サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

文学選集 31-35(昭和41-45年版)

日本文芸家協会 編

詳細情報

タイトル 文学選集
著者 日本文芸家協会 編
著者標目 日本文芸家協会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社講談社
出版年月日等 1966-1970
大きさ、容量等 4冊 ; 22cm
注記 欠: 第34 (昭和44年版)
価格 950-1400円 (税込)
JP番号 75029139
巻次 31-35(昭和41-45年版)
部分タイトル 第31(昭和41年版). 第31(昭和41年版) 朱い実(木山捷平) わが忘れなば(小沢信男) 紫芽谷部落(井伏鱒二) しん女語りぐさ(唐木順三) 分遣隊(長谷川四郎) Kの話(山川方夫) ある道程(畔柳二美) 春さきの四五日(山室静) 剣ケ崎(立原正秋) 不意の出来事(吉行淳之介) 土佐兵の勇敢な話(中山義秀) 叔母(大岡昇平) 魁生老人(藤枝静男) 幻化(梅崎春生) 空隙(北原武夫) 揺り椅子(小沼丹) 虫も樹も(尾崎一雄) 詩魂流転(丸岡明) 阿修羅王(浅井美英子) 市壁の町なかで(島尾敏雄) 青梅雨(永井竜男) 猫(三浦朱門) わたしの崋山(杉浦明平) 秋風と二人の男(庄野潤三) 北の河(高井有一)
部分タイトル 第32(昭和42年版). 鸚鵡石(石川淳) テペのある街にて(井上靖) 包丁のあと(上林暁) 爪の会(三浦朱門) 勤人の休日(椎名麟三) 浅い眠の夜(高井有一) 最後の時(河野多恵子) 加古一等兵の面影(長谷川四郎) 肉体の履歴(里見弴) 花ぐもり(尾崎一雄) 双生(吉行淳之介) 乳房(三浦哲郎) 解体の日暮れ(杉浦明平) 紅い紐(永井竜男) 眼の皮膚(井上光晴) 悠蔵の残したもの(小川国夫) 一家団欒(藤枝静男) ある朝いつもの時間(泉大八) 荒野より(三島由紀夫) 階段のあがりばな(小島信夫) 変幻(埴谷雄高) 空港風景(阿川弘之) 過去(中村真一郎) 花火を見るまで(武田泰淳) 大秘事(花田清輝) 一期一会(網野菊)
部分タイトル 第33(昭和43年版). 軽石(木山捷平) 雪の峠(佐多稲子) この白粉入れ(宇野千代) 鏡の中(石川淳) 健やかな日常(斎藤せつ子) 蛾(丹羽文雄) 別れた夫(三宅艶子) 雪間(丸山健二) 冬の虹(藤枝静男) 花の十字架(阿部光子) 待伏せ(石原慎太郎) 谷中清水町(円地文子) 赤鰭楼の後継者たち(井上光晴) 黄金の鋲(瀬戸内晴美) 丘の明り(庄野潤三) 愛の生活(金井美恵子) カクテル・パーティー(大城立裕) 秘密(平林たい子) 接触(島尾敏雄) ピケットライン(野口武彦) 走れ、走りつづけよ(大江健三郎) 旧友(三浦朱門) 気違ひマリア(森茉莉)
部分タイトル 第35(昭和45年版). 木の上の生活(安岡章太郎) 大いなる日(阿部昭) われらの狂気を生き延びる道を教えよ(大江健三郎) 嫉妬(後藤明生) 若菜(石川淳) 野菜売りの声(坂上弘) 時間(黒井千次) レクイエム(津島佑子) 骨の肉(河野多恵子) 哀れ(佐多稲子) 黒馬に新しい日を(小川国夫) 朝の悲しみ(清岡卓行) 《私》のいない夢(埴谷雄高) 深い海の底で(野口富士男) 妖怪譚(杉浦明平) 墓地で(古山高麗雄) 骨餓身峠死人葛(野坂昭如) われら青春の途上にて(李恢成) 円陣を組む女たち(古井由吉) 木登り(尾崎一雄) 地下道(網野菊) 紅い部屋(上林暁) 幼き者は驢馬に乗って(森内俊雄) 白い髪の童女(倉橋由美子)
出版年(W3CDTF) 1966
出版年(W3CDTF) 1970
件名(キーワード) 日本小説--小説集
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KH6
NDC 913.608
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで