サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

電磁波シールド新材料の開発と応用

詳細情報

タイトル 電磁波シールド新材料の開発と応用
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社シーエムシー
出版年月日等 1985.7
大きさ、容量等 223p ; 26cm
注記 発売: ジスク
注記 付: 文献
価格 45000円 (税込)
JP番号 86015742
出版年(W3CDTF) 1985
件名(キーワード) 電磁波
件名(キーワード) 電波障害
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC ND591
NDC(8版) 547.51
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 電磁波シールド新材料の開発と応用
  • 目次
  • 第1章 電磁波シールドの現状と将来 編集部
  • 1 はじめに 1
  • 2 電磁波シールド方法総論 2
  • 3 電磁波シールドの理論 4
  • 3.1 電磁シールドの定義 5
  • 3.2 電磁シールドの必要性 6
  • 3.3 電磁シールドの概要 6
  • 4 電磁波シールドの現状と将来 8
  • 4.1 はじめに 8
  • 4.2 繊維フィラー配合樹脂組成物 8
  • 4.3 非繊維フィラー配合樹脂組成物 9
  • 4.4 導電性塗料 9
  • 4.4.1 銀系導電性塗料 9
  • 4.4.2 銅系導電性塗料 9
  • 4.4.3 ニッケル系導電性塗料 9
  • 4.4.4 その他の動向 9
  • 4.5 樹脂系多層構造体の電磁波シールド材料 9
  • 4.6 おわりに 10
  • 第2章 電磁波シールド材料
  • 1 めっき法による導電性フィラー—奥野製薬工業(株) 芳片敏之 11
  • 1.1 はじめに 11
  • 1.2 導電性フィラーの性質 11
  • 1.3 導電性材料としての粉体の金属化 13
  • 1.4 おわりに 16
  • 2 亜鉛メッキスチール箔積層シールド材—バンドー化学(株) 河内審平 17
  • 2.1 はじめに 17
  • 2.2 金属箔 17
  • 2.2.1 金属箔の種類 17
  • 2.2.2 金属箔のシールド特性 18
  • 2.2.3 代表的な金属箔の特性 20
  • 2.2.4 金属箔の特徴 20
  • 2.3 絶縁材 21
  • 2.4 接着剤 22
  • 2.5 二次加工性 22
  • 2.6 おわりに 23
  • 3 電磁波シールド用フィラーステンレス鋼繊維<ナスロン>—日本精線(株) 村上正樹 24
  • 3.1 はじめに 24
  • 3.2 ナスロンのシールド効果 24
  • 3.3 材質 25
  • 3.4 繊維径 25
  • 3.5 サイジング処理 25
  • 3.6 成形性 25
  • 3.7 着色,外観 26
  • 3.8 軽量化 26
  • 3.9 難燃性 26
  • 3.10 アスペクト比 26
  • 3.11 シールド性能と体積固有抵抗との関係 27
  • 3.12 おわりに 27
  • 4 ベカルト金属繊維—日産化学工業(株) 白川雅義 28
  • 4.1 はじめに 28
  • 4.2 ベカルト金属繊維 28
  • 4.3 電磁波シールドヘの応用 28
  • 4.4 おわりに 30
  • 5 金属被覆化炭素繊維<ベスファイトーMC>—東邦レーヨン(株) 長田弘 34
  • 5.1 はじめに 34
  • 5.2 代表的特性 34
  • 5.3 導電性 35
  • 5.4 CFRTPの特性 35
  • 5.5 CFRPの特性 36
  • 5.6 材料としての有用性 36
  • 6 導電性ガラス繊維<アルミコートファイバー>—日本板硝子(株) 田仲啓八郎,鈴木弘一,久野芙治夫 38
  • 6.1 はじめに 38
  • 6.2製法 38
  • 6.3 製品の特徴と種類 38
  • 6.4特性 39
  • 6.5 用途 40
  • 6.6 市場動向 42
  • 7 導電性グラス繊維<NEMIーGLASS>—日東紡績(株) 上田市三
  • 7.1 はじめに 43
  • 7.2 NEMーGLASSの基本性状 43
  • 7.3 NEMIーGLASS ROVING 44
  • 7.4 NEMIーGLASS CHOPPED STRAND 46
  • 7.5 NEMIーGLASS CLOTH 47
  • 8 高導電性ガラス繊維<EMITEC>—旭ファイバーグラス(株) 小柳喬,大塚晴彦 50
  • 8.1 はじめに 50
  • 8.2 EMITECの特徴 50
  • 8.3 EMITECの性質 51
  • 8.4 導電性プラスチックの経時変化 56
  • 8.5 その他 57
  • 9 超塑性亜鉛合金<SPZ>—三井金属鉱業(株) 小美戸正明 60
  • 9.1 はじめに 60
  • 9.2 SPZの温度特性 60
  • 9.3 成形加工 60
  • 9.3.1 ブロー成形品の形状特長 61
  • 9.3.2 ブロー成形の他の特長 62
  • 9.4 成形加工品の特長 62
  • 9.5 表面処理 63
  • 9.6 おわりに 63
  • 10 炭素繊維系導電性材料<デンカエミコン>—電気化学工業(株 稲垣雅弘,伊勢茂 64
  • 10.1はじめに 64
  • 10.2デンカエミコンとは 64
  • 10.3デンカエミコンの特徴 65
  • 10.4 デンカエミコンの一般物性 67
  • 10.5 電磁波シールド効果の測定方法 67
  • 10.6 導電性フィラーの偏在とシールド効果 68
  • 10.7 シールド効果の長期安定性 70
  • 10.8 各種材料の電磁波シールド効果 70
  • 10.9 製品および金型設計上の留意点 71
  • 10.10 成形上の留意点 72
  • 10.11 おわりに 73
  • 第3章 電磁波シールド用塗料
  • 1 EMIシールド用導電性塗料<MCPシリーズ>—三菱油化(株) 山口祥司 74
  • 1.1 はじめに 74
  • 1.2 導電性フィラーの種類 75
  • 1.3 ニッケル系導電性塗料 75
  • 1.4 銅系導電性塗料塗料「MCPー1000」 77
  • 1.4.1 高いEMIシールド性 78
  • 1.4.2 優れた耐環境性 78
  • 1.4.3 豊富なUL認定 79
  • 1.4.4 優れた塗装作業性 79
  • 1.5 MCPシリーズの塗装 82
  • 2 Ni系導電性コーティング剤<Shintron Eシリーズ>—神東塗料(株) 谷口正允 86
  • 2.1 はじめに 86
  • 2.2 特長 86
  • 2.3 製品一覧 86
  • 3 Cu系導電性コーティング剤<Shintron Eー3315>一神東塗料(株) 谷口正允 93
  • 3.1 概要 93
  • 3.2 Shintron Eー3315の特長 93
  • 4 ニッケル系塗料<CT240>—東芝ケミカル(株) 池添尚行 97
  • 4.1 開発の経緯 97
  • 4.2 セールスポイント 97
  • 4.2.1 豊富な実績 97
  • 4.2.2 きめ細かな技術サービス 97
  • 4.2.3 UL取得済 98
  • 4.2.4 良好な作業性 99
  • 4.2.5 金型から成形品,塗装までの一貫作業 99
  • 4.3 特性 99
  • 5. 銅系塗料<CT242>—東芝ケミカル(株) 池添尚行 101
  • 5.1 開発の経緯 101
  • 5.2 セールスポイント 101
  • 5.3 特性 101
  • 5.3.1 一般特性 101
  • 5.3.2 密着性 101
  • 5.3.3 銅フィラーの分散安定性 101
  • 5.3.4 シールド効果 101
  • 5.3.5 耐環境性 102
  • 5.4 実績 102
  • 6 導電性塗料<ELDIC EMー9000シリーズ>—大日本インキ化学工業(株) 山本明郎 105
  • 6.1 ELDIC EMー9000シリーズとは 105
  • 6.2 ELDIC EMー9000シリーズの優れた導電・シールド特性について 106
  • 6.3 ELDIC EMー9000シリーズの耐環境特性 107
  • 6.4 優れた密着性 109
  • 6.5 安定した塗料作業性 109
  • 6.6 使用方法について 110
  • 6.7 ELDIC EMシリーズの問合せ先 111
  • 7 導電性塗料<ELDIC EMー9505>—大日本インキ化学工業(株) 山本明郎 112
  • 7.1 ELDIC EMー9505とは 112
  • 7.2 ELDIC EMー9505の主な特徴 112
  • 7.3 ELDIC EMー9505の導電特性およびシールド特性 112
  • 7.4 ELDIC EMー9505の耐環境特 性 113
  • 7.5 ELDIC EMー9505の塗膜密着性 114
  • 7.6 ELDIC EMー9505の使用法 115
  • 7.7 問合せ先 116
  • 8 導電性塗料<Xコートシり一ズ>—ストゥファー・ジャパン,鹿島工業(株)) 山本興二 118
  • 8.1 はじめに 118
  • 8.2 Xコートの特徴 118
  • 8.3 導電性塗料塗膜厚とシールド効果 119
  • 8.4 塗膜の密着性 119
  • 8.5 Xコートの使用方法 120
  • 9 電磁シールド用導電性塗料の種類と特性—日本アチソン(株) 桜井繁和 122
  • 9.1 はじめに 122
  • 9.2 電磁シールド用導電性塗料の種類と特性 122
  • 9.2.1 銀系シールド用導電性塗料 122
  • 9.2.2 ニッケル系シールド用導電性塗料 122
  • 9.2.3 グラファイト系導電性塗料 122
  • 9.3 製品紹介 123
  • 9.3.1 概要 123
  • 9.3.2 各々の製品の特徴 123
  • 9.4 シールド効果の実測例 125
  • 9.5 ニッケルコーティングの耐環境信頼性 127
  • 10 電磁波シールド用塗料トアエレックス#5000>—東亜ペイント(株) 山田俊男,若狭国彦 129
  • 10.1 塗料性状 129
  • 10.2 塗膜性能 130
  • 10.3 塗膜厚とシールド効果 130
  • 10.4 塗膜厚と表面抵抗 130
  • 10.5 各種試験後のシールド特性および表面抵抗 132
  • 10.6 塗料の希釈安定性 132
  • 10.7 塗装仕様 132
  • 11 電磁波シールド用塗料<パピオームNシリーズ>—東京インキ(株) 酒井和文,奈良良吉 135
  • 11.1 はじめに 135
  • 11.2 種類 135
  • 11.3 特徴 135
  • 11.4 電気的特性 136
  • 11.5 シールド特性 137
  • 11.6 塗装作業性 137
  • 11.7 UL取得(ULー746C) 140
  • 11.8 おわりに 140
  • 12 導電性コーティングス<MDTシリーズ(ニッケル系)>—三菱レイヨン(株) 領家英恭 141
  • 12.1 はじめに 141
  • 12.2 ニッケル系導電性コーティングスの種類と特性 141
  • 12.2.1 MDTー1001 141
  • 12.2.2 MDTー1051 142
  • 12.2.3 MDTー1101,MDTー1105 143
  • 13 導電性コーティングス<MDTシリーズ(銅系)>—三菱レイヨン(株) 領家英恭 147
  • 13.1 はじめに 147
  • 13.2 銅系導電性コーティングスの種類と特性 147
  • 13.2.1 MDTー2001 147
  • 13.2.2 MDTー1501 148
  • 13.2.3 MDTー2051 149
  • 14 導電性塗料—日産化学工業(株) 白川雅義 153
  • 14.1 はじめに 153
  • 14,2 銅系導電塗料の特長 153
  • 14.3 日産化学導電性塗料のグレード 153
  • 14.4 性能 153
  • 14.5 耐久性 156
  • 15 電磁波シールド用塗料<ISOLEXシリーズ>—日本ビーケミカル(株) 伊簾健司 158
  • 15.1 はじめに 158
  • 15.2 シールディング方法 158
  • 15.3 ISOLEX Rー65シリーズ 160
  • 15.4 ISOLEX Rー73シリーズ 162
  • 15.5 塗装上の注意点 164
  • 16 電磁波シールド用塗料<ヒタゾルNSー370>—日立粉末冶金(株) 出山貞夫 166
  • 16.1 はじめに 166
  • 16.2 ヒタゾルNSー370の諸特性 166
  • 16.3 ヒタゾルNSー370の特長 166
  • 16.3.1 シールド効果 166
  • 16.3.2 経時変化 168
  • 16.3.3 密着性 168
  • 16.4 使用方法 168
  • 16.4.1 被塗布面の調整 168
  • 16,4.2 塗料の調製および塗布条件 169
  • 16.4.3 乾燥方法 169
  • 16.5 使用上の注意事項 170
  • 16.6 保存 170
  • 16.7 包装 170
  • 16.8 取り扱い上の注意 171
  • 17 電磁波シールド・帯電防止用塗料<ヒタゾルGSー380>—日立粉末冶金(株) 出山貞夫 173
  • 17.1 はじめに 173
  • 17.2 ヒタゾルGSー380の諸特性 173
  • 17.3 ヒタゾルGSー380の特長 173
  • 17.4 使用方法 173
  • 17.4.1 被塗布面の調整 173
  • 17.4.2 塗料の調整および塗布条件 173
  • 17.4.3 乾燥方法 174
  • 17.5 使用上の注意 174
  • 17.6 保存 175
  • 17.7 包装 175
  • 17.8 取り扱い上の注意 175
  • 18 EMIシールド導電性塗料<オリジキャストDシリーズ>—オリジン電気(株) 編集部 177
  • 18.1 はじめに 177
  • 18.2 オリジキャストDシリーズの特長 177
  • 18.3 オリジキャストDシリーズの物性 178
  • 18.4 シールド効果 178
  • 19 電磁波シールド用塗料<ESー2000,ESー3000>—日立化成工業(株) 編集部 181
  • 19.1 はじめに 181
  • 19.2 特長 181
  • 19.3 シールド効果 183
  • 19.4 用途 183
  • 第4章 電磁波シールド用プラスチック
  • 1 電磁波シールド成形材料<エミクリヤ>—東芝ケミカル(株) 小池測 184
  • 1.1 はじめに 184
  • 1.2 電磁波シールド成形材料「エミクリヤ」 184
  • 1.3 「エミクリヤ」の特性 185
  • 1.4 「エミクリヤ」の加工性 189
  • 1.5 おわりに 190
  • 2 電磁波シールド用プラスチック—カネボウ合繊(株) 岸田靖雄 191
  • 2.1 はじめに 191
  • 2.2 鉄繊維複合樹脂の基本物性 191
  • 2.2,1 機械的物性 191
  • 2.2.2 導電性 191
  • 2.2.3 シールド性 194
  • 2.3 おわりに 195
  • 3 導電性プラスチック<ダイエレックEシリーズ>—大日本インキ化学工業(株) 栗原英一 196
  • 3.1 はじめに 196
  • 3.2 ダイエレック<Eシリーズ> 196
  • 3.2.1 ダイエレック<Eシリーズ>新製品 196
  • 3.3 おわりに 200
  • 4 電磁波シールド用プラスチック<コンダクター30,50>—日本合成ゴム(株) 清水朗 201
  • 4.1 はじめに 201
  • 4.2 JSR CONDUCTORの品種 201
  • 4.3 JSR CONDUCTORの物性 1202
  • 4.3.1 一般物性 202
  • 4.3.2 JSR CONDUCTORのシールド性 202
  • 4.4 JSR CONDUCTORの成形加工 202
  • 4.5 おわりに 204
  • 5 電磁波シールド用プラスチック成形材料<パピオスタット8000シリーズ>—東京インキ(株) 酒井和文,奈良良吉 205
  • 5.1 はじめに 205
  • 5.2 PST8000シリーズの種類 205
  • 5.2.1 PST8150 206
  • 5.2.2 PST8210 206
  • 5.2.3 PST8510 207
  • 5.2.4 PST8710 208
  • 5.2.5 PST8800 209
  • 5.3 パピオスタット8000シリーズの成形上の留意点 210
  • 5.4 パピオスタットの成形例 210
  • 5.5 おわりに 211
  • 6 電磁波遮断性多層プラスチックプレート<デンカサーモプレートECM>—電気化学工業(株) 豊田健司 212
  • 6.1 はじめに 212
  • 6.2 ECMプレートの構成 212
  • 6.2.1 導電層 213
  • 6.2.2 絶縁層 214
  • 6.3 ECMプレートの共押出 214
  • 6.4 ECMプレートの特徴 215
  • 6.5 ECMプレートの用途 217
  • 6.6 おわりに 217
  • 7 透明電波吸収板<キョウワグラスーEMC>—協和ガス化学工業(株) 神棒真一 219
  • 7.1 開発の意図 219
  • 7.2 開発の経過 219
  • 7.3 開発に当っての技術問題点 220
  • 7.4 キョウワガラスーメタの組成と特長 220
  • 7.5 今後の問題点 221
  • 8 電磁波シールド複合テープ<YALT5050,YALT2510,YCUT2535>—日立化成工業(株) 編集部 222
  • 8.1 はじめに 222
  • 8.2 特長 222
  • 8.3 シールド効果 222
  • 8.4 用途 223

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで