サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

民事訴訟の理論 : 中田淳一先生還暦記念 上

中務, 俊昌, 1922-1990,中田, 淳一, 1908-1970

詳細情報

タイトル 民事訴訟の理論 : 中田淳一先生還暦記念
著者標目 中務, 俊昌, 1922-1990
著者標目 中田, 淳一, 1908-1970
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社有斐閣
出版年月日等 1969
大きさ、容量等 368p 図版 ; 22cm
注記 編者: 中務俊昌等
価格 1800円
JP番号 72010611
巻次
部分タイトル わが国民事訴訟制度における転回点(染野義信) 訴訟当事者の概念と確定(伊東乾) 任意的訴訟担当の許容性(福永有利) 民訴71条の参加訴訟における判決の内容と効力に関する試論(小山昇) 不適法な訴訟上の相殺(石川明) オーストリーにおける訴訟物論争(木川統一郎) 訴の変更理論の再検討(中村英郎) 訴の客観的併合の一態様(小室直人) ドイツ民事訴訟法における証人無制限原則の成立(上田徹一郎) わが国の手形訴訟の特徴(松浦馨) 調停申立書の必要的記載事項(佐々木吉男) 現代ドイツ民事訴訟法における権利保護請求権の再生(カール・ハインツ・シヴァープ著 中務俊昌訳) 民事訴訟上の訴の体系についての覚書(ゲルハルト・リュケ著 中野貞一郎訳) 中田淳一先生略歴,主要著作目録
出版年(W3CDTF) 1969
件名(キーワード) 民事訴訟法
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC A781
NDC 327.2
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで