サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日本の法社会学 : 文献研究 法社会学論争

藤田勇, 江守五夫 編

詳細情報

タイトル 日本の法社会学 : 文献研究 法社会学論争
著者 藤田勇, 江守五夫 編
著者標目 藤田, 勇, 1925-
著者標目 江守, 五夫, 1929-2016
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社日本評論社
出版年月日等 1969
大きさ、容量等 332p ; 22cm
価格 1400円 (税込)
JP番号 72001519
部分タイトル 論争文献篇 労働法の特殊性と労働法学の課題(川島武宜) 法学の科学性(山中康雄) 法律社会学(戒能通孝) 法社会学の性格(杉之原舜一) 法社会学についての一考察(山中康雄) 法社会学における法の存在構造(川島武宜) 科学としての法学(杉之原舜一) 山中康雄著「市民社会と親族身分法」(書評)(戒能通孝) 法範疇の発展ということについて(山中康雄) 法学の科学としての限界についての一考察(山中康雄) マルクシズム法学と法社会学(長谷川正安) 法とは何か(杉之原舜一) 法律社会学における合法性と正当性(戒能通孝) マルクシズム法学の近況(長谷川正安) 法社会学の方法論を中心として(能倉武) 参考文献篇 民主主義と法認識(山中康雄) 法律の物神性(川島武宜) 法社会学の課題(石本雅男) 法社会学前進のために(民科政法律部会) 法社会学に対する疑問(細野武男) 川島武宜著「法社会学における法の存在構造」(書評)(法社会学懇談会) 傍観者の言葉(末弘厳太郎) 法社会学とはいかなる学問か(加藤新平) 法秩序の現実的構造(渡辺洋三) 解説・法社会学論争について(藤田勇,江守五夫)
出版年(W3CDTF) 1969
件名(キーワード) 法社会学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC A125
NDC 321.4
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで