サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

現代詩鑑賞講座 第1巻 (詩とは何か)

伊藤信吉 等編

詳細情報

タイトル 現代詩鑑賞講座
著者 伊藤信吉 等編
著者標目 伊藤, 信吉, 1906-2002
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社角川書店
出版年月日等 1969
大きさ、容量等 394p ; 20cm
JP番号 75030534
巻次 第1巻 (詩とは何か)
部分タイトル 詩の本質 シンポジウム・詩とは何か(司会:小海永二) 近代詩の来た道 伝統詩と近代詩(吉田精一) 西欧詩と日本の近代詩(飯島耕一) 近代詩の誕生と終焉(壷井繁治) 現代詩の世界 現代詩とは何か(清岡卓行) 現代詩のレゾン・デートル(黒田三郎) 現代における抒情の意味(秋谷豊) わが主張 意味への意志(鮎川信夫) 私の詩作ノート(寺山修司) 現代社会と詩的喩法(吉本隆明) ある演説から(田村隆一) 詩作のために 詩とつきあう法 詩的ものの見方(会田綱雄) わが詩とのつき合い(小海永二) 詩と人生(岡本潤) 詩と表現 詩にとってことばとは何か(村野四郎) 詩と日本語(大江満雄) 詩のレトリック(安西均) 詩とイメージ(中桐雅夫) 詩-そのフォルムとスタイル(鈴木亨) 作詩の手がかり 観察と経験と想像力と(粟津則雄) 知性と感性(小野十三郎) モチーフとテーマ(木原孝一) わが詩作のあと 剃刀と林檎(西脇順三郎) 私と詩(金子光晴) 日本と中国とにまたがって(草野心平) 荒廃の季節とわが詩作(小野十三郎) 参考文献(佐藤房儀編)
出版年(W3CDTF) 1969
件名(キーワード) 日本詩--詩論・詩話
NDLC KG356
NDC 911.5
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで