サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

生命科学への道 : エイブリー教授とDNA

R.J.デュボス 著,柳沢嘉一郎 訳

詳細情報

タイトル 生命科学への道 : エイブリー教授とDNA
著者 R.J.デュボス 著
著者 柳沢嘉一郎 訳
著者標目 Dubos, René Jules, 1901-1982
著者標目 柳沢, 嘉一郎, 1931-
シリーズ名 岩波現代選書. NS ; 505
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社岩波書店
出版年月日等 1979.4
大きさ、容量等 304, 18p ; 19cm
注記 エイブリーの履歴: p294~298 巻末: 文献
価格 1400円
JP番号 79018722
出版年(W3CDTF) 1979
件名(キーワード) Avery, Oswald Theodore, 1877-1955
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 遺伝学
件名(キーワード) 細菌学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC RA111
NDC 467.7
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 生命科学への道
  • 謝辞 序
  • 第1章 エイブリー教授とロックフェラー研究所 一
  • 活動的な研究所 一
  • 科学の揚 三
  • 天才たちの拠点 一〇
  • 第2章 臨床医学から基礎医学へ 一六
  • アメリカにおける基礎医学の黎明 一六
  • ロックフェラー医学研究所 二八
  • ロックフェラー病院 三八
  • 研究所から大学へ 四四
  • 第3章 医学の化学的研究 五一
  • 研究所創設期における化学的研究 五一
  • 医学研究のための化学 五六
  • 生命の化学的見方 五八
  • 学際的思考 六六
  • 第4章 エイブリーの生涯 七〇
  • その生涯と研究 七〇
  • 家族のこと 七四
  • コルゲート時代 八六
  • 医学の修行 九二
  • ロックフェラー医学研究所の生活 一〇一
  • ナッシュビルでの暮し 一〇八
  • 第5章 研究室の生活 一一二
  • 研究の心 一一二
  • 頭脳を摘む 一一八
  • 完璧実験主義 一二八
  • 文章を書く 一三四
  • 赤ラベルのレコード 一三八
  • 第6章 多領域での専門家 一四三
  • 第7章 発育拮抗性免疫と宿主の化学 一四九
  • 発育拮抗性免疫 一四九
  • 細菌の代謝と感染 一五五
  • 宿主の化学 一五八
  • 宿主と細菌の相互関係 一六一
  • 第8章 生物学的特異性の化学的基礎 一六四
  • 抗肺炎血清 一六四
  • 特異的可溶性物質 一六八
  • おが屑と卵白でつくる免疫 一七六
  • 生物学的特異性 一七九
  • 第9章 病原性の複雑さ 一八四
  • 自然および実験モデルにおける病原性 一八四
  • 筴膜と病原性 一九〇
  • 菌体と病原性 一九五
  • 第10章 細菌の変異性 二〇一
  • 多形説と単形説 二〇一
  • 表現型の適応と遺伝的変異 二〇四
  • 細菌の変異性について 二〇八
  • 肺炎双球菌の形質変換 二一二
  • 第11章 遺伝とDNA 二二三
  • 形質転換物質とDNA 二二三
  • 科学におけるピューリタニズム 二四一
  • 早すぎた発見 二五一
  • 第12章 思い出すままに 二六〇
  • 穏やかな態度と芯の強さ 二六〇
  • エイブリー教授の人柄 二六三
  • 語られざる科学観 二七三
  • 独創性と創造性 二八一
  • 芸術としての実験科学 二八六
  • 後記 二九一
  • エイブリーの履歴 二九四
  • 訳者あとがき 二九九
  • 文献 1

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで