サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

死と終末論

山本和 編

詳細情報

タイトル 死と終末論
著者 山本和 編
著者標目 山本, 和, 1909-1995
シリーズ名 今日の宣教叢書 ; 8
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社創文社
出版年月日等 1977.2
大きさ、容量等 317p ; 20cm
価格 2000円 (税込)
JP番号 77011361
部分タイトル 死よ,なんじの刺は何処にありやー中世カトリシズムにおける罪の意識(石原謙) 終末完成へのあこがれー中世ヨーロッパの修道者の心(鈴木宣明) 古い権威の死と新しい権威の生-アヴィニヨン幽囚の歴史的意義(小平尚道) モンテーニュの死生観-キリスト教のなかのこの自然人は生と死の問題についてどう考えていたか?(松浪信三郎) 『天路歴程』における救いの道-ジヨン・バニヤンの死の理解(佐々木敏郎) 安楽死と「医学の祭典」-医学と宗教との出会い(小田切信男) 行為死についてーフランツ・カフカの「夢」その他から(山本三和人) ティリッヒの死(野呂芳男) E.ブロッホの『希望の原理』とユートピア思想(高柳俊一) メメント・モリ(山本和)
出版年(W3CDTF) 1977
件名(キーワード) 生死
件名(キーワード) 終末論
NDLC HP41
NDC 191.5
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで