サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

鷹津義彦教授追悼論集

鷹津, 義彦, 1918-

詳細情報

タイトル 鷹津義彦教授追悼論集
著者標目 鷹津, 義彦, 1918-
出版地(国名コード) JP
出版地[京都]
出版社立命館大学人文学会
出版年月日等 1981.10
大きさ、容量等 288p ; 22cm
注記 鷹津義彦の肖像あり
価格 非売品
JP番号 82053547
部分タイトル ヤマトタケル伝承の成立 1 松前健著. 人麻呂歌集「献舎人皇子歌」考-一六八三・八四番歌の構成をめぐって 真下厚著. 日本霊異記における神身離脱説話の形成-下巻二十四縁から 丸山顕徳著. 枕草子の物語評補説 伴利昭著. 中世武勇伝承とその基層-中世渡辺家伝 小林美和著. 『神道集』の神祇観をめぐってー権者神、実者神を中心として 津田孝司著. 神道集「上野国児持山之事」の源流-日光感精譚とかかわって 福田晃著. 室町時代物語「花鳥風月」考 真島美弥子著. 白山麓の人形浄瑠璃『大職冠』についてーその詞章および民間伝承とのかかわり 松本孝三著
部分タイトル 『仁勢物語』とかぶきの精神-業平像の変貌 小林幸夫著. 蕪村-生業確立の意味 西脇終著. 宣長「雅俗」論の構造 山下久夫著. 『北槎聞略』の風景-光太夫、甫周の出会いに 小林慧子著. 中島湘煙「山間の名花」覚書 和田繁二郎著. 「詩人」観念の変遷-明治二十年代から三十年代へ 木股知史著. 『こ丶ろ』の方法と構造-補遺 秋山公男著. 啄木「漂泊」の風景 上田博著. 南部修太郎序説 森本修著. 西脇順三郎のモダニズムの詩と詩論 沢正宏著. 付:鷹津義彦教授略歴,著書・主要論文目録
出版年(W3CDTF) 1981
件名(キーワード) 日本文学--歴史
NDLC KG12
NDC(8版) 910.2
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで