サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

動物に心があるか : 心的体験の進化的連続性

D.R.グリフィン 著,桑原万寿太郎 訳

詳細情報

タイトル 動物に心があるか : 心的体験の進化的連続性
著者 D.R.グリフィン 著
著者 桑原万寿太郎 訳
著者標目 Griffin, Donald Redfield, 1915-2003
著者標目 桑原, 万寿太郎, 1909-1998
シリーズ名 岩波現代選書. NS ; 507
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社岩波書店
出版年月日等 1979.5
大きさ、容量等 160, 26p ; 19cm
注記 原タイトル: The question of animal awareness
注記 巻末: 参考文献
価格 900円
JP番号 79023105
別タイトル The question of animal awareness
出版年(W3CDTF) 1979
件名(キーワード) 動物心理学
件名(キーワード) 動物行動学
NDLC RA441
NDC 481.78
原文の言語(ISO639-2形式) eng : English
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 動物に心があるか
  • はしがき
  • 第I章 エソロジーの領域拡張 一
  • 序 一
  • 定義 三
  • 自らの環境とのコミュニケーション 九
  • 第II章 動物のコミュニケーションにみられる可変性 二一
  • ヒトニザルの記号言語 二三
  • 昆虫同士の象徴的コミュニケーション 二八
  • ミツバチの象徴的コミュニケーションに対する懐疑 三八
  • 第III章 人間は即ち言葉であるか? 四五
  • 第IV章 動物は自らの所業を知っているか? 五七
  • 動物の知態に関する諸説 五九
  • 神経生理学的論拠 七六
  • 行動的複雑性は意識的知態の存在を暗示するか? 七七
  • 心的体験の進化的連続性 八三
  • 心的体験における、先天性と後天性 九一
  • 第V章 異議とその限界 九五
  • 行動主義的反論 九五
  • 擬人論的反論 一〇三
  • 臨界基準の軽減の危険 一〇八
  • 「それがどうした?」的反論 一一一
  • 旧式で窮屈な上衣 一一三
  • 第VI章 意識的知態の適応価 一二一
  • 第VII章 推測される動物の心の窓 一二九
  • 動物コミュニケーションに関する参画実験 一三二
  • 比較言語学への道 一四一
  • 第VIII章 摘要と結論 一五三
  • 訳者あとがき 一五七
  • 参考文献 9
  • 索引 1

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで