サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

明治文学全集 78

詳細情報

タイトル 明治文学全集
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社筑摩書房
出版年月日等 1976
大きさ、容量等 480p ; 23cm
価格 3200円
JP番号 75000185
巻次 78
別タイトル 明治史論集. 2
部分タイトル 赤穂義士実話(重野安繹) 児島高徳(重野安繹) 平家物語源平盛衰記は誤謬多し(星野恒) 太平記は史学に益なし(久米邦武) 神道は祭天の古俗(久米邦武,田口鼎軒,倉持治休他) 上世年紀考(那珂通世) 史家としてのマルクス(坪井九馬三) 時勢とナポレオン(箕作元八) 日韓古史断より(吉田東伍) 歴史と人傑(白鳥庫吉) 倭女王卑弥呼考(白鳥庫吉) 歴史より観たる自殺特に情死(三上参次) 卑弥呼考(内藤虎次郎) 法隆寺金堂塔婆及中門非再建論(関野貞) 日本中世史第壱巻(原勝郎) 関野平子二氏の法隆寺非再建論を駁す(喜田貞吉) 国史之教育より(喜田貞吉) 天慶の乱を論ず(三浦周行)
部分タイトル 日本近世史第1巻上冊1(内田銀蔵) 史論の流行(津田左右吉) 武士道の淵源に就て(津田左右吉) 三味線の伝来(津田左右吉) 我が国日記の沿革を述べて馬琴翁の日記鈔に及ぶ(黒板勝美) セーリグマン教授の「歴史の経済的説明」(河上肇) 史学原序及目録・第1編(上・下)(G.G.ゼルフィー) 史学会雑誌編纂ニ付テ意見(ルドウィヒ・リース). 西洋史学の本邦史学に与へたる影響(今井登志喜) 思ひ出づるま丶(抄)(辻善之助) 還暦記念六十年之回顧より(喜田貞吉) 解題(松島栄一) 年譜(佐藤能丸,阿部恒久編) 参考文献(佐藤能丸,阿部恒久編) 明治史学年表(松島栄一編)
部分タイトル 明治史論集. 2 / 松島栄一 編
出版年(W3CDTF) 1976
NDLC KH6
NDC 918.6
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで