サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

明治前日本天文学史

日本学士院日本科学史刊行会 編

詳細情報

タイトル 明治前日本天文学史
著者 日本学士院日本科学史刊行会 編
著者標目 日本学士院
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社野間科学医学研究資料館
出版年月日等 1979.10
大きさ、容量等 533p ; 22cm
注記 日本学術振興会昭和35年刊の複製
注記 発売: 井上書店 (東京) , 臨川書店 (京都)
注記 年表: p487~518
価格 8500円
JP番号 80013979
新訂版
出版年(W3CDTF) 1979
件名(キーワード) 天文学--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC MB25
NDC(8版) 440.21
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 明治前日本天文学史
  • 明治前日本天文学史 目次
  • 序 一
  • 第一編 東洋関係 一
  • 第一章 東洋古代における天文暦法の起源とその発達 一
  • 一 観象授時
  • 二 〓〓玉衡
  • 三 夏小正
  • 四 二十八宿と周髀
  • 五 春秋と月令
  • 六十二次と二十四気の成立
  • 七三正論
  • 八十九年七閏の法と七十六年法
  • 九 紀年法
  • 一〇 星表の起源 甘石星経
  • 一一 古代の時法
  • 一二 戦国時代の天文知識
  • 第二章 漢以後歴代の暦法 四五
  • 一 中国暦概説
  • 二 元嘉暦
  • 三 麟徳暦
  • 四 大衍暦
  • 五五紀暦
  • 六 宣明暦
  • 七 唐代暦法に見えた暦註
  • 八 授時暦
  • 第三章 論天説 九一
  • 一 序説
  • 二 古来の論天説
  • 三 蓋天説
  • 四 渾天説
  • 五 蓋天説と渾天説の論争
  • 六 要旨概括
  • 第二編 西洋天文学の影響 一二一
  • 第一章 緒論 一二一
  • 第二章 海外交通時代より鎖国の初期まで 一二六
  • 一 宣教師が伝えた西洋天文学説 一二六
  • 二 航海者より得た天文知識 一三二
  • 三 小林謙貞と二儀略説 一四〇
  • 四 寛永の禁書と天経或問の輸入 一四七
  • 五 乾坤弁説について 一五二
  • 第三章 蘭学勃興の前夜 一六〇
  • 一 享保以前 一六〇
  • 二 禁書令の緩和 一六四
  • 三 西川正休と天経或問の流布 一七〇
  • 四 紅毛天地二図贅説の翻説 一七八
  • 第四章 地動説を中心とする天文学説の紹介 一八〇
  • 一 本木良永とその業績 一八〇
  • 二 志筑忠雄とその業績 一九〇
  • 三 地動説の流布 一九六
  • 四 究理学と西洋天文学 二〇四
  • 第五章 天文方と西洋天文学 二〇九
  • 一 麻田剛立一派の研究 二〇九
  • 二 ラランデ暦書の翻訳 二一六
  • 三 幕未の天文方 二二三
  • 四 航海書及び太陽暦 二二九
  • 第三編 暦法及び時法 二三五
  • 第一章 上古の暦法 二三五
  • 一 本居宣長の真暦考
  • 二 渋川春海の日本長暦
  • 三 中根元圭の皇和通暦
  • 四 平田篤胤の天朝無窮暦
  • 五 日本長暦の批判
  • 第二章 中古の暦法 二四二
  • 一 元嘉暦と儀鳳暦
  • 二 大衍暦
  • 三五紀暦
  • 四 宣明暦
  • 第三章 近世の暦法…(国推歩時代) 二五一
  • 一 貞享暦
  • 二 宝暦暦
  • 三 寛政暦
  • 四 天保暦
  • 第四章 論暦 二八六
  • 一 元和航海記
  • 二 和蘭正月
  • 三 中井竹山の草茅危言
  • 四 本多利明の論暦
  • 五 中井履軒の華胥暦
  • 六 山片蟠桃の夢の代
  • 七 天経或問
  • 八 天文解那物語
  • 九 天経或問と西川流
  • 一〇 佐藤信淵の太陽正昇度
  • 第五章 時法 三〇七
  • 一 序説
  • 二 平安朝時代の時法
  • 三 江戸時代の時刻法
  • 第六章 頒暦と暦本 三一七
  • 一 頒暦
  • 二 刊暦
  • 三 暦師
  • 四 暦書
  • 第七章 暦注と雑節 三四〇
  • 一 陰陽寮とその職制及び教育
  • 二 星辰に関するもの
  • 三五行干支に関するもの
  • 四 日時の吉凶に関するもの
  • 五 気象に関するもの
  • 六二十四節気
  • 第八章 明治の太陽暦採用次第 三七〇
  • 一 序説
  • 二 塚本明毅の建議
  • 三 市川斎宮の提案
  • 第四編 天文観測史 三八一
  • 第一章 総論 三八一
  • 一 古代より室町時代まで 三八一
  • 二 江戸時代前期 三八七
  • 三 江代時代後期 三九八
  • 第二章 各論 四二三
  • 一 日食 四二三
  • 二 月食 四三五
  • 三 太陽黒点 四三九
  • 四 月及び惑星現象 四四四
  • 五 彗星 四四七
  • 六 流星 四六一
  • 一 流星雨
  • 二 大流星
  • 三 隕石
  • 七 新星 四七五
  • 八 極光 四七七
  • 九 その他 四八二
  • 一 老人星
  • 二 月面の観察
  • 三 日景
  • 附録 年表 四八七
  • 索引 五一九
  • 書名索引 五二一
  • 人名索引 五二七

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで