サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

現代日本の法思想

渡辺洋三, 利谷信義 編

詳細情報

タイトル 現代日本の法思想
著者 渡辺洋三, 利谷信義 編
著者標目 渡辺, 洋三, 1921-2006
著者標目 利谷, 信義, 1932-2019
著者標目 福島, 正夫, 1906-1989
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社日本評論社
出版年月日等 1972
大きさ、容量等 438, 12p 肖像 ; 22cm
注記 福島正夫先生還暦記念
価格 2900円
JP番号 72001720
部分タイトル 憲法の解釈者の立場-憲法解釈学批判(長谷川正安) 大学自治の理念構造-大学運営臨時措置法との関連において(高柳信一) 公害判例の現代的課題-富山イタイイタイ病判決と新潟水俣病判決の検討を通じて(清水誠) 現代家族法理論の一考察-いわゆる「私的保護法の理論」を中心として(利谷信義) 独占禁止法をめぐる思想の対立(富山康吉) 社会保障をめぐる論理の拮抗-支配の側の対応のしかたを中心に(小川政亮) 現代日本の労働法思想の基点と現状(宮島尚史) 民事訴訟における職権主義に対する史的一考察(江藤价泰) 戦後の刑事手続における当事者主義思想の展開(横山晃一郎) 現代日本の法思想(渡辺洋三等) 現代刑法の思想(吉川経夫等) 現代私法の思想(1)-入会権をめぐって(潮見俊隆等) 現代私法の思想(2)-家族と家族法をめぐって(利谷信義等) 現代司法の思想(潮見俊隆等) 福島正夫先生略歴・業績目録
出版年(W3CDTF) 1972
件名(キーワード) 法律学--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC AZ-121
NDC 321.21
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで