サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

西域の虎 : 平安朝比較文学論集

川口久雄 著

詳細情報

タイトル 西域の虎 : 平安朝比較文学論集
著者 川口久雄 著
著者標目 川口, 久雄, 1910-1993
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社吉川弘文館
出版年月日等 1974
大きさ、容量等 374, 12p (図共) 図 ; 20cm
価格 2000円
JP番号 75000478
部分タイトル 研究篇 わが国物語ジャンルについての課題-N.I.コンラドの所説をめぐって 『源氏物語』の世界と外国文学,『源氏物語』における中国伝奇小説の影-『飛燕外伝』『飛燕遺事』『趙后遺事』を中心として,『宇津保物語』に投影した海外文学,平安前期の漢文学,清公の詩・遍昭のうた,『古今和歌集』と漢文学-「年のうちに春はきにけり」という歌について,『かげろふ日記』の書名についてー「かげろふ」の語義とその変遷,『李商隠雑纂』と『清少納言枕草子』について,『枕草子』の文体における俗文学的様式,『本朝文粋』『本朝続文粋』の世界,『本朝神仙伝』の神仙文学の流れ,『古本説話集』の比較文学的考察,平安後期漢文学における新潮流,日本漢文学史の展開
部分タイトル 訪書篇 アーサー・ウェイリーの生涯を貫く敦煌研究,アーサー・ウェイリーと中国-作家と外国・比較文学的考察,敦煌変文と敦煌画-ブリティッシュ・ミュジィーアムの思い出,西域の虎-敦煌画幻想 トマス・ハーディのくに・ドーセットの旅,チャルドン・チャーチ地獄変壁画,パリの敦煌写本-フランス国民図書館のことなど,エタムプの結婚式,エル・エスコリァル訪書紀行,アェギナの乱礁にてー和辻哲郎著『風土』,白夜のくに・熱砂のくに,孟姜女曲子・諸橋大漢和辞典-敦煌資料の旅ノート,白夜のみやこ・敦煌資料の旅-レニングラード東洋学研究所訪書記
出版年(W3CDTF) 1974
件名(キーワード) 日本文学--歴史--平安時代
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 敦煌
NDLC KG16
NDC 910.23
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで