サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

記録材料用バインダーの実際技術

中村孝一 編著

詳細情報

タイトル 記録材料用バインダーの実際技術
著者 中村孝一 編著
著者標目 中村, 孝一, 1945-
シリーズ名 TR ; no.67
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社シーエムシー
出版年月日等 1985.3
大きさ、容量等 293p ; 27cm
注記 発売: ジスク
注記 各章末: 文献
価格 43000円 (税込)
JP番号 86010474
出版年(W3CDTF) 1985
件名(キーワード) 高分子材料
件名(キーワード) 磁気記憶装置
件名(キーワード) 感光紙
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC PA431
NDC(8版) 578
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 記録材料用バインダーの実際技術
  • 目次
  • <総論編>
  • 序章 バインダー用ポリマーの特性
  • 1. はじめに 1
  • 1.1 加工手段に対応したポリマーの状態,形態 1
  • 2. 溶解性 3
  • 2.1 基礎的考察 3
  • 2.2 溶解性パラメータの算出法 5
  • 2.2.1 物理特性からの計算 6
  • 2.2.2 化学組成(ポリマー)からの算出 7
  • 2.2.3 実測法 10
  • 2.3 溶解性パラメータの多次元的な説明 11
  • 3. 分散性 14
  • 3.1 エマルジョン化法 14
  • 3.1.1 エマルジョン(乳化物) 14
  • 3.1.2 エマルジョンの生成法 15
  • 3.1.3 O/W型(またはW/O型)エマルジョン生成に影響する因子 16
  • 3.1.4 エマルジョンの転相 17
  • 3.1.5 転相によるエマルジョンの製造法 17
  • 3.1.6 エマルジョンの特性 18
  • 4. 粉体化と粉体の特性 20
  • 4.1 粉体の製造法 20
  • 4.1.1 粉砕による方法 20
  • 4.1.2 粉砕におけるメカノケミカル効果 22
  • 4.1.3 その他の方法 22
  • 4.1.4 沈殿法 22
  • 4.1.5 電気化学的方法 22
  • 4.1.6 噴霧法 22
  • 4.2 粉体の特性 22
  • 4.2.1 粒子特性 23
  • 4.2.2 粉体の表面特性 23
  • 4.3 粉体と液体との界面における問題 28
  • 4.3.1 ぬれの問題 28
  • 4.3.2 ポリマーにおけるぬれの問題 29
  • 4.4 粉体のぬれ特性に及ぼす諸要因 32
  • 4.4.1 静電引力 32
  • 4.4.2 粉体の粒度とねれの関係 33
  • 4.4.3 ぬれに対する化学組成の影響 33
  • 4.5 粉体の液中への分散 34
  • 4.5.1 分散に影響を与える諸要因と対策 34
  • 4.5.2 粉体(顔料)表面の改質 36
  • 4.5.3 分散法および分散機 38
  • 5. フィラー・ピグメントとバインダーの相互関係 42
  • 5.1 低分子量化合物の吸着 42
  • 5.2 分散の安定化 42
  • 5.3 粒子表面に対して各種薬剤の吸着に伴う分散性の改善 44
  • 5.3.1 酸および塩類の吸着 44
  • 5.3.2 塩基の吸着 44
  • 5.3.3 中性化合物の吸着 45
  • 5.4 ミネラル表面との間の共有結合の生成 45
  • 5.4.1 シランとの反応 45
  • 5.4.2 メタル.アルコキシドとの反応 46
  • 5.4.3 アルコールおよびエポキシ化合物との反応 46
  • 5.4.4 イソシアネートとの反応 47
  • 5.4.5 フィラー表面でのグラフト重合およびカプセル化 47
  • 5.5 チタネートカップリング剤と樹脂・フィラーの相互作用(カップリング剤の機能) 48
  • 5.5.1 ポリオレフィン樹脂 50
  • 5.5.2 ポリ塩化ビニル樹脂 51
  • 5.5.3 エポキシ樹脂 51
  • 5.5.4 ウレタン樹脂 51
  • 5.5.5 エンジニアリング・ブラスチック 51
  • 5.5.6 塗料 51
  • 5.5.7 チタネートカッブリング剤の応用分野 51
  • 6. マイクロカプセル(微小中空体粒子)の生成 52
  • 7. バインダー・ポリマーの熱的性質 55
  • 7.1 熱膨張係数と寸法変化 55
  • 7.2 連続耐熱温度および最高使用温度 56
  • 7.3 軟化点および融点など 56
  • 7.4 熱分解温度 57
  • 8. レオロジー特性 59
  • 8.1 バインダー溶液,分散液,溶融液の流動特性 59
  • 8.1.1 ニュートン流動 60
  • 8.1.2 非ニュートン流動 60
  • 8.2 バインダー溶液の粘弾性 63
  • 8.2.1 ワイゼンベルク効果 63
  • 8.2.2 バラス効果 63
  • 8.2.3 メルトフラクチュア 64
  • 8.2.4 曳糸性 64
  • 8.3 塗工とレオロジー特性 64
  • 8.3.1 塗工方法 64
  • 8.3.2 実例 65
  • 9. 成膜性 68
  • 9.1 乾燥速度と膜物性 68
  • 9.2 乾燥温度と膜物性 69
  • 10. 膜物性 71
  • 10.1 バインダー・ポリマー表面の界面科学 71
  • 10.1.1 摩擦 71
  • 10.1.2 摩耗 72
  • 10.1.3 硬度あるいは硬さ 72
  • 10.2 光学的性質 72
  • 10.2.1 光沢(gloss) 73
  • 10.2.2 屈折率(refractiveindex) 73
  • 10.2.3 透過率(transmittance) 73
  • 10.2.4 反射率(reflectance) 73
  • 10.2.5 曇価(hose) 73
  • 10.2.6 その他 73
  • 10.3 電気的性質 74
  • 10.3.1 帯電性 74
  • 10.3.2 体積抵抗率 74
  • 10.3.3 表面抵抗率 74
  • 10.3.4 絶縁抵抗 74
  • 10.3.5 絶縁破壊強度 74
  • 10.3.6 誘電率 74
  • 10.3.7 耐アーク性 74
  • 10.3.8 耐コロナ性 74
  • 10.4 接着性 75
  • 10.5 力学的性質 75
  • 10.5.1 耐疲労特性(fatigue durability) 75
  • 10.5.2 劣化と耐久性 76
  • 10.6 表面の幾何学的性質(凹凸など) 77
  • 10.6.1 荒さ(凹凸) 77
  • <各論編>
  • 第1章 各種バインダー用ポリマーの開発と応用
  • 1. バインダーの機能別分類 81
  • 1.1 非粘着性 81
  • 1.2 研摩耗性 81
  • 1.3 防滑性 81
  • 1.4 スリップ性 81
  • 1.5 ヒートシール性 81
  • 1.6 防湿性 81
  • 1.7 ガスバリヤ性 82
  • 1 8耐油性 82
  • 1.9 耐薬品性 82
  • 1.10 撥水性 82
  • 1.11 防錆性 82
  • 1.12 防炎性および難燃性 82
  • 1.13 導電性 82
  • 1.14 耐熱性 83
  • 1.15 電気・絶縁性 83
  • 2. バインダー塗工基材 84
  • 2.1 紙 84
  • 2.2 フィルム 84
  • 2.3 布 84
  • 2.4 複合材 85
  • 3. 天然物系バインダー用ポリマー 86
  • 3.1 タンパク質系バインダー 86
  • 3.1.1 カゼイン 86
  • 3.1.2 ツェイン(ゼイン,Zein) 86
  • 3.1.3 グルテン(小麦タンパク) 87
  • 3.1.4 大豆タンパク 87
  • 3.1.5 ゼラチン(gelatine)および×(glure) 87
  • 3.1.6 血液アルブミン 88
  • 3.2 デンブン系バインダー 88
  • 3.2.1 デンプン 88
  • 3.2.2 デキストリン(糊糖または焙焼デンプン) 89
  • 3.2.3 ジアルデヒドデンプン 89
  • 3.2.4 リン酸デンプン 89
  • 3.2.5 酸化デンプン 89
  • 3.2.6 酵素変性デンプン 90
  • 3.2.7 α化デンプン 90
  • 3.2.8 カチオン化デンプン 90
  • 3.2.9 酸分解デンプン(一種のデキストリン) 90
  • 3.2.10 ジアルデヒドデンプン(DAS)の上質紙への応用 90
  • 3.2.11 アミロースフィルムの物性 91
  • 3.2.12 陽性デンプン 91
  • 3.3 天然ガス類 91
  • 3.3.1 アラビアゴム(gum Arabic) 91
  • 3.3.2 グアーガム(guar gum) 92
  • 3.3.3 ローカストビーンガム(Locst bean gum) 92
  • 3.3,4 天然ゴム 92
  • 3.4 その他 92
  • 3.4.1 松脂(ロジン) 92
  • 3.4.2 アスファルト・ピッチ 92
  • 4. セルロース系バインダー 93
  • 4.1 セルロース誘導体の製法 93
  • 4.2 溶剤 93
  • 4.3 可塑剤 94
  • 4.4 顔料あるいは着色料 95
  • 4.5 充填剤 95
  • 4.6 その他の添加剤 95
  • 4.6.1 安定剤 95
  • 4.6.2 滑剤 96
  • 4.7 物性 96
  • 4.7.1 強靱性 96
  • 4.7.2 強度 97
  • 4.7.3 表面硬度 97
  • 4.7.4 熱的性質 97
  • 4.7.5 電気的性質 97
  • 4.7.6 耐熱性 97
  • 4.7・7 寸度安定性 97
  • 4.7.8 耐候性 97
  • 4.7.9 化学的性質 97
  • 4.7.10 成膜性 97
  • 5. ワックス 98
  • 5.1 流動パラフィン 98
  • 5.1.1 性質 99
  • 5.1.2 効果 99
  • 5.2 パラフィン・ワックス(固形パラフィン) 99
  • 5.2.1 性質 99
  • 5.2.2 効果 99
  • 5.3 マイクロクリスタリンワックス 99
  • 5.3.1 性質 99
  • 5.4 ポリエチレン・ワックス 99
  • 5.4.1 性質 100
  • 5.4.2 用途 100
  • 5.5 その他のワックス 100
  • 5.5.1 天然ワックスと合成ワックスの混合品 100
  • 5.5.2 複合ワックス 101
  • 5.5.3 ジメチルポリシロキサン 101
  • 5.5.4 ポリエチレン・ワックスとオルガノポリシロキサンの結合体 101
  • 6. 水溶性ボリマー 102
  • 6.1 ポリビニルアルコール(ポバール) 102
  • 6.1.1 酢酸ビニルの重合 102
  • 6.1.2 ポリ酢酸ビニルのケン化 102
  • 6.1.3 市販PVA粉末の一般的性質 102
  • 6.1.4 吸湿性 102
  • 6.1.5 濃厚水溶液粘度 102
  • 6.1.6 界面化学的挙動 105
  • 6.1.7 接着力 105
  • 6.1.8 PVAと各種水溶性ポリマーとの相溶性 105
  • 6.1.9 特徴と用途 105
  • 6.1.10 PVA系ポリマーの変成 106
  • 6.2 ポリアクリル酸系化合物 106
  • 6.2.1 ポリアクリル酸ナトリウムの製法 106
  • 6.2.2 ポリアクリル酸ナトリウム特性 108
  • 6.2.3 バインダーとしての用途 110
  • 6.2.4 ポリアクリルアミド 111
  • 6.2.5 アクリル系特殊モノマー 112
  • 6.3 ポリエチレンオキシド 113
  • 6.3.1 製造法 113
  • 6.3.2 特性 113
  • 6.3.3 溶剤 114
  • 6.3.4 水溶液としての挙動 114
  • 6.3.5 力学的性質 116
  • 6・3・6 架橋ポリエチレンオキサイド 116
  • 6.3.7 用途(バインダー関連) 116
  • 6.4 カルボキシメチルセルロース(CMC) 116
  • 6.4.1 特徴 117
  • 6.4.2 製造法 117
  • 6.4.3 一般的性質 118
  • 6.4.4 水溶液の粘度 118
  • 6.4.5 金属イオンによる効果 118
  • 6.4.6 用途 118
  • 6.5 メチルセルロース 119
  • 6.5.1 製造方法 119
  • 6.5.2 種類と性質 119
  • 6.5.3 メチルセルロースの特徴 121
  • 6.5.4 用途 121
  • 6.6 アルギン酸 121
  • 6.6.1 製造方法 121
  • 6.6.2 一般的性質 122
  • 6.6.3 アルギン酸の酸性領域での溶解性 122
  • 6.6.4 アルギン酸の誘導体 122
  • 6.6.5 アルギン酸の一般用途 123
  • 7. 熱可塑性バインダー・ポリマー 124
  • 7.1 ポリアミド樹脂(ナイロンまたはPA) 124
  • 7.1.1 合成法 124
  • 7.1.2 特徴および特性 124
  • 7.1.3 用途 125
  • 7.1.4 バインダー用ポリアミド樹脂 125
  • 7.2 ポリエステル樹脂 126
  • 7.2.1 合成法 126
  • 7.2.2 特徴および特性 127
  • 7.2.3 用途 127
  • 7.3 ポリカーボネート樹脂 127
  • 7.3.1 合成法 127
  • 7.3.2 特徴 128
  • 7.3.3 特性 128
  • 7.3.4 最近の特許 128
  • 7.3.5 用途 129
  • 7.4 ポリエーテル樹脂 129
  • 7.4.1 合成法 129
  • 7.4.2 特徴および特性 129
  • 7.4.3 用途 130
  • 7.5 ポリオレフィン樹脂 130
  • 7.5.1 ポリエチレン樹脂 130
  • 7.5.2 低分子量ポリエチレン 131
  • 7.5.3 塩素化ポリエチレン樹脂(CPE) 131
  • 7.5.4 ポリプロピレン樹脂(PP) 131
  • 7.5.5 液状ポリプロピレン 133
  • 7.5・6 ポリプロピレンワックス 133
  • 7.5.7 ポリメチルベンテン(TPX) 133
  • 7.5.8 ポリプチレン(PB) 134
  • 7.5.9 ポリプテン 134
  • 7.5.10 最近の動向 134
  • 7.6 ポリスルホン系樹脂 135
  • 7.6.1 ポリスルホン(PSF) 135
  • 7.6.2 ポリエーテルスルホン 135
  • 7.6.3 ポリアリルスルホン 135
  • 7.6.4 最近の動向 136
  • 7.7 ポリスチレン樹脂(PS) 136
  • 7.7.1 合成法 136
  • 7.7.2 特徴 136
  • 7.7.3 特性 137
  • 7.7.4 用途 137
  • 7.8 ポリ塩化ビニル樹脂(PVC) 137
  • 7.8.1 合成法 137
  • 7.8.2 特徴 138
  • 7.8.3 特性 138
  • 7.8.4 用途 138
  • 7.9 ポリ塩化ビニリデン樹脂(PVDC) 138
  • 7.9.1 特徴 138
  • 7.9.2 特性 138
  • 7.9.3 用途 138
  • 7.10 ポリ酢酸ビニル樹脂(PVAC) 138
  • 7.10.1 特徴 139
  • 7.10.2 用途 139
  • 7.11 エチレン,酢酸ビニル共重合体(EVA) 139
  • 7.11.1 特徴 139
  • 7.11.2 特性 139
  • 7.11.3 用途 139
  • 7.12 ポリメチルメタアクリル酸メチル(PMPA) 139
  • 7.12.1 特徴 140
  • 7.12.2 特性 140
  • 7.12.3 用途 140
  • 7.13 アイオノマー樹脂(IO) 140
  • 7.13.1 特徴 140
  • 7.13.2 特性 140
  • 7.13.3 用途 141
  • 7.14 ポリフェニレンスルフィト樹脂(PPS) 141
  • 7.14.1 特徴 141
  • 7.14.2 特性 141
  • 7.14.3 用途 141
  • 7.15 スチレン共重合樹脂 141
  • 7.15.1 ABS 142
  • 7.15.2 ASA(AAS) 142
  • 7.15.3 AS(SAN) 142
  • 7.15.4 AAS 142
  • 7.15.5 ACS 142
  • 7.15.6 AES 142
  • 7.15.7 用途 142
  • 7.16 フッ素樹脂 143
  • 7.16.1 PTFE 143
  • 7.16.2 PCTFE 143
  • 7.16.3 FEP 143
  • 7.16.4 PVDF 143
  • 7.16.5 PVF 144
  • 7.16.6 ETFE 144
  • 7.16.7 PFA 144
  • 7.16.8 ECTFE 144
  • 7.16.9 バインダーとしての用途 144
  • 7.16.10最近の動向 145
  • 7.17 その他のポリマー 145
  • 7.17.1 クマロン・インゲン樹脂 146
  • 8. 熱硬化性樹脂 147
  • 8.1 フェノール樹脂 147
  • 8.1.1 硬化反応 147
  • 8.1.2 特徴 148
  • 8.1.3 特性 148
  • 8.1.4 用途 148
  • 8.1.5 粒状フェノール樹脂 149
  • 8.1.6 アルキルフェノールホルムアルデヒド樹脂 149
  • 8.2 尿素樹脂 149
  • 8.2.1 硬化反応 149
  • 8.2.2 特徴 150
  • 8.2.3 特性 150
  • 8.2.4 用途 150
  • 8.3 メラミン樹脂 150
  • 8.3.1 硬化反応 150
  • 8.3.2 特徴 151
  • 8.3.3 特性 151
  • 8.3.4 用途 151
  • 8.4 エポキシ樹脂(EP) 151
  • 8.4.1 特徴 151
  • 8.4・2 性能 152
  • 8.4.3 硬化反応とその機構 153
  • 8.4.4 用途 153
  • 8.4.5 水素ビスフェノールA系エポキシ樹脂 155
  • 8.4.6 水溶性エポキシ化合物 155
  • 8.4.7 エポキシ樹脂の増粘剤 158
  • 8.4.8 最近の動向 158
  • 8.5 不飽和ポリエステル樹脂(VP) 159
  • 8.5.1 特徴 159
  • 8.5.2 硬化および構造 159
  • 8.5.3 物性 161
  • 8.5.4 塗膜としての特性 161
  • 8.5.5 販売形態 162
  • 8.5.6 用途 162
  • 8.6 ジアリルフタレート樹脂(DAP) 162
  • 8.6.1 製造法 162
  • 8.6.2 特徴 162
  • 8.6.3 用途 162
  • 8.7 シリコーン樹脂(SI) 163
  • 8.7.1 分類 163
  • 8.7.2 特徴 164
  • 8.7.3 特性 164
  • 8.7.4 塗料(含バインダー)用シリコーン 166
  • 8.7.5 シリコーン樹脂(および塗料)の用途 169
  • 8.7.6 ラダー型シリコーン(グラス・レジン) 170
  • 8.8 アルキド樹脂 171
  • 8.8.1 特徴 171
  • 8.8.2 特性 171
  • 8.8.3 用途 172
  • 8.9 ポリイミド樹脂(熱硬化性)(PAI) 172
  • 8.9.1 特徴 172
  • 8.9.2 用途 173
  • 8.9.3 その他 173
  • 8.10 ポリウレタン樹脂 174
  • 8.10.1 特徴 174
  • 8.10.2 特性 174
  • 8.10.3 ウレタン樹脂系バインダーの種類と応用 175
  • 8.10.4 バインダーあるいは塗料用ポリウレタン樹脂の動向 175
  • 8.10 5液性ポリウレタン塗料(ガラス飛散防止剤) 178
  • 8.10.6 最近の動向 178
  • 8.11 キシレン樹脂 178
  • 8.11.1 特徴 179
  • 8.11.2 用途 179
  • 8.12 新しい熱硬化性樹脂 179
  • 8.12.1 種類 179
  • 9. 放射線(紫外線,電子線)硬化樹脂 181
  • 9.1 UV硬化樹脂 181
  • 9.1.1 UV硬化法(紫外線硬化法) 181
  • 9.1.2 必要成分 181
  • 9.1.3 特徴 181
  • 9.1.4 光重合性モノマー 181
  • 9.1.5 光重合性プレポリマー 182
  • 9.1.6 光開始剤 182
  • 9.1.7 増感剤 182
  • 9.1.8 その他の添加物 182
  • 9.1.9 硬化反応 182
  • 9.2 EB硬化法 183
  • 9.2.1 EB硬化法 183
  • 9.2.2 特徴 183
  • 9.2.3 EB硬化モノマーなど 183
  • 9.3 UV,EB硬化樹脂の用途 184
  • 9.4 市販UV硬化樹脂例 184
  • 9.5 UVおよびEB効果の最近の動向 184
  • 9.5.1 紫外線硬化型エッチング・レジストインキ(東洋紡開発) 184
  • 9.5.2 紫外線硬化型ハードコート剤(東洋紡) 185
  • 9.5.3 紫外線硬化型スクリーン印刷用インキ 185
  • 10. 耐熱性ポリマー 187
  • 10.1 芳香族ポリアミド 187
  • 10.2 ポリイミド 187
  • 10.2.1 特徴 187
  • 10.2.2 用途 187
  • 10.3 ポリアミドイミド 188
  • 10.4 トリアジン系樹脂 188
  • 10.5 ポリビニルフェノール樹脂 188
  • 10.6 フェノール系樹脂 188
  • 10.7 ポリエーテルクトン樹脂 188
  • 10.7.1 特徴 189
  • 10.7.2 用途 189
  • 10.8 最近の動向 189
  • 10.8.1 感光性ポリイミド 189
  • 10.8.2 低熱膨張性ポリイミド 189
  • 10.8.3 フェノール樹脂 190
  • 11. バインダーに応用可能な特異ポリマー 191
  • 12. 主要樹脂とメーカー 192
  • 第2章 導電性ポリマーと記録材料
  • 1. はじめに 198
  • 2. 現在使われている導電剤およびポリマー 198
  • 3. 高分子電解質 199
  • 4. 界面活性剤 200
  • 5. 導電性カーボンブラック 200
  • 6. 金属粉末 201
  • 7. 金属薄膜 202
  • 8. 導電性マイカ 202
  • 9. 電気琶抗が低いポリマー 202
  • 9.1 導電性ナイロン12 202
  • 9.2 アクリル樹脂系塗料 202
  • 9.3 ウレタン樹脂系塗料 202
  • 9.4 成形用導電性樹脂 203
  • 9.5 導電剤エマルジョン 203
  • 9.5.1 酢酸ビニル系エマルジョン 203
  • 9.5.2 アクリル酸エステル系エマルジョン 204
  • 10. 最近の動向 204
  • 第3章 バインダーのエマルジョン化
  • 1. はじめに 208
  • 2. エマルジョン化サイズ剤 208
  • 2.1 変成ロジン 208
  • 3. 石油樹脂系 209
  • 4. ワックス・サイズ剤 209
  • 5. 塗工潤滑用エマルジョン 210
  • 6. 一般塗工用樹脂エマルジョン 210
  • 7. エマルジョン・ラテックスのこれからの動向 211
  • 第4章 記録材料用基体
  • 1. はじめに 213
  • 2. 紙用サイズ剤など 213
  • 2.1 サイズ剤 213
  • 2.1.1 化学組成・反応機構によ
  • 2.1.2 中性サイズ剤 214
  • 2.1.3 内面サイズ剤 214
  • 2.1.4 表面サイズ剤 214
  • 2.2 含浸用樹脂 214
  • 2.2.1 乾燥紙力増強用 215
  • 2.2.2 湿潤紙力増強用 215
  • 2.2.3 含浸に伴う紙力増強効果 215
  • 3. 表面塗工用樹脂 216
  • 4. 処方例 217
  • 5. 導電性加工 217
  • 5.1 含浸加工の場合 218
  • 5.2 塗工の場合 218
  • 5.3 金属薄膜を使う場合. 218
  • 5.4 基体がプラスチックフィルムの場合 218
  • 5.5 導電処理処方例 219
  • 6. 最近の動向 219
  • 6.1 表面サイズ剤 219
  • 6.2 表面塗工剤の調整方法 219
  • 6.3 表面サイズ剤 220
  • 6.4 界面活性剤の応用 221
  • 6.5 印刷適性向上用 221
  • 6.6 エマルジョン 221
  • 第5章 PPC用紙とバインダー
  • 1. はじめに 223
  • 2. PPC用紙の種類・特徴など 223
  • 2.1 PPC用紙の分類 223
  • 2.2 特徴 223
  • 2.3 PPC用紙に要求される性能とバインダーなどの薬品 224
  • 2.3.1 用紙の複写機内における走行性の問題 224
  • 2.3.2 転写性と用紙の特性 224
  • 2.4 転写と電気量抗の関係 225
  • 3. 圧力定着用転写紙 226
  • 4. 液体現像転写用紙 227
  • 4.1 塗工用ポリマー 227
  • 4.2 特性 228
  • 5. 最近の動向 228
  • 5.1 中性紙化 228
  • 5.2 特許動向(主として表面塗工バインダー) 228
  • 第6章 インクジェット用紙とバインダー
  • 1. はじめに 231
  • 2. インクジェット用紙に要求される性能 231
  • 3. インクジェット用紙用バインダー 231
  • 4. バインダーによるインクジェット用紙の表面形態の改変 232
  • 5. 最近の動向 233
  • 第7章 感熱記録紙とバインダー
  • 1. はじめに 235
  • 2. 染料タイプ感熱記録紙の発色原理と構成素材 235
  • 2.1 発色原理 235
  • 2.2 染料 236
  • 2.3 顕色剤 236
  • 2.4 添加剤 236
  • 2.5 バインダー 238
  • 2.6 紫外線硬化型バインダー 238
  • 2.7 多層感熱記録体用バインダー 239
  • 2.8 定着型感熱記録紙用バインダー 239
  • 3. 感熱紙バインダーの最近の動向 239
  • 第8章 熱転写材料とバインダー
  • 1. はじめに 242
  • 2. 熱溶融性インクとバインダー 242
  • 3. 転写紙 244
  • 4. 最近の動向 244
  • 第9章 感圧記録(ノーカーボン)紙とバインダー
  • 1. はじめに 247
  • 2. 原理と構成 247
  • 3. 材料 247
  • 3.1 感圧色素 247
  • 4. マイクロカプセル壁材 248
  • 5. マイクロカプセル化の実例 249
  • 5.1 ポリエステルマイクロカプセル 249
  • 5.2 ポリイソシアネート系化合物 249
  • 第10章 電子写真(複写機,プリンター)感光体とバインダー
  • 1. はじめに 251
  • 2. CdS感光体とパインター 251
  • 3. ZnO感光体とバインダ 252
  • 4. 有機系および複合系感光体とバインダー 256
  • 4.1 ポリビニルカルバゾール系感光体 256
  • 4.2 三成分凝集感光体 257
  • 4.3 複合体(機能分離型) 257
  • 4.3.1 Se/PVK感光体 258
  • 4.3.2 ペルイミト./オキサチアゾール感光体 259
  • 4.3.3 ビスアゾ顔料/カルバゾール感光体 259
  • 4.3.4 ビスアゾ顔料/ピラゾリン感光体 260
  • 4.3.5 機能分離型に使われている一般的バインダー樹脂 261
  • 5. レーザプリンター用感光体とバインダー 261
  • 6. 周辺加工に使われるポリマー 262
  • 7. 最近の動向 263
  • 第11章 磁気記録媒体とバインダー
  • 1. はじめに 265
  • 2. 磁性体 265
  • 3. 基体 266
  • 4. 磁気記録用バインダー 267
  • 4.1 磁気記録媒体用バインダーに必要な条件 267
  • 4.2 実用化している磁気記録媒体用バインダー 267
  • 4.3 電子線硬化バインダー 269
  • 4.4 垂直磁気記録媒体 270
  • 5. バインダーの最近の動向 270
  • 第12章 電子写真用トナーへの応用
  • 1. はじめに 273
  • 2. 乾式現像剤 273
  • 2.1 二成分現像剤 273
  • 2.1.1 キャリア 273
  • 2.1.2 二成分現像剤用トナー 274
  • 2.1.3 成分系現像剤 275
  • 3. 湿式(液体現像剤) 276
  • 3.1 キャリア 276
  • 3.2 トナー 277
  • 3.3 固着用樹脂 277
  • 3.4 分散剤 277
  • 3.5 極性制御剤 278
  • 3.6 被覆剤 278
  • 3.7 定着液 278
  • 4. 最近の動向 278
  • 第13章 その他の情報記録紙とバインダー
  • 1. 静電記録紙と樹脂(ポリマー) 280
  • 1.1 誘電体層 280
  • 1.1.1 溶剤可溶性樹脂 280
  • 1.1.2 水可溶性または水分散系樹脂 281
  • 1.2 導電層 282
  • 1.3 最近の静電記録紙の開発状況 282
  • 2. 放電記録紙および蒸着記録紙とバインダー 283
  • 2.1 構成と記録原理 283
  • 2.2 表面層とバインダー 283
  • 2.3 黒色層とバインダー 283
  • 2.4 最近の動向 284
  • 3. 通電感熱記録紙用バインダー 284
  • 3.1 構成と原理 284
  • 4. ジアゾ感光紙 285
  • 4.1 発色原理と構成 285
  • 4.2 ジアゾ感光紙の成分構成とバインダー 285
  • 4.2.1 一般感光紙バインダー 286
  • 4.2.2 熱現像ジアゾ感光紙バインダー 286
  • 5. 電子写真感光(コピー)紙 287
  • 5.1 構成および原理 287
  • 5.1.1 感光層 287
  • 5.1.2 バリヤ層 288
  • 5.1.3 導電性層 288
  • 5.2 各層のバインダー 288
  • 5.2.1 光導電層 288
  • 5.2.2 バリヤ層 288
  • 6. CAD用紙とバインダーなどの薬品 289
  • 6.1 ペンプロッター用紙 289
  • 6.2 静電プロッター用紙 290
  • 7. POS用紙とバインダー 291
  • 7・1 0CR・OMR用紙 291
  • 7.2 バーコード印刷用紙 292
  • 7.3 磁気カード,磁気帳簿など 292

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで