サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

国語学論叢 : 浅野信博士古稀記念

浅野信博士古稀記念国語学論叢刊行会 編

詳細情報

タイトル 国語学論叢 : 浅野信博士古稀記念
著者 浅野信博士古稀記念国語学論叢刊行会 編
著者標目 浅野, 信, 1905-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社桜楓社
出版年月日等 1977.10
大きさ、容量等 401p 肖像 ; 22cm
価格 16000円 (税込)
JP番号 77028405
部分タイトル 尿前-随筆(今泉忠義) 『和字正濫鈔』考-稿本から板本への展開(遠藤和夫) 被待遇者複数の場合の敬語法-源氏物語の敬語法一つ(大久保一男) 縮刷本節用集の性格について(柏原司郎) 天真派貫之梵鶴の抄(金田弘) ロドリゲス「日本大文典」所引「平家物語」の典拠について(鎌田広夫) 俳句のリズム的分類(川上蓁) 「なかなか」「かへって」「結句」(小杉商一) 「なくに」小考(此島正年) 姉なる人にのたまひみむー「受け手卑下」の表現(杉崎一雄) 源氏物語の語法・用語例-述語格の連用形の用法 1 「思ふ」系統の語の上位語を中心に(橘誠) 「なにぞは」と「なに」族と(田辺正男) 「静心なく花の散るらむ」の類歌について(種友明) 存在詞「ものし給ふ」小考(中村幸弘) 「芭蕉・蕪村・一茶」発句に於ける打消否定の表現について(道本武彦) 「参う上る」語義考(森昇一) 『建礼門院右京大夫集』の係り結び(山口雄輔) 百人一首蝉丸の歌(吉川泰雄) 日本文法「文」の「単位と単位語」-「主述文」体系と文節論を排す(浅野信) 浅野信博士略年譜・著作目録略:p.391~400
出版年(W3CDTF) 1977
件名(キーワード) 日本語
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 国語学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KF21
NDC 810.4
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで