サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

コセリウ言語学選集 : 人間の学としての言語学 第4巻

Coseriu, Eugenio, 1921-2002

詳細情報

タイトル コセリウ言語学選集 : 人間の学としての言語学
著者標目 Coseriu, Eugenio, 1921-2002
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社三修社
出版年月日等 1983.8
大きさ、容量等 419p ; 22cm
ISBN 4384054076
価格 4500円
JP番号 84038809
巻次 第4巻
別タイトル ことばと人間
部分タイトル 人間と言語 江沢建之助訳. 言語現象と今日の人間の実存理解 谷口勇訳. 体系,慣用および「言」・限定と周辺領域-話の言語学の二つの問題・共時態,通時態および類型論 下宮忠雄訳. 「ことばと詩」という主題に関するテーゼ 諏訪功訳. 言語の普遍相(および,その他の普遍相) 小野正敦訳. ゲオルク・フォン・デア・ガーベレンツと共時言語学,ヴィルヘルム・フォン・フンボルトの言語類型論についてー言語学の伝承を批判する試み,言語学の現況 諏訪功訳. 言語年代学批判-ロマンス語の観点から 下宮忠雄訳. 翻訳論における誤った設問と正しい設問 岸谷敞子訳. コセリウ言語学の特色と意義についてー「コセリウ言語学選集」(全4巻)完結にあたり 江沢建之助著. 訳者解説 諏訪功著. 参考文献:p366~367
部分タイトル ことばと人間 / 諏訪功 [ほか]訳
出版年(W3CDTF) 1983
件名(キーワード) 言語学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KE12
NDC(8版) 801
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで