サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

戦国大名論集 10

秋沢繁 [ほか]編

詳細情報

タイトル 戦国大名論集
著者 秋沢繁 [ほか]編
著者標目 秋沢, 繁, 1933-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社吉川弘文館
出版年月日等 1984.3
大きさ、容量等 518p ; 22cm
注記 監修: 永原慶二
ISBN 4642025901
価格 5900円
JP番号 84026011
巻次 10
別タイトル 武田氏の研究
部分タイトル 武田領国の形成 十五・十六世紀における甲斐国人の動向 高島緑雄著. 武田氏の領国形成-富士山麓地方を中心に見た 若林淳之著. 武田領の権力構造 東国における戦国期寺領の構造-永禄六年・甲斐国恵林寺領について 高島緑雄著. 戦国大名検地に関する一考察-恵林寺領「検地帳」の分析 勝俣鎮夫著. 戦国大名武田氏の貫高制と軍役 湯本軍一著. 戦国期甲斐国の権力構造 矢田俊文著. 中世のなかに生れた「近世」-戦国大名武田氏の場合 山中恭子著. 武田領の家臣団と在地編成 「甲陽軍鑑」の武田家臣団編成表についてー「武田法性院信玄公御代惣人数之事」の検討 小林計一郎著. 武田家臣団組織と親分子分慣行 服部治則著. 戦国大名武田氏の海賊衆 柴辻俊六著. 農民逃散と武田氏 なかざわ・しんきち著. 甲斐武田氏の伝馬制度 柴辻俊六著. 武田氏の商人支配 笹本正治著. 武田領の宗教政策 甲斐府中八幡宮の研究 奥田真啓著. 武田領国支配における禅宗の発展 村上直著. 郡内領主小山田氏と御師衆 佐藤八郎著. 解説 柴辻俊六著. 文献一覧:p505~518
部分タイトル 武田氏の研究 / 柴辻俊六 編
出版年(W3CDTF) 1984
件名(キーワード) 武田 (氏)
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 日本--歴史--室町時代
NDLC GB235
NDC(8版) 210.47
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで