サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

維新変革における在村的諸潮流

鹿野政直, 高木俊輔 編著

詳細情報

タイトル 維新変革における在村的諸潮流
著者 鹿野政直, 高木俊輔 編著
著者標目 鹿野, 政直, 1931-
著者標目 高木, 俊輔, 1939-
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社三一書房
出版年月日等 1972
大きさ、容量等 479p ; 23cm
価格 3200円
JP番号 73006298
部分タイトル 草莽意識・「草莽崛起論」-維新変革の在村的諸潮流と関連して(高木俊輔) 化政期農村における民富論の形成-養蚕技術を中心に(杉仁) 幕末における政治的反乱と私塾-私塾の機能の一側面(小久保明浩) 幕末における「草莽崛起」の構造-文久三年、生野の乱を中心にして(高木俊輔) 加賀藩尊攘運動と安政の米騒動-一「草莽」の行動の分析を通じて(宮沢誠一) 幕末維新期における一知識人の軌跡-黒羽藩三田称平の場合(大町雅美) 世直しの思想と文明開化(鹿野政直) 西讃農民蜂起と小学校毀焼事件(石島庸男) 民権運動家と地域啓蒙-土居光華の思想と行動(長谷川権一) 民権運動の退潮と立憲改進党-福島地方を中心として(安在邦夫)
出版年(W3CDTF) 1972
件名(キーワード) 明治維新
NDLC GB421
NDC 210.61
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで