サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

化学構造による医薬品の系統分類 : 命名と薬効

藤井喜一郎 著

詳細情報

タイトル 化学構造による医薬品の系統分類 : 命名と薬効
著者 藤井喜一郎 著
著者標目 藤井, 喜一郎, 1928-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社三共出版
出版年月日等 1984.10
大きさ、容量等 336p ; 22cm
ISBN 4782701764
価格 5000円 (税込)
JP番号 86003196
増補改稿版
出版年(W3CDTF) 1984
件名(キーワード) 薬化学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 医薬品
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC PA23
NDC(8版) 499.3
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 化学構造による医薬品の系統分類
  • 系統分類目次 1ー6
  • 語索引(一般名・商品名) 7ー17
  • 日本語索引(一般名・商品名) 18ー38
  • 1. 脂肪族化合物
  • 1.1 ハロゲン誘導体 1
  • 1.1 1.1.1 ハロゲン化アルキル 1
  • 1.1 1.1.2 トリハロゲン誘導体 1
  • 1.1 1.1.3 テトラハロゲン誘導体 2
  • 1.1 1.1.4 ペンタハロゲン誘導体 2
  • 1.2 アルコール誘導体 2
  • 1.2 1.2.1 一価アルコール 2
  • 1.2 (1) 飽和アルコール 2
  • 1.2 (2) 不飽和アルコール 3
  • 1.2 (3) ハロゲノアルコール 3
  • 1.2 1.2.2 二価アルコール 3
  • 1.2 1.2.3 多価アルコール 4
  • 1.3 無機酸のエステルおよび関連化合物 4
  • 1.4 工ーテル 5
  • 1.4 1.4.1 飽和エーテル 5
  • 1.4 1.4.2 不飽和エーテル 5
  • 1.4 1.4.3 ハロゲン置換エーテル 6
  • 1.5 アルデヒド誘導体 7
  • 1.5 1.5.1 飽和アルデヒド 7
  • 1.5 1.5.2 ハロゲン置換アルデヒド 7
  • 1.6 カルボン酸 8
  • 1.6 1.6.1 モノカルボン酸 8
  • 1.6 (1) 飽和モノカルボン酸誘導体 8
  • 1.6 (2) モノカルボン酸エステル誘導体 8
  • 1.6 (3) モノカルボン酸アミド誘導体 9
  • 1.6 (4) 不飽和モノカルボン酸誘導体 10
  • 1.6 1.6.2 ジカルボン酸 10
  • 1.6 (1) ジカルボン酸誘導体(塩) 10
  • 1.6 (2) ジカルボン酸誘導体(エステル) 10
  • 1.6 1.6.3 ヒドロキシカル・ボン酸 10
  • 1.6 (1) ヒドロキシカルボン酸誘導体 10
  • 1.6 1.6.4 メルカプトカルボン酸誘導体 13
  • 1.6 1.6.5 アミノカルボン酸 13
  • 1.6 (1) アミノ酸誘導体 13
  • 1.7 硫黄酸 18
  • 1.7 1.7.1 スルホン誘導体 18
  • 1.7 1.7.2 スルホン酸誘導体 19
  • 1.7 1.7.3 アルキルスルホン酸エステル 19
  • 1.8 アミン 19
  • 1.8 1.8.1 第二級アミン 19
  • 1.8 1.8.2 第三級アミン 20
  • 1.8 1.8.3 第四級アンモニウム化合物 20
  • 1.9 アミンオキシド 24
  • 1.10 アミノアルコール 24
  • 1.10 1.10.1 アミノアルコール誘導体 24
  • 1.11 アミド酸誘導体 25
  • 1.12 シアン酸誘導体 26
  • 1.13 グアニジン誘導体 26
  • 1.14 チオール誘導体 27
  • 1.15 チオカルバミド酸誘導体 27
  • 1.16 ニトロソ尿素誘導体 27
  • 1.17 アミド 28
  • 1.17 1.17.1 ポリカルボン酸アミド 28
  • 1.18 アミドオキシム 28
  • 1.19 尿素および誘導体 29
  • 2. 脂環式化合物
  • 2.1 シクロプロパンおよび誘導体 30
  • 2.2 シクロペンタンおよび誘導体 30
  • 2.3 シクロヘキサンおよび誘導体 31
  • 2.3 2.3.1 アルコール 31
  • 2.3 2.3.2 ケトン 33
  • 2.3 2.3.3 カルボン酸 33
  • 2.3 2.3.4 アミド酸誘導体 35
  • 2.4 シクロヘプタンおよび誘導体 35
  • 2.5 テルペン 35
  • 2.5 2.5.1 ボルナン族および関連化合物 35
  • 2.5 2.5.2 セスキテルペン 36
  • 2.5 2.5.3 単環モノテルペン 36
  • 2.5 (1) 炭化水素 36
  • 2.6 テルペノイド 37
  • 2.6 2.6.1 四環性トリテルペノイド 37
  • 2.6 2.6.2 五環性トリテルペノイド 37
  • 2.7 カロテノイド 38
  • 2.8 ステロイド 39
  • 2.8 2.8.1 エステロイドホルモンおよび関連化合物 39
  • 2.8 2.8.2 ステロール 66
  • 2.8 2.8.3 ブファジエノライド 68
  • 2.8 2.8.4 ガルデノライド 69
  • 2.8 2.8.5 胆汁酸 72
  • 2.9 トロポロン誘導体 73
  • 3. 芳香族化合物
  • 3.1 単環炭化水素および誘導体 74
  • 3.1 3.1.1 脂肪酸アリール置換体 74
  • 3.1 (1) 不飽和酸のフェニル置換体 74
  • 3.1 3.1.2 ハロゲノベンゼン誘導体 74
  • 3.1 3.1.3 フェノール 79
  • 3.1 (1) 一価フェノール誘導体 79
  • 3.1 (2) 二価フェノール誘導体 80
  • 3.1 3.1.4 フェノールエーテル誘導体 80
  • 3.1 3.1.5 フェノールエステル誘導体 81
  • 3.1 3.1.6 アルコール誘導体 81
  • 3.1 3.1.7 アミノアルキルエーテル系 91
  • 3.1 3.1.8 芳香族アルコールのエステル 93
  • 3.1 3.1.9 ハロゲノフェノール誘導体 93
  • 3.1 3.1.10 ケトン誘導体 93
  • 3.1 3.1.11 キノン誘導体 96
  • 3.1 3.1.12 ベンゼンカルボン酸 97
  • 3.1 (1) ベンゼンカルボン酸エステル誘導体 97
  • 3.1 (2) ヒドロキジカルボン酸誘導体 98
  • 3.1 (3) アルコキシカルボン酸誘導体 100
  • 3.1 (4) メルカプトカルボン酸誘導体 101
  • 3.1 (5) スルホカルボン酸誘導体 101
  • 3.1 (6) アミノカルボン酸誘導体 101
  • 3.1 3.1.13 脂肪酸アリール置換体 105
  • 3.1 (1) 飽和酸フェニル置換体 105
  • 3.1 (2) ケトカルボン酸誘導体 107
  • 3.1 (3) アミノ酸誘導体 108
  • 3.1 (4) フェノキシカルボン酸誘導体 110
  • 3.1 (5) フェノキシカルボン酸エステル誘導体 111
  • 3.1 (6) アミド酸誘導体 112
  • 3.1 3.1.14 硫黄酸 112
  • 3.1 (1) スルホン誘導体 112
  • 3.1 (2) スルホン酸誘導体 113
  • 3.1 (3) スルホン酸置換体 114
  • 3.1 3.1.15 芳香族アミン 115
  • 3.1 (1) モノアミン誘導体 115
  • 3.1 (2) ジアミン誘導体 115
  • 3.1 (3) アンモニウム塩誘導体 116
  • 3.1 3.1.16 アラルキルアミン誘導体 118
  • 3.1 3.1.17 アミド誘導体 120
  • 3.1 3.1.18 ビスーアセトアミド誘導体 123
  • 3.1 3.1.19 アニリド誘導体 123
  • 3.1 3.1.20 ニトリル誘導体 126
  • 3.1 3.1.21 アゾ化合物 127
  • 3.1 3.1.22 ヒドラジン誘導体 127
  • 3.1 3.1.23 グアニジン誘導体 128
  • 3.1 3.1.24 尿素誘導体 129
  • 3.1 3.1.25 スルホニル尿素誘導体 130
  • 3.1 3.1.26 チオ尿素誘導体 132
  • 3.1 3.1.27 アリルヒドロキサム酸誘導体 132
  • 3.1 3.1.28 アミノフェノール誘導体 132
  • 3.2 非縮合多環化合物 133
  • 3.2 3.2.1 ビフェニル 133
  • 3.2 (1) カルボン酸 133
  • 3.2 3.2.2 ジフェニルメタン誘導体 133
  • 3.2 (1) ヒドロキシ化合物 133
  • 3.2 (2) カルボン酸 135
  • 3.2 (3) ピリジン、ピヘリジンおよびペベラジン類 136
  • 3.2 (4) エーテル化合物 138
  • 3.2 3.2.3 ジフェニルエタン誘導体 140
  • 3.2 (1) ヒドロキシ化合物 140
  • 3.2 (2) カルボン酸 140
  • 3.2 3.2.4 ジフェニルアルケン誘導体 140
  • 3.2 3.2.5 トリフェニルメタン誘導体 141
  • 3.2 3.2.6 トリフェニルアルケン誘導体 142
  • 3.2 3.2.7 フタリド系 142
  • 3.3 縮合多環化合物 143
  • 3.3 3.3.1 インデン誘導体 143
  • 3.3 3.3.2 ナフタレン誘導体 144
  • 3.3 (1) 炭化水素 144
  • 3.3 (2) エーテル化合物 144
  • 3.3 (3) スルホン酸誘導体 145
  • 3.3 (4) カルボン酸誘導体 145
  • 3.3 (5) ナフトール誘導体 146
  • 3.3 (6) ナフトキノン誘導体 146
  • 3.3 3.3.3 その他の縮合二環系 147
  • 3.3 3.3.4 フルオレン系 148
  • 3.3 3.3.5 アントラセン誘導体 148
  • 3.3 3.3.6 オキシアントラキノン誘導体 149
  • 3.3 (1) ビスアントロン類 149
  • 3.3 3.3.7 ジベンゾサイクロヘプテン誘導体 149
  • 3.3 3.3.8 ジベンツオキセピン誘導体 151
  • 3.3 3.3.9 ベンゼン環系(縮合四環系) 151
  • 3.3 (1) ナフタセン誘導体 151
  • 4. 複素環式化合物
  • 4.1 酸素1原子の複素環 157
  • 4.1 4.1.1 三員環化合物 157
  • 4.1 4.1.2 五員環化合物 157
  • 4.1 (1) フラン誘導体 157
  • 4.1 (2) ヒドロフラン誘導体 159
  • 4.1 (3) ベンゾフラン誘導体 759
  • 4.1 4.1.3 六員環化合物 161
  • 4.1 (1) ベンゾビランおよびベンゾピロン誘導体 161
  • 4.1 (2) フラボン誘導体 164
  • 4.1 (3) ナワトフラン誘導体 165
  • 4.1 (4) キサンテン誘導体 165
  • 4.1 (5) フラボール誘導体 166
  • 4.2 酸素2原子の複素環 167
  • 4.2 4.2.1 ジオキソラン誘導体 167
  • 4.3 硫黄1原子の複素環 168
  • 4.3 4.3.1 六員環化合物 168
  • 4.3 (1) チオクロマン誘導体 168
  • 4.3 (2) チオキサンテン誘導体 168
  • 4.3 4.3.2 七員環化合物 169
  • 4.3 (1) ジベンゾチエピン誘導体 169
  • 4.4 硫黄2原子の複素環 170
  • 4.5 窒素1原子の複素環 170
  • 4.5 4.5.1 三員環化合物 170
  • 4.5 (1) アジリジン誘導体 170
  • 4.5 4.5.2 四員環化合物 171
  • 4.5 (1) アゼチジノン誘導体 171
  • 4.5 (1) 〔A〕 ペニシリン系(ペナム系) 171
  • 4.5 (1) 〔B〕 セ=ェム系 178
  • 4.5 (1) 〔C〕 オキサセフェム系 187
  • 4.5 (1) 〔D〕 カルバペネム 188
  • 4.5 (1) 〔E〕 ペネム系 189
  • 4.5 (1) 〔F〕 モノバクタム系 190
  • 4.5 4.5.3 五員環化合物 190
  • 4.5 (1) ピロール誘導体 190
  • 4.5 (2) ピロリジン誘導体 192
  • 4.5 (3) インドール誘導体 195
  • 4.5 (4) インドリン誘導体 202
  • 4.5 (5) イソインドール誘導体 204
  • 4.5 (6) インジゴおよび関連化合物 205
  • 4.5 4.5.4 六員環化合物 205
  • 4.5 (1) ピリジン誘導体 205
  • 4.5 (2) ジヒドロピリジン誘導体 213
  • 4.5 (3) ピペリジン誘導体 214
  • 4.5 (4) キノリン誘導体 220
  • 4.5 (5) イソキノリン誘導体 222
  • 4.5 (6) ヒドロキノリン誘導体 224
  • 4.5 (7) ベンゾキノリジン誘導体 225
  • 4.5 (8) アクリジン誘導体 225
  • 4.5 4.5.5 その他 226
  • 4.5 (1) イミノジベンジル誘導体 226
  • 4.5 (2) ジベソゾアゼピン誘導体 229
  • 4.5 (3) ベンツアゾシン誘導体 229
  • 4.5 (4) モルフィナン誘導体 230
  • 4.5 (5) トロパン誘導体 233
  • 4.5 (6) ノルトロパン誘導体 237
  • 4.6 窒素2原子の複素環 238
  • 4.6 4.6.1 五員環化合物 238
  • 4.6 (1) ピラゾール誘導体 238
  • 4.6 (2) ピラゾリジン誘導体 240
  • 4.6 (3) イミダゾール誘導体 242
  • 4.6 (4) イミダゾリン誘導体 244
  • 4.6 (5) イミダゾリジン誘導体 246
  • 4.6 (6) ベンゾイミダゾール誘導体 248
  • 4.6 4.6.2 六員環化合物 249
  • 4.6 (1) ジアジン誘導体 249
  • 4.6 (2) ヒドロピリミジン誘導体 257
  • 4.6 (3) ピペラジン誘導体 268
  • 4.6 (4) ベンゾジアジン誘導体 270
  • 4.6 (5) ナフチリジン誘導体 273
  • 4.6 4.6.3 その他 273
  • 4.6 (1) ベンゾジアゼピン誘導体 273
  • 4.6 (2) ピペラシノアゼピン誘導体 279
  • 4.6 (3) キノリシジン誘導体 279
  • 4.7 窒素3原子の複素環 280
  • 4.7 4.7.1 1,3,5ートリアジン誘導体 280
  • 4.7 4.7.2 ピリドピリミジン誘導体 280
  • 4.7 4.7.3 ベンゾトリアジン誘導体 281
  • 4.8 窒素4原子の複素環 281
  • 4.8 4.8.1 トリアゾロピリミジン誘導体 281
  • 4.8 4.8.2 ピラゾロピリミジン誘導体 281
  • 4.8 4.8.3 プリン誘導体 282
  • 4.8 4.8.4 プテリジン誘導体 287
  • 4.8 4.8.5 アロキサジン誘導体 288
  • 4.8 4.8.6 トリアゾロベンゾジアゼピン誘導体 289
  • 4.9 酸素1原子および窒素1原子の複素環 290
  • 4.9 4.9.1 オキサジン誘導体 290
  • 4.9 4.9.2 オキサゾール誘導体 291
  • 4.9 4.9.3 イソオキサゾール誘導体 292
  • 4.9 4.9.4 ジベンズオキサゼビン誘導体 293
  • 4.9 4.9.5 ベンゾピラノピリジン誘導体 293
  • 4.10 硫黄1原子および窒素原子の複素環 294
  • 4.10 4.10.1 チアゾール誘導体 294
  • 10.2 ベンゾチアゾール誘導体 294
  • 10.2 4.10.3 インチアゾール誘導体 295
  • 10.2 4.10.4 チアジン誘導体 295
  • 10.2 4.10.5 ベンゾチアジン誘導体 296
  • 10.2 4.10.6 チエノピリジン誘導体 296
  • 10.2 4.10.7 ベンゾチアセピン誘導体 297
  • 10.2 4.10.8 フェノチアジン誘導体 297
  • 4.11 酸素1原子および窒素2原子の複素環 305
  • 4.11 4.11.1 オキサジアゾール誘導体 305
  • 4.12 硫黄1原子および窒素2原子の複素環 305
  • 4.12 4.12.1 チアジアゾール誘導体 305
  • 4.12 4.12.2 ベンゾチアシアジン誘導体 306
  • 4.12 4.12.3 チエノジアゼピン誘導体 312
  • 4.13 硫黄1原子および窒素4原子の複素環 312
  • 4.13 4.13.1 トリアゾロチエノジアゼピン誘導体 312
  • 5. 炭水化物および関連化合物
  • 5.1 単糖類 313
  • 5.1 5.1.1 アルドヘキソース 313
  • 5.1 5.1.2 ケトヘキソース 313
  • 5.1 5.1.3 単糖類の置換誘導体 314
  • 5.2 糖アルコール 315
  • 5.3 単糖類の反応生成物 316
  • 5.3 5.3.1 アルドン酸誘導体 376
  • 5.3 5.3.2 ウロン酸誘導体 317
  • 5.3 5.3.3 アルダル酸誘導体 317
  • 5.4 グリコシド 318
  • 5.4 5.4.1 アミノグリコシド系 318
  • 5.4 5.4.2 マクロライド系 323
  • 追加〔増補改稿版編集後の追加〕
  • 1.6 カルボン酸
  • 1.6.3 ヒドロキシカルボン酸
  • 1.6.3 (1) ヒドロキシカルボン酸誘導体 329
  • 3.1 単環炭化水素および誘導体
  • 3.1.10 ケトン誘導体 329
  • 3.1.12 ベンゼンカルボン酸
  • 3.1.12 (1) ベンゼンカルボン酸エステル誘導体 329
  • 3.1.17 アミド誘導体 330
  • 3.2 非縮合多環化合物
  • 3.2.1 ビフェニル
  • 3.2.1 (1) カルボン酸 330
  • 4.3 硫黄1原子の複素環
  • 4.3.1 五員環化合物
  • 4.3.1 (1) チオフェン系 331
  • 4.5 窒素1原子の複素環
  • 4.5.3 五員環化合物
  • 4.5.3 (3) インドール誘導体 331
  • 5.5 単糖類の関連化合物 326
  • 5.6 二糖類 326
  • 5.7 多糖類の置換誘導体 327
  • 5.8 多糖類 328
  • 4.5.4 六員環化合物
  • 4.5.4 (1) ビリジン誘導体 332
  • 4.5.4 (4) キノリン誘導体 332
  • 4.5.5 その他
  • 4.5.5 (4) モルフィナン誘導体 332
  • 4.6 窒素2原子の複素環
  • 4.6.1 五員環化合物
  • 4.6.1 (3) イミダゾール誘導体 333
  • 4.8 窒素4原子の複素環
  • 4.8.3 プリン誘導体 334
  • 4.8.6 トリアゾロベンゾジアゼピン誘導体 334
  • 4.11 酸素1原子および窒素2原子の複素環
  • 4.11.2 ベンゾジアゼピノオキサゾール誘導体 335

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで