サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

国際通貨の現状とその展開

国際経済学会 編

詳細情報

タイトル 国際通貨の現状とその展開
著者 国際経済学会 編
著者標目 国際経済学会
シリーズ名 国際経済 ; 第20号
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社日本評論社
出版年月日等 1969
大きさ、容量等 248p ; 21cm
価格 1200円
JP番号 70001960
部分タイトル 論説 ポンド問題(島野卓爾) 金の問題(三宅義夫) ドル(荒木信義) 国際短資問題-六〇年代国際短期資本移動の特質(岩野茂道) SDRの問題-意義とその性格(瀬尾芙巳子) 国際通貨の在るべき体制(渡辺太郎) 合同討論 国際通貨の現状とその展開 報告 アンクタッドの将来-その原理的考察(岡田睦美) 輸出と経済発展-工業化戦略の再検討(村上敦) プレビッシュ理論とその盲点(大原美範) 設備投資と輸出競争力(瀬岡吉彦) 国際資本移動を含む国際均衡(柴田裕) 要素比率理論再考(山沢逸平) アメリカの海外企業の資本調達-ユーロ・ダラー、ポンド・マーケットを中心として(江口雄次郎) 東欧経済改革の問題点と展望(沢田于一郎) 低開発国における地域決済機構(緒田原涓一)
部分タイトル 書評 О.И.タルノフスキー、Н.М.ミトロファノワ共著『社会主義世界市場における価値と価格』(名島修三) アクセル・ミッテルシュタット著『フランスの通貨政策-ポアンカレからリェエフまで』(山中豊国) 世界経済、国際関係研究所編『レーニンの帝国主義論と現代』(有賀定彦) 栗本弘著『アジアの経済成長』(菅沼澄) ヴィト・タンチ著『個人所得税と経済成長』-国際比較(一河秀洋)
出版年(W3CDTF) 1969
件名(キーワード) 国際通貨
NDLC DE171
NDC 338.97
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで