.1 3.1.4 物体直後の位相分布 198
  • III 3.2 スペックルの1次統計 198
  • III 3.2 3.2.1 等確率楕円 198
  • III 3.2 3.2.2 スペックルコントラスト 203
  • III 3.2 3.2.3 スペックル強度の確率密度分布 204
  • III 3.2 3.2.4 スペックル位相の確率密度分布 205
  • III 3.2 3.2.5 スペックル強度の和および積分の確率密度分布 206
  • III 3.3 スペックルの2次統計 208
  • III 3.3 3.3.1 時空間相関関数 208
  • III 3.3 3.3.2 フレネル回折界スペックルとその平均的大きさ 209
  • III 3.3 3.3.3 ガウスビーム照射の動的スペックル 210
  • III 3.3 3.3.4 スペックルの運動特性 211
  • III 3.4 スペックル応用研究 213
  • III 4. 光導波路 波多腰玄一 215
  • III 4.1 光導波路の構造と光電波の原理 215
  • III 4.1 4.1.1 2次元光導波路 215
  • III 4.1 4.1.2 3次元光導波路 220
  • III 4.1 4.1.3 光ファイバー 222
  • III 4.2 光導波路素子 226
  • III 4.2 4.2.1 平面光導波路材料 226
  • III 4.2 4.2.2 結合器 226
  • III 4.2 4.2.3 ビームスプリッター,反射鏡 228
  • III 4.2 4.2.4 光導波路レンズ 229
  • III 4.2 4.2.5 光変調器,光スイッチ 232
  • III 5. フーリエ光学 武田光夫 235
  • III 5.1 フーリエ変換による線形システムの解析 235
  • III 5.1 5.1.1 線形システム 235
  • III 5.1 5.1.2 インパルスと応答 235
  • III 5.1 5.1.3 移動不変システムと伝達関数 236
  • III 5.1 5.1.4 標本化定理 238
  • III 5.1 5.1.5 フーリエ変換の諸定理と諸公式 240
  • III 5.2 光学と線形システム 242
  • III 5.2 5.2.1 回折現象の線形システム表現 242
  • III 5.2 5.2.2 光学系による波動場の変換 245
  • III 5.2 5.2.3 結像系の線形システム表現 247
  • III 5.2 5.2.4 干渉現象の線形システム表現 251
  • III 6. 光コンピューター 石原聡 255
  • III 6.1 ディジタル光演算素子 255
  • III 6.2 2次元光コンピューター 256
  • III 6.2 6.2.1 2次元光論理演算 256
  • III 6.2 6.2.2 2次元光フリップフロップ 257
  • III 6.2 6.2.3 2次元光コンピューター用基本素子 258
  • III 6.3 光数値演算の方式 258
  • III 6.3 6.3.1 光剰余演算 258
  • III 6.3 6.3.2 光シストリック演算 259
  • III 7. 光双安定,位相共役光学 梅垣真祐 263
  • III 7.1 光双安定 263
  • III 7.1 7.1.1 動作原理 263
  • III 7.1 7.1.2 導波路を用いた混成型素子 267
  • III 7.1 7.1.3 応用 269
  • III 7.1 7.1.4 実用上の問題点と将来 270
  • III 7.2 位相共役光学 273
  • III 7.2 7.2.1 位相共役波の特徴 273
  • III 7.2 7.2.2 位相共役波の発生方法 274
  • III 7.2 7.2.3 応用 277
  • III 8. レーザービーム 有本昭 280
  • III 8.1 レーザー共振器 280
  • III 8.1 8.1.1 縦モード 280
  • III 8.1 8.1.2 横モード 280
  • III 8.2 レーザービームの伝搬 284
  • III 8.2 8.2.1 空気中の伝搬 284
  • III 8.2 8.2.2 レンズ通過特性 285
  • III 8.2 8.2.3 半導体レーザーの特性 286
  • IV 光学技術
  • IV 1. 光学材料 290
  • IV 1.1 ガラスとその加工 市村健夫,苅谷道郎 290
  • IV 1.1 1.1.1 光学ガラスの性質 290
  • IV 1.1 1.1.2 光学ガラスの製造法 294
  • IV 1.1 1.1.3 光学ガラスの加工 296
  • IV 1.2 結晶 古畑芳男 298
  • IV 1.2 1.2.1 単結晶材料の特徴 298
  • IV 1.2 1.2.2 基幹デバイスに用いる単結晶 298
  • IV 1.2 1.2.3 光学単結晶の作成法 300
  • IV 1.2 1.2.4 光学用単結晶材料の結晶化学的分類 305
  • IV 1.3 プラスチック 小島忠 329
  • IV 1.3 1.3.1 光学プラスチック素材 329
  • IV 1.3 1.3.2 光学用プラスチックレンズ 331
  • IV 1.4 液晶 林駿介 335
  • IV 1.4 1.4.1 液晶の分子構造と分類 335
  • IV 1.4 1.4.2 モノドメイン液晶の製作 338
  • IV 1.4 1.4.3 液晶の電磁界に対する応答 339
  • IV 1.4 1.4.4 液晶の電気光学効果および電気熱効果 339
  • IV 1.4 1.4.5 液晶情報表示 340
  • IV 1.4 1.4.6 液晶の光学素子およびセンサー 344
  • IV 1.5 記録材料 大野信 345
  • IV 1.5 1.5.1 非銀塩画像記録材料 346
  • IV 1.5 1.5.2 ホログラム記録材料 351
  • IV 1.5 1.5.3 光メモリー用材料 353
  • IV 1.6 写真感光材料 久保走一 356
  • IV 1.6 1.6.1 写真感光材料の特性 356
  • IV 1.6 1.6.2 写真像の微細構造と記録された像の性格 360
  • IV 1.6 1.6.3 科学用の銀塩写真感光材料 362
  • IV 2. 光学測定 366
  • IV 2.1 光学材料の基礎定数の測定 市原裕 366
  • IV 2.1 2.1.1 一様媒質の屈折率測定 366
  • IV 2.1 2.1.2 屈折率分布の測定 368
  • IV 2.2 光学系の基礎定数の測定 鶴田匡夫 375
  • IV 2.2 2.2.1 レンズの幾何光学的諸量の測定 375
  • IV 2.2 2.2.2 レンズの測光学的諸量の測定 378
  • IV 2.2 2.2.3 収差の測定 380
  • IV 2.2 2.2.4 結像性能の測定 384
  • IV 2.3 干渉測定法 中島俊典 387
  • IV 2.3 2.3.1 千渉計による測定 387
  • IV 2.3 2.3.2 粗面による干渉 389
  • IV 2.3 2.3.3 高精度干渉測定 391
  • IV 2.3 2.3.4 干渉縞の解析 395
  • IV 2.4 回折測定と空間周波数フィルタリング 谷田貝豊彦 396
  • IV 2.4 2.4.1 光の回折と光学変換 396
  • IV 2.4 2.4.2 フラウンホーファーの回折の応用 399
  • IV 2.4 2.4.3 空間周波数フィルタリング 401
  • IV 2.5 偏光測定と偏光解析法 山本正樹 411
  • IV 2.5 2.5.1 偏光状態の表現 411
  • IV 2.5 2.5.2 偏光測定 417
  • IV 2.5 2.5.3 偏光解析法 420
  • IV 3. レンズ設計 小川良太 428
  • IV 3.1 近軸量の計算 428
  • IV 3.1 3.1.1 近軸追跡式 428
  • IV 3.1 3.1.2 レンズの近軸量 429
  • IV 3.2 ザイデル収差係数 430
  • IV 3.2 3.2.1 ザイデル収差係数の計算 431
  • IV 3.2 3.2.2 ザイデル収差係数から実際の収差への変換 432
  • IV 3.2 3.2.3 瞳の移動に対する式 433
  • IV 3.3 光線追跡式 434
  • IV 3.3 3.3.1 スキュー光線追跡式 434
  • IV 3.3 3.3.2 屈折率分布型レンズ 437
  • IV 3.4 レンズ設計 438
  • IV 3.4 3.4.1 色収差と色消し 438
  • IV 3.4 3.4.2 収差の補正 440
  • IV 3.4 3.4.3 性能評価法 443
  • IV 3.5 レンズの自動設計 444
  • IV 3.5 3.5.1 DLS法による自動設計 445
  • IV 3.5 3.5.2 物理的評価関数 447
  • IV 4. ディジタル画像処理 高木幹雄 450
  • IV 4.1 ディジタル画像処理 450
  • IV 4.2 ディジタル画像処理の流れ 451
  • IV 4.3 ディジタル画像処理の目的 452
  • IV 4.3 4.3.1 画像の変換 453
  • IV 4.3 4.3.2 画像の計測 454
  • IV 4.3 4.3.3 画像の認識 454
  • IV 4.3 4.3.4 画像の生成 455
  • IV 4.4 ディジタル画像処理の応用分野 455
  • IV 4.5 ハードウェアとシステム 456
  • IV 4.5 4.5.1 画像入力装置 456
  • IV 4.5 4.5.2 画像出力装置 457
  • IV 4.5 4.5.3 画像処理用プロセッサー 457
  • IV 4.5 4.5.4 ソフトウェア 460
  • V 光学機器
  • V 1. 光源 462
  • V 1.1 光源一般 東忠利 462
  • V 1.1 1.1.1 白熱電球 462
  • V 1.1 1.1.2 蛍光ランプ 463
  • V 1.1 1.1.3 水銀ランプ 465
  • V 1.1 1.1.4 ナトリウムランプ 466
  • V 1.1 1.1.5 メタルハライドランプ 467
  • V 1.1 1.1.6 キセノンランプ 468
  • V 1.1 1.1.7 スペクトル線用放電管 469
  • V 1.2 レーザー 469
  • V 1.2 1.2.1 ガスレーザー,固体レーザー,色素レーザー 磯部皖一 469
  • V 1.2 1.2.2 半導体レーザー 西田克彦 478
  • V 1.3 加速器を用いた光源 北村英男 481
  • V 1.3 1.3.1 概要 481
  • V 1.3 1.3.2 シンクロトロン放射 483
  • V 1.3 1.3.3 アンジュレーターとウィグラー 488
  • V 2. 検出器 林達郎 494
  • V 2.1 光検出器の基本特性 494
  • V 2.1 2.1.1 光検出における光量の概念 494
  • V 2.1 2.1.2 光検出器の分類と特徴 494
  • V 2.1 2.1.3 感度 496
  • V 2.1 2.1.4 信号検出とその限界 497
  • V 2.1 2.1.5 時間応答 499
  • V 2.2 外部光電効果型検出器 499
  • V 2.2 2.2.1 光電管,光電子増倍管 499
  • V 2.2 2.2.2 2次元検出器 503
  • V 2.3 内部光電効果型検出器 505
  • V 2.3 2.3.1 光導電型検出器 505
  • V 2.3 2.3.2 光起電型検出器 506
  • V 2.3 2.3.3 2次元検出器 508
  • V 2.4 熱効果型検出器 510
  • V 3. 光学素子 514
  • V 3.1 レンズ,プリズム,鏡 松本和也 514
  • V 3.1 3.1.1 レンズの基本性能 514
  • V 3.1 3.1.2 レーザー応用機器用各種レンズ 515
  • V 3.1 3.1.3 プリズム 518
  • V 3.1 3.1.4 反射鏡 520
  • V 3.2 偏光素子 川畑州一 521
  • V 3.2 3.2.1 偏光子 522
  • V 3.2 3.2.2 移相子 525
  • V 3.3 回折格子 永田浩 527
  • V 3.3 3.3.1 回折格子の種類 527
  • V 3.3 3.3.2 溝の形 529
  • V 3.3 3.3.3 製作法 530
  • V 3.3 3.3.4 回折効率とアノマリー 531
  • V 3.3 3.3.5 ゴーストと迷光 534
  • V 3.3 3.3.6 真空紫外域での回折格子 535
  • V 3.4 ホログラフィー素子 西田信夫 537
  • V 3.4 3.4.1 ホログラフィー素子の基本機能 537
  • V 3.4 3.4.2 基本的なホログラフィー素子 537
  • V 3.4 3.4.3 ホログラフィー素子の特徴 538
  • V 3.4 3.4.4 ホログラフィー素子の製作技術 539
  • V 3.4 3.4.5 代表的なホログラフィー素子 541
  • V 3.5 ファイバー 544
  • V 3.5 3.5.1 画像伝送用ファイバー 岡田孝夫 544
  • V 3.5 3.5.2 光通信用ファイバー 宮下忠 551
  • V 3.6 マイクロレンズ 伊賀健一 556
  • V 3.6 3.6.1 光エレクトロニクスとマイクロレンズ 556
  • V 3.6 3.6.2 ロッド型マイクロレンズ 557
  • V 3.6 3.6.3 平板マイクロレンズ 558
  • V 3.6 3.6.4 その他のマイクロレンズ 559
  • V 3.6 3.6.5 微小光学素子 560
  • V 3.7 偏向・変調素子 小川智哉 561
  • V 3.7 3.7.1 透過光強度が変る現象 562
  • V 3.7 3.7.2 透過光の位相が変る現象 562
  • V 3.7 3.7.3 透過光または反射光の偏光面が回転する現象 564
  • V 3.7 3.7.4 発光状態の制御 565
  • V 3.8 フィルター 渡辺寔 566
  • V 3.8 3.8.1 赤外域用フィルター 566
  • V 3.8 3.8.2 可視・紫外域用フィルター 568
  • V 3.8 3.8.3 真空紫外域用フィルター 572
  • V 4. 分光機器 575
  • V 4.1 分散型分光器 後藤克也 575
  • V 4.1 4.1.1 プリズム分光器 575
  • V 4.1 4.1.2 平面格子分光器 578
  • V 4.1 4.1.3 プリズム分光器と平面格子分光器の装置関数 581
  • V 4.1 4.1.4 凹面格子分光器 584
  • V 4.2 干渉分光器 阪井清美 592
  • V 4.2 4.2.1 2光束干渉分光器 592
  • V 4.2 4.2.2 ファブリーーペロ干渉計 602
  • V 4.3 特殊分光器 小池雅人 609
  • V 4.3 4.3.1 マルチスリット分光器 609
  • V 4.3 4.3.2 アダマール変換分光器 612
  • V 4.3 4.3.3 相関分光器 614
  • V 4.3 4.3.4 光音響分光器 616
  • V 4.3 4.3.5 光ガルバノ分光器 618
  • V 5. 光学機械 621
  • V 5.1 望遠鏡 松浦睦彦 621
  • V 5.1 5.1.1 望遠鏡の原理 621
  • V 5.1 5.1.2 望遠鏡の光学的性能 623
  • V 5.1 5.1.3 対物レンズと接眼レンズ 624
  • V 5.1 5.1.4 各種の望遠鏡の特徴 625
  • V 5.2 光学頭徴鏡 平昭夫 629
  • V 5.2 5.2.1 顕微鏡光学系の基本 629
  • V 5.2 5.2.2 顕微鏡の基本構成 631
  • V 5.2 5.2.3 顕微鏡の種類 635
  • V 5.2 5.2.4 検鏡法の種類 636
  • V 5.2 5.2.5 顕微鏡写真およびテレビ装置 639
  • V 5.3 カメラ 小島忠 641
  • V 5.3 5.3.1 カメラの種類 641
  • V 5.3 5.3.2 一般用カメラの機構 642
  • V 5.3 5.3.3 写真レンズ 646
  • V 5.3 5.3.4 ビデオカメラ 648
  • V 5.3 5.3.5 航空写真測量カメラ 648
  • V 5.4 光学測定機 諸隈肇 649
  • V 5.4 5.4.1 測長機 649
  • V 5.4 5.4.2 座標測定機 653
  • V 5.4 5.4.3 真直度測定機 656
  • V 5.5 投影機 西村新一 657
  • V 5.5 5.5.1 投影検査機 657
  • V 5.5 5.5.2 スライド映写機 660
  • V 5.5 5.5.3 オーバーヘッド投影幾(OHP) 662
  • V 5.6 医用光学機械 663
  • V 5.6 5.6.1 眼底カメラ 加藤康夫 663
  • V 5.6 5.6.2 内視鏡 山下伸夫 666
  • V 5.7 眼鏡 672
  • V 5.7 5.7.1 眼鏡レンズ 霧島正,高橋泰夫 672
  • V 5.7 5.7.2 レンズメーター 霧島正,高橋泰夫 674
  • V 5.7 5.7.3 コンタクトレンズ 早野三郎 676
  • V 5.8 フォトリソグラフィー関係光学機器 加納一郎 681
  • V 5.8 5.8.1 マスクアライナーの光学系 681
  • V 5.8 5.8.2 各種のマスクアライナー 686
  • V 5.9 アダプティブ光学 河野嗣男 687
  • V 5.9 5.9.1 アダプティブ光学 687
  • V 5.9 5.9.2 低速制御アダプティブ光学 689
  • V 5.9 5.9.3 高速制御アダプティブ光学 690
  • V 5.10 マルチスペクトルカメラ 高橋徹男 692
  • V 5.10 5.10.1 カメラの方式 692
  • V 5.10 5.10.2 カメラの性能 692
  • V 5.10 5.10.3 撮影による画質 694
  • V 5.10 5.10.4 カメラの例 694
  • V 5.11 光走査顕微鏡 藤井陽一 695
  • V 5.11 5.11.1 光走査顕微鏡の特徴 695
  • V 5.11 5.11.2 光走査顕微鏡 696
  • V 5.11 5.11.3 光効果を用いた走査顕微鏡 697
  • V 5.11 5.11.4 光ヘテロダイン顕微鏡 698
  • V 5.12 光加工機 川澄博通 699
  • V 5.12 5.12.1 レーザー加工機 699
  • V 5.12 5.12.2 レーザーメス 702
  • 索引 705
  • 資料編 719

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで