サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

鎌田博士還暦記念歴史学論叢

鎌田, 重雄, 1909-1969

詳細情報

タイトル 鎌田博士還暦記念歴史学論叢
著者標目 鎌田, 重雄, 1909-1969
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社鎌田先生還暦記念会
出版年月日等 1969
大きさ、容量等 660p 肖像 ; 22cm
価格 非売
JP番号 73002150
部分タイトル 盤庚三篇管見(石田千秋) 詩経の倫理-西周人倫考(近藤英雄) 左丘明伝説と史記-司馬遷における伝承処理の一傾向(今村城太郎) 漢の銅虎符と竹使符(大庭脩) 前漢の〓山郡について(久村因) 前漢の常平倉をめぐる諸問題(斎藤実郎) 劉永集団の形成と展開(木村正雄) 三国時代の国家観念と科法の尊重(宮川尚志) 蜀漢政権と豪族(榊原文彦) 梁職貢図の流伝について(榎一雄) 隋朝行台考(山崎宏) 隋唐革命管見(布目潮[フウ]) 唐代の給事中と封駮について(築山治三郎) 府兵制の変化と李林甫の政策(伊瀬仙太郎) 『南詔野史』の史料系統について(藤沢義美) bogu(bugu)qaranと匐倶(護雅夫) 宋代の醋(千葉[ヒロシ]) 金末の集賢院と益政院(三上次男) 『通制条格』と『元典章』(岡本敬二) 顔茂猷の思想について(酒井忠夫)
部分タイトル 崇徳の改元と大清の国号について(松村潤) 清代満漢官僚の仕途について(楢木野宣) 黄埔軍校以前の蒋介石(波多野善大) 論中国的君権(周道済) ロシアの東支鉄道建設について(立光隼人) 仰韶文化期における住居形態について(沢田大多郎) 在銘の百済古瓦〓について(軽部慈恩) 埴輪の発現と意義についての一試論(竹石健二) 遺骸埋葬施設位置の特異な高塚墳墓についての一考察(平沢一久) 駿河日吉廃寺発見の住居址について(山内昭二) 東国国分尼寺伽藍配置小考(坂詰秀一) 日本古代の尺度について(八幡一郎) 上代日中相互観(肥後和男) 惣領制補考(豊田武) 一族共同知行論(鈴木国弘) 君台観左右帳記について(甲斐鉄男)
部分タイトル 皆川氏の出自とその展開(日向野徳久) 戦国大名と領内国衆大名との関係-とくに後北条氏と武州吉良氏の場合について(実方寿義) 前田氏初期家臣団の構成-本座者と新座者について(蔵並省自) 会津暦(佐藤政次) 頼山陽の王安石評価に関する研究序論(東一夫) 分郷村における相給間の問題(鶴岡隆) 九州の俵物生産(荒居英次) 幕末政治史上における板倉勝静-徳川慶喜との関係を中心として(加藤義範) 明治維新政府の留学生対策-留学生規則の成立とその整備(渡辺実) 神岡鉱山における蓬莱社(後藤象二郎)の活動について(佐々木正勇) 明治憲法治下天皇の意志表明考(田中稔隆) いわゆる「庄川事件」の歴史的意義(福地重孝)
出版年(W3CDTF) 1969
件名(キーワード) 中国--歴史
件名(キーワード) 日本--歴史
NDLC GE241
NDLC GB71
NDC 222.004
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで