サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

萩原朔太郎

日本文学研究資料刊行会 編

詳細情報

タイトル 萩原朔太郎
著者 日本文学研究資料刊行会 編
著者標目 日本文学研究資料刊行会
シリーズ名 日本文学研究資料叢書
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社有精堂出版
出版年月日等 1971
大きさ、容量等 309p ; 22cm
価格 1500円
JP番号 75007052
部分タイトル 萩原朔太郎論(伊藤信吉) 萩原朔太郎(伊藤整) 大正期詩壇の萩原朔太郎(伊藤整) 犀星と朔太郎の思ひ出(伊藤整) 萩原朔太郎-夢見る憂い顔の騎士(杉浦明平) 萩原朔太郎-日本のアウトサイダー(河上徹太郎) 現代と萩原朔太郎(保田与重郎) 詩人の将来(保田与重郎) 宿命をよみて(保田与重郎) 詩人(桑原武夫) 萩原朔太郎の庭見物(桑原武夫) 萩原朔太郎論(小野十三郎) 萩原朔太郎批判-詩壇に出た前後(深田甫) 「浄罪詩篇」の周辺(伊藤信吉) 萩原朔太郎君の詩(野口米次郎) 詩壇の一新著-詩集『月に吠える』を読む(日夏耿之介) 萩原朔太郎-音楽主義の旋律(日夏耿之介) 「月に吠える」制作期の萩原朔太郎(那珂太郎) 「月に吠える」制作期中の一時期について(那珂太郎)
部分タイトル 『月に吠える』のスタイル(岡田英雄) 『青猫スタイル』覚え書(安藤靖彦) 慷慨の詩に就て(山岸外史) 『詩の原理』の原理(三好達治) 蕪村の近代性-朔太郎の蕪村論をめぐって(佐藤泰正) 『虚妄の正義』解説(藤原定) 「日本への回帰」(篠田一士) 三木・萩原両氏の詩作態度を論ず(川路柳虹) 自由詩音律論-萩原君の論文を中心として(福士幸次郎) 萩原朔太郎氏の歌論に就いて(土屋文明) 萩原朔太郎-わが愛する詩人の伝記(室生犀星) 父・萩原朔太郎(萩原葉子) 朔太郎の三つの顔(慶光院芙沙子) 萩原朔太郎と前橋(渋谷国忠) 若き朔太郎と前橋(渋谷国忠) 朔太郎の時代(岡崎義恵) 萩原朔太郎(吉田精一) 萩原朔太郎研究の問題点(佐藤房儀) 解説(佐藤房儀) 萩原朔太郎研究参考文献
出版年(W3CDTF) 1971
件名(キーワード) 萩原, 朔太郎, 1886-1942
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC KG510
NDC 911.52
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで