サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

戦国大名論集 16

秋沢繁 [ほか]編

詳細情報

タイトル 戦国大名論集
著者 秋沢繁 [ほか]編
著者標目 秋沢, 繁, 1933-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社吉川弘文館
出版年月日等 1983.11
大きさ、容量等 478p ; 22cm
注記 監修: 永原慶二
価格 5900円
JP番号 84009047
巻次 16
別タイトル 島津氏の研究
部分タイトル 中世南九州の土地制度 領主支配と開発の展開 五味文彦著. 門体制の構造と領主制 北島万次著. 在家体制より門体制への移行 郡山良光著. 浮免についての一考察-在家の進化と関連して 佐川弘著. 戦国大名島津氏の支配機構 戦国大名島津氏の軍事組織についてー地頭と衆中 桑波田興著. 戦国大名島津氏と老中 福島金治著. 統一政権と島津氏 豊臣政権と島津氏 稲本紀昭著. 梅北一揆の歴史的意義-朝鮮出兵時における一反乱 紙屋敦之著. 薩藩の太閤検地に関連して・薩摩藩の太閤検地について 桑波田興著
部分タイトル 対外交渉と文化 三宅国秀の琉球遠征計画をめぐってーその史料批判と中世日琉関係史上における意義について 田中健夫著. 「あや船」考-島津氏琉球支配への経緯 喜舎場一隆著. 戦国時代における地方文化と京都-領国文化の構造をめぐって 伊東久之著. 上井覚兼の信仰-とくに晩年を中心として 玉山成元著. 戦国大名島津氏に関する記録と文書 上井覚兼日記に就いて 斎木一馬著. 島津家文書の成立に関する一、二の考察 五味克夫著. 国語資料としての古記録の研究-近世初期記録語の例解 斎木一馬著. 解説 福島金治著. 文献一覧:p462~478
部分タイトル 島津氏の研究 / 福島金治 編
出版年(W3CDTF) 1983
件名(キーワード) 島津 (氏)
件名(キーワード) 日本--歴史--室町時代
NDLC GB235
NDC(8版) 210.47
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで