サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

言語と文学にみる文明

根本萠騰子 編

詳細情報

タイトル 言語と文学にみる文明
著者 根本萠騰子 編
著者標目 根本, 萠騰子, 1941-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社東海大学出版会
出版年月日等 1978.7
大きさ、容量等 376p ; 22cm
注記 東海大学創立三十周年記念論文集
価格 3000円
JP番号 78026095
部分タイトル 「内なるもの」と文明 池田公麿著. 科学の時代と文学-人間の「寄る辺なさ」との関連において 根本萠騰子著. 小説の変貌と西欧の没落 照木健著. 現代長篇小説の変質-R.ヴァルザーとカフカの場合 松本嘉久著. トーマス・マン『ファウストゥス博士』にみるドイツ文化の崩壊 斉藤はるの著. 現代文明における演劇の可能性-ブレヒト・デュレンマット・ハントケを中心にして 入谷幸江著. 『ガラスものがたり』-あるいは現代文明の中の神話 山野辺五十鈴著. 「98年の世代」の作家アソリーンにみる文学の変遷-スペイン文学世代の一断面 仮名垣宏著. フランツ・カフカの作品世界-出口を求めて 小林俊明著. カール・サンドバーグとシカゴーアメリカ現代詩から見た都市文明 小西康雄著. パール・ラーゲルクヴィストと文明-自叙伝的作品を中心に 山下泰文著. 『灰燼』覚え書きー「中絶」と「新聞国」との相関関係をめぐり 小泉浩一郎著. 魯迅と中国の近代化-その文学精神と文明史観 武藤義道著. 現代における思考の多様化とその源泉 林貞子著. 言語と社会-ブリテン島の英語と変容 富田和夫著 付:参考文献
出版年(W3CDTF) 1978
件名(キーワード) 文学
NDLC KE121
NDC 904
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで