サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

光学技術ハンドブック

久保田広, 浮田祐吉, 会田軍太夫 編

詳細情報

タイトル 光学技術ハンドブック
著者 久保田広, 浮田祐吉, 会田軍太夫 編
著者標目 久保田, 広, 1910-1968
著者標目 浮田, 祐吉, 1912-1992
著者標目 会田, 軍太夫, 1900-1981
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社朝倉書店
出版年月日等 1975
大きさ、容量等 1298, 13p ; 22cm
注記 付: 文献
価格 15000円 (税込)
JP番号 69005812
増補版
出版年(W3CDTF) 1975
件名(キーワード) 光学器械
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 光学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDLC MC2
NDLC MC111
NDC 535.8
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

目次
 

  • 光学技術ハンドブック
  • 目次
  • 1. 光学技術史 曾田軍太夫
  • 1. 1.1 光学の発生 1
  • 1. 1.2 レンズの拡大力の思想 2
  • 1. 1.3 アルハゼンの光学 3
  • 1. 1.4 レンズの誕生 5
  • 1. 1.5 レンズの材料と研摩 8
  • 1. 1.6 レンズの基礎理論の誕生 14
  • 1. 1.7 望遠鏡の製作 16
  • 1. 1.8 光学ガラスの出現 20
  • 1. 1.9 19世紀から20世紀にいたる光学技術 25
  • 1. 1.10 最近の光学技術 30
  • 2. 光学の基礎
  • 2. 2.1 幾何光学 鈴木達朗 35
  • 2. 2.1.1 記号,符号 35
  • 2. 2.1.2 反射,屈折の法則 37
  • 2. 2.1.2 a. 垂直入射 37
  • 2. 2.1.2 b. 全反射,臨界角 37
  • 2. 2.1.3 理想的結像光学系 37
  • 2. 2.1.3 a. 射影変換,焦点 37
  • 2. 2.1.3 b. 焦点を原点とした結像公式:ニュートンの公式 38
  • 2. 2.1.3 c. 横倍率,縦倍率,主平面,主点 39
  • 2. 2.1.3 e. 主点を原点とした結像公式 40
  • 2. 2.1.3 d. 角倍率,節点 39
  • 2. 2.1.4 作図による像点の解法 40
  • 2. 2.1.5 望遠系の一般式 40
  • 2. 2.1.6 2個の光学系の組合せ 41
  • 2. 2.1.6 a. 結像公式,焦点,焦点距離 41
  • 2. 2.1.6 b. 望遠系 42
  • 2. 2.1.7 1個の球面による屈折 43
  • 2. 2.1.7 a. 結像公式 43
  • 2. 2.1.7 b. 主点,焦点,焦点距離 44
  • 2. 2.1.7 c. 像の作図法 45
  • 2. 2.1.7 d. 倍率 45
  • 2. 2.1.7 e. ラグランジューヘルムホルツの式 46
  • 2. 2.1.8 球面による反射 46
  • 2. 2.1.9 2個の屈折面からなる系,厚い単レンズ 46
  • 2. 2.1.10 両側の屈折率が等しい単レンズ 48
  • 2. 2.1.11 望遠系 48
  • 2. 2.1.12 2個のレンズの組合せ 49
  • 2. 2.1.13 薄いレンズ,レンズ系 51
  • 2. 2.1.14 多くの屈折面を持つ球面光堂系 53
  • 2. 2.1.15 絞り,主光線,入射瞳,射出瞳 55
  • 2. 2.1.16 口径比,口径蝕 57
  • 2. 2.1.17 収差 57
  • 2. 2.1.18 収差多項式 58
  • 2. 2.1.19 収差図形 58
  • 2. 2.1.19 a. 球面収差 58
  • 2. 2.1.19 b. コマ収差 59
  • 2. 2.1.19 c. 非点収差,像面弯曲 60
  • 2. 2.1.19 d. 歪曲収差 63
  • 2. 2.1.20 正弦条件 63
  • 2. 2.1.21 ハーシェルの条件 65
  • 2. 2.1.22 火面,最小錯乱円 66
  • 2. 2.1.23 色収差 67
  • 2. 2.1.24 薄肉レンズの色収差 68
  • 2. 2.1.24 a. 1枚の薄肉レンズ 68
  • 2. 2.1.24 b. 密着薄肉レンズ系 68
  • 2. 2.1.24 c. 分離した薄肉レンズ系 69
  • 2. 2.1.25 厚肉レンズの色収差 71
  • 2. 2.1.26 肉眼的色消,写真的色消,超色消 71
  • 2. 2.1.27 波面収差 72
  • 2. 2.1.28 参照球面中心位置の変更に伴なう波面収差の変化 74
  • 2. 2.1.28 a. 像点の縦移動 74
  • 2. 2.1.28 b. 像点の横移動 75
  • 2. 2.1.29 波面収差と光線収差 75
  • 2. 2.2 物理光学 縄田滋則 77
  • 2. 2.2.1 光波 77
  • 2. 2.2.1 a. 波動の正弦表示 77
  • 2. 2.2.1 b. 波動の複素表示 79
  • 2. 2.2.1 c. 球面波 80
  • 2. 2.2.1 d. 重ね合わせの原理 80
  • 2. 2.2.2 回折 81
  • 2. 2.2.2 a. Fraunhofer回折とFresnel回折 81
  • 2. 2.2.2 b. 回折像を求める一般式 82
  • 2. 2.2.2 c. N=2の場合(Youngの実験) 84
  • 2. 2.2.2 d. Nが大きい数の場合 85
  • 2. 2.2.2 e. 回折格子 85
  • 2. 2.2.2 f. 回折格子の分解能 86
  • 2. 2.2.3 単開口のFraunhofor回折 87
  • 2. 2.2.3 a. 単開口に対するKirchhoff積分 87
  • 2. 2.2.3 b. 単開口のFraunhofer回折 87
  • 2. 2.2.3 c. 円形単開口 88
  • 2. 2.2.3 d. 矩形単開口 89
  • 2. 2.2.3 e. 回折格子とMissing ordersの現象 91
  • 2. 2.2.3 f. 反射型回折格子 91
  • 2. 2.2.4 Fresnel回折 93
  • 2. 2.2.4 a. 矩形単開口 93
  • 2. 2.2.4 b. Babinetの原理 95
  • 2. 2.2.4 c. 円形単開口 96
  • 2. 2.2.4 d. Zone blate 197
  • 2. 2.2.5 Lateral coherenceとLongitudinal coherence 98
  • 2. 2.2.5 a. 準単色光源の場合の回折 98
  • 2. 2.2.5 b. Lateral coherence(Spatial coherenc) 98
  • 2. 2.2.5 c. van Cittert-Zernikeの定理 100
  • 2. 2.2.5 d. Michelson's steller interferomer 100
  • 2. 2.2.5 e. Longitudinal coherence(Temporal coherence) 101
  • 2. 2.2.6 偏光 102
  • 2. 2.2.6 a. 楕円,円,直線偏光 102
  • 2. 2.2.6 b. Stokes parameter 104
  • 2. 2.2.6 c. Stokes parameterの測定 106
  • 2. 2.2.6 d. Stokes parameterとPoincare球 107
  • 2. 2.3 像形成 109
  • 2. 2.3.1 コヒーレンスと像形成 辻内順平 109
  • 2. 2.3.1 (1) コヒーレンスの概念 109
  • 2. 2.3.1 a. 解析信号と相互コヒーレンス函数 109
  • 2. 2.3.1 b. 準単色光のコヒーレンス 110
  • 2. 2.3.1 (2) コヒーレンスの伝播 112
  • 2. 2.3.1 a. 広い光源で照明された面のコヒーレンス 112
  • 2. 2.3.1 b. コヒーレンスの伝播 114
  • 2. 2.3.1 c. 光源の像のコヒーレンス 114
  • 2. 2.3.1 d. 顕微鏡の照明と分解能 116
  • 2. 2.3.1 (3) 結像とコヒーレンス 118
  • 2. 2.3.1 a. 部分的コヒーレンスの結像 119
  • 2. 2.3.1 b. 透過物体の結像 121
  • 2. 2.3.1 (4) 近似的な取扱いー光学機械への応用 123
  • 2. 2.3.1 a. コントラストの小さい物体の結像 123
  • 2. 2.3.1 b. 有効光源の求め方 125
  • 2. 2.3.1 c. 光学機械における部分的コヒーレント結像 126
  • 2. 2.3.2 統計光学 宮本健郎 128
  • 2. 2.3.2 (1) 緒言 128
  • 2. 2.3.2 (2) 2次のコヒーレンス函数 128
  • 2. 2.3.2 (3) スペクトルによる表現 131
  • 2. 2.3.2 (4) 部分偏光 133
  • 2. 2.3.2 (5) 相互スペクトル純度 134
  • 2. 2.3.2 (6) 確率分布函数 134
  • 2. 2.3.2 (7) 4次の相関 136
  • 2. 2.3.2 (8) 部分偏光と強度相関 138
  • 2. 2.3.2 (9) 光電子計数の確率分布 138
  • 2. 2.3.2 (10) 熱的光とレーザー光のP(n,t) 139
  • 2. 2.3.2 (11) 光強度のゆらぎと光電子計数のゆらぎの関係 140
  • 2. 2.3.2 (12) 光電子計数の相関 142
  • 2. 2.3.2 (13) 光子のハンチング効果 142
  • 2. 2.3.2 (14) 過渡的重畳の現象 143
  • 2. 2.3.2 (15) 付記 144
  • 2. 2.3.3 フーリエ結像論 村田和美 145
  • 2. 2.3.3 (1) 点像とそのフーリェスペクトル 145
  • 2. 2.3.3 a. 点像の振幅分布および強度分布 145
  • 2. 2.3.3 b. 広がりのある物体とその像 147
  • 2. 2.3.3 c. フーリエスペクトルの写像 147
  • 2. 2.3.3 (2) レスポンス函数(Optical Transfer Function) 148
  • 2. 2.3.3 a. OTFの定義 148
  • 2. 2.3.3 b. OTFの1次元表示 149
  • 2. 2.3.3 c. OTFの図示 150
  • 2. 2.3.3 (3) 正弦波格子および矩形波格子の写像 151
  • 2. 2.3.3 a. 正弦波格子の像 151
  • 2. 2.3.3 b. 矩形波格子の像 153
  • 2. 2.3.3 (4) 瞳函数とOTFとの関係 154
  • 2. 2.3.3 a. コヒーレントな場合 154
  • 2. 2.3.3 b. インコヒーレントな場合 155
  • 2. 2.3.3 (5) OTFの計筑法(I)波動光学的方法 157
  • 2. 2.3.3 a. 波蝪光学適計算の基礎式 157
  • 2. 2.3.3 b. 数値計算法 157
  • 2. 2.3.3 c. 波面収差とOTF 158
  • 2. 2.3.3 (6) OTFの計算法(II)幾何光学的方法 159
  • 2. 2.3.3 a. 幾何光学的方法の基礎式 159
  • 2. 2.3.3 b. スポットダイアグラムによるOTFの計算 162
  • 2. 2.3.3 c. 簡単な2,3の例 162
  • 2. 2.3.3 (7)フーリエ理論による光学系の評価法 163
  • 2. 2.3.3 a. 多重光学系のOTF 163
  • 2. 2.3.3 b. OTF曲線による評価 164
  • 2. 2.3.3 c. OTFの値をパラメーターの函数として表示する方法 165
  • 2. 2.3.3 d. 単一評価尺度による評価法 165
  • 2. 2.3.3 (8) 光学雑音のフーリエ理論による取扱い 167
  • 2. 2.3.3 (9) 光学におけるサンプリングの定理 168
  • 2. 2.3.3 (10) フーリエ理論に関する諸公式 169
  • 2. 2.3.4 特殊な結像法 辻内順平 172
  • 2. 2.3.4 (1) Apodisation 172
  • 2. 2.3.4 (2) Super resolution 175
  • 2. 2.3.4 a. 瞳函数を変える方法 175
  • 2. 2.3.4 b. 像面絞りによる方法 176
  • 2. 2.3.4 c. 走査格子による方法 177
  • 2. 2.3.4 d. 偏光を利用する方法 178
  • 2. 2.3.4 e. 波長によるコード化を使う方法 179
  • 2. 2.3.4 (3) 低域フィルター 179
  • 2. 2.3.4 (4) 収差補償フィルター 180
  • 2. 2.3.5 光学像の処理 辻内順平 182
  • 2. 2.3.5 (1) 相関 182
  • 2. 2.3.5 (2) 空間周波数分析 185
  • 2. 2.3.5 (3) 空間周波数フィルタリング 187
  • 2. 2.3.5 a. 不鮮明段の鮮明化 187
  • 2. 2.3.5 b. 画像のS/N比の向上 190
  • 2. 2.3.5 (4) マスキング 191
  • 2. 2.3.5 a. 写真による方法 191
  • 2. 2.3.5 b. フォトトロビー物質による方法 192
  • 2. 2.3.5 c. けい光体の消光現象による方法 192
  • 2. 2.3.5 d. ハーシェル効果を利用する方法 192
  • 2. 2.3.5 e. フライングスポット管による方法 192
  • 2. 2.3.5 f. テレビジョンを利用する方法 193
  • 2. 2.3.5 g. ディジタル計算機による方法 194
  • 2. 2.3.5 (5) マッチトフィルタリング 195
  • 2. 2.3.5 (6) 光学像のコード化 197
  • 2. 2.3.5 a. 網版写真 197
  • 2. 2.3.5 b. オプチカルファイバーによる方法 198
  • 2. 2.3.5 c. テータ変調 198
  • 2. 2.3.5 d. ホログラム 199
  • 2. 2.3.6 ホログラフィ 辻内順平 200
  • 2. 2.3.6 (1) ホログラフィの原理 200
  • 2. 2.3.6 a. ガボール(Gabor)のホログラフィ 200
  • 2. 2.3.6 b. Leith & Upatnieksのホログラフィ 201
  • 2. 2.3.6 c. Denisyukの方法 203
  • 2. 2.3.6 d. ホログラフィの一般的取扱い 203
  • 2. 2.3.6 (2) ホログラフィの光学的特性 205
  • 2. 2.3.6 a. 結像公式 205
  • 2. 2.3.6 b. 収差 207
  • 2. 2.3.6 c. 結像特性 208
  • 2. 2.3.6 d. ホログラフィの特徴 209
  • 2. 2.3.6 (3) ホログラムの技術 211
  • 2. 2.3.6 a. 光源 211
  • 2. 2.3.6 b. 感光材料 212
  • 2. 2.3.6 c. ホログラフィ装置 214
  • 2. 2.3.6 (4) ホログラフィの応用 218
  • 2. 2.3.6 a. 画像の記録 218
  • 2. 2.3.6 b. 顕微鏡 222
  • 2. 2.3.6 c. 光学情報処理 223
  • 2. 2.3.6 d. 干渉分光への応用 224
  • 2. 2.3.6 e. 干渉測定 225
  • 2. 2.3.6 f. その他の測定 227
  • 2. 2.3.6 (5) インコヒーレントホログラム 228
  • 2. 2.3.6 a. フレネル帯板の影絵を作る方法 229
  • 2. 2.3.6 b. 干渉計を用いる方法 230
  • 3. 光学測定法
  • 3. A. 光学測定I 村田和美 233
  • 3. 3.1 レンズの諸定数の測定 233
  • 3. 3.1 3.1.1 光学側定台 233
  • 3. 3.1 3.1.2 焦点位置の測定 235
  • 3. 3.1 a. 焦点の定義 235
  • 3. 3.1 b. 眼視による焦点面の測定 236
  • 3. 3.1 c. 光申的な焦点面測定 237
  • 3. 3.1 d. 像点距離および機械的像点距離の測定 238
  • 3. 3.1 3.1.3 主点位置の測定 238
  • 3. 3.1 a. 焦点距離から決める方法 238
  • 3. 3.1 b. ノーダルスライド法 238
  • 3. 3.1 3.1.4 焦点距離の測定 240
  • 3. 3.1 a. 直接測定法 240
  • 3. 3.1 b. 結像関係係式を利用する方法 240
  • 3. 3.1 c. 焦点距離の収差を測定する方法 242
  • 3. 3.1 3.1.5 像の明るさの測定 243
  • 3. 3.1 a. 口径比の測定 243
  • 3. 3.1 b. 有効口径比の測定 244
  • 3. 3.1 c. 開口効率および画面照度比の測定 244
  • 3. 3.2 レンズの結像性能の測定 245
  • 3. 3.2 3.2.1 収差の測定 245
  • 3. 3.2 a. 光線収差の測定 245
  • 3. 3.2 b. 波面収差の測定 248
  • 3. 3.2 3.2.2 点像および線像の測定 250
  • 3. 3.2 a. 点像の測定 250
  • 3. 3.2 b. 線像の測定 251
  • 3. 3.2 3.2.3 解像力の測定 252
  • 3. 3.2 a. 光学測定台による方法 253
  • 3. 3.2 b. 撮影試験による方法 254
  • 3. 3.2 c. 投影試験による方法 254
  • 3. 3.3 レンズのOTFの測定 255
  • 3. 3.3 3.3.1 光学的フーリエ解析法 256
  • 3. 3.3 a. 測定の原理 256
  • 3. 3.3 b. 正弦波格子 257
  • 3. 3.3 c. 位相の測定 258
  • 3. 3.3 3.3.2 光学および電気的フーリエ解析法 260
  • 3. 3.3 a. 測定の原理 260
  • 3. 3.3 b. 矩形波格子を用いる測定法 261
  • 3. 3.3 c. 三角波格子を用いる測定法 262
  • 3. 3.3 3.3.3 電気的フーリエ解析法 263
  • 3. 3.3 a. 線像のフーリエ解析 263
  • 3. 3.3 b. エッジ像のフーリエ解析 264
  • 3. 3.3 3.3.4 自己相関法 265
  • 3. 3.3 a. トワイマン型干渉計による方法 265
  • 3. 3.3 b. 偏光型干渉計による方法 266
  • 3. 3.3 3.3.5 相互相関法 267
  • 3. 3.3 3.3.6 単一周波数におけるOTFの測定 267
  • 3. B. 光学測定II 270
  • 3. 3.4 屈折率の測定 斎藤弘義 270
  • 3. 3.4 3.4.1 一般的事項 270
  • 3. 3.4 3.4.2 屈折法則に基づく屈折率の測定 271
  • 3. 3.4 a. デュク・ド・ショルヌ法 271
  • 3. 3.4 b. 分光計を用いる方法 272
  • 3. 3.4 c. 全反射の臨界角から求める方法 273
  • 3. 3.5 干渉計による測定 斎藤弘義 275
  • 3. 3.5 3.5.1 一般的事項 275
  • 3. 3.5 3.5.2 干渉計用光源 276
  • 3. 3.5 3.5.3 千渉計の基本的型式 277
  • 3. 3.5 a. ヤングの複スリット 277
  • 3. 3.5 b. マイケルソン干渉計およびトワイマングリーン干渉計 278
  • 3. 3.5 c. マッハツェンダー干渉計 278
  • 3. 3.5 d. シャリング干渉計 279
  • 3. 3.5 e. コモン・パス干渉計 280
  • 3. 3.5 f. 偏光分割による干渉計 282
  • 3. 3.5 3.5.4 干渉測定の応用 283
  • 3. 3.5 a. 複スリット干渉の応用 283
  • 3. 3.5 b. 長さの測定 286
  • 3. 3.5 c. 多重光束干渉法 288
  • 3. 3.6 偏光の測定 斎藤弘義 291
  • 3. 3.6 3.6.1 一般的事項 291
  • 3. 3.6 3.6.2 偏光度の測定 292
  • 3. 3.6 a. Pile of plates compensator 292
  • 3. 3.6 b. サバール板を用いる方法 292
  • 3. 3.6 c. 回転検光子を用いた光電的測定 293
  • 3. 3.6 3.6.3 偏光状態の測定 294
  • 3. 3.6 a. 偏光状態の表わし方 294
  • 3. 3.6 b. 偏光測定の種別 295
  • 3. 3.6 3.6.4 方位偏光計(旋光計) 295
  • 3. 3.6 3.6.5 楕円偏光計 296
  • 3. 3.6 a. レーリー補償板 297
  • 3. 3.6 b. バビネおよびバビネーソレイエ補償器 297
  • 3. 3.6 c. セナルモン補償器 297
  • 3. 3.6 d. 半影装置 298
  • 3. 3.6 e. 回転補償器 298
  • 3. 3.6 3.6.6 光電式偏光計 299
  • 3. 3.6 a. 機械的変調を用いる方式 299
  • 3. 3.6 b. ファラデーセルを用いる方式 300
  • 3. 3.6 c. ホッケルスセルを用いた光電式ポラリメーター 302
  • 3. 3.6 3.6.7 偏光測定の応用 304
  • 3. 3.6 a. 偏光解析法 304
  • 3. 3.6 b. 光弾性実験法 305
  • 3. 3.7 モワレ縞応用 清水嘉重郎 307
  • 3. 3.7 3.7.1 光学的回折格子によるモワレ縞 308
  • 3. 3.7 3.7.2 実用上の問題点 311
  • 3. 3.7 a. 光源 311
  • 3. 3.7 b. 回折格子とその配置 311
  • 3. 3.7 c. 出射スリット幅 312
  • 3. 3.7 3.7.3 各種のモワレ縞応用 313
  • 4. 光源と測光
  • 4. 4.1 測光量とその単位 吉江清 315
  • 4. 4.1.1 放射束と光束 315
  • 4. 4.1.2 放射強度と光度 316
  • 4. 4.1.3 放射照度と照度,放射束発散度と光束発散度 318
  • 4. 4.1.4 点光源による照度 319
  • 4. 4.1.5 放射輝度と輝度 319
  • 4. 4.1.6 完全拡散面 320
  • 4. 4.2 完全拡散面の性質 吉江清 321
  • 4. 4.2.1 完全拡散面光源による照度 321
  • 4. 4.2.2 円板光源による照度 322
  • 4. 4.2.3 光錐体の定理 322
  • 4. 4.2.4 球光源による照度 323
  • 4. 4.2.5 立体角投射の定理 323
  • 4. 4.2.6 円板光源および球光源による照度 324
  • 4. 4.2.7 境界積分の定理 325
  • 4. 4.2.8 矩形光源による照度 325
  • 4. 4.2.9 等照度球面の定理 327
  • 4. 4.2.10 円板光源の軸外の点の照度 328
  • 4. 4.2.11 完全拡散面による相互反射 329
  • 4. 4.2.12 積分球内壁の照度 329
  • 4. 4.2.13 レンズによる像の照度 330
  • 4. 4.2.14 レンズによる像の輝度 333
  • 4. 4.3 光源 吉江清 334
  • 4. 4.3.1 温度放射とルミネッセンス 334
  • 4. 4.3.2 黒体 334
  • 4. 4.3.3 放射率とキルヒホッフの法則 336
  • 4. 4.3.4 色温度と分布温度 337
  • 4. 4.3.5 測光一次標準器 338
  • 4. 4.3.6 白熱電球 339
  • 4. 4.3.7 けい光ランプ 342
  • 4. 4.3.7 a. 構造と種類 342
  • 4. 4.3.7 b. 点灯方係式 344
  • 4. 4.3.7 c. けい光ランプの高効率化と高出力化 347
  • 4. 4.3.8 高圧水銀ランプ 348
  • 4. 4.3.8 a. 高圧水銀ランプの種類 348
  • 4. 4.3.8 b. 構造と点灯 350
  • 4. 4.3.9 その他の光源 351
  • 4. 4.3.9 a. ナトリウムランプ 351
  • 4. 4.3.9 b. キセノンランプ 351
  • 4. 4.4 測光 吉江清 352
  • 4. 4.4.1 電球の分布温度の測定 352
  • 4. 4.4.2 光度の測定 353
  • 4. 4.4.2 a. 距離の逆2乗則による方法 353
  • 4. 4.4.2 b. 受光器の光束対光電流特性を利用する方法 354
  • 4. 4.4.3 全光束の測定 354
  • 4. 4.4.4 照度の測定 355
  • 4. 4.4.5 同色測光と異色測光 355
  • 4. 4.4.6 分光測光による異色測光 356
  • 4. 4.5 レーザ 神山雅英 358
  • 4. 4.5.1 レーザ光の性質 358
  • 4. 4.5.2 気体レーザ 359
  • 4. 4.5.2 a. 気体レーザの発振波長 359
  • 4. 4.5.2 b. 気体レーザ光の諸性質 360
  • 4. 4.5.3 固体レーザ 362
  • 4. 4.5.3 a. ルビーレーザ 362
  • 4. 4.5.3 b. ガラスレーザ 363
  • 4. 4.5.3 c. YAGレーザ 364
  • 4. 4.5.4 半導体レーザ 367
  • 4. 4.6 けい(蛍)光,りん(燐)光 神山雅英 369
  • 4. 4.6.1 はじめに 369
  • 4. 4.6.2 けいりん光の励起と発光 370
  • 4. 4.6.2 a. 簡単な原理 370
  • 4. 4.6.2 b. ルミネッセンスの一般的性質 371
  • 4. 4.6.2 c. 実用的けいりん光体の例 372
  • 4. 4.6.3 電界発光 373
  • 4. 4.6.3 a. 電荷キャリア注入ルミネッセンス 374
  • 4. 4.6.3 b. ELランプ 374
  • 4. 4.7 オプトエレクトロニクス 神山雅英 375
  • 4. 4.7.1 はじめに 375
  • 4. 4.7.2 オプトエレクトロニクス 378
  • 4. 4.7.3 オプティカル・カップリング 381
  • 4. 4.7.4 レーザとオプトエレクトロニクス 384
  • 5. 色彩工学序説 日置隆一
  • 5. 5.1 はじめに 387
  • 5. 5.2 CIE表色系 388
  • 5. 5.2.1 混色系の基礎 388
  • 5. 5.2.2 RGB表色系 389
  • 5. 5.2.3 XYZ表色系 393
  • 5. 5.2.4 X10Y10Z10表色系 397
  • 5. 5.2.5 色の表示 398
  • 5. 5.2.5 a. 光源の色の表示 399
  • 5. 5.2.5 b. 物体の色の表示 399
  • 5. 5.2.5 c. 標準白色面 400
  • 5. 5.2.5 d. 標準照明 400
  • 5. 5.2.5 e. 主波長・刺激純度 402
  • 5. 5.3 UCS表色系 404
  • 5. 5.3.1 XYZ表色系の色度図 404
  • 5. 5.3.2 ジャッドのUCS表色系 404
  • 5. 5.3.3 マックアダムのUCS表色系 406
  • 5. 5.3.4 Scofield-Judd-Hunterのαβ色度図 410
  • 5. 5.4 ULCS表色系 410
  • 5. 5.4.1 マンセル表色系 411
  • 5. 5.4.2 アダムスのchromatic value系 412
  • 5. 5.4.3 ハンターのLab空間 414
  • 5.4.4 U*V*W*表色系 414
  • 5.4.4 5.5 色差 416
  • 5.4.4 5.5.1 色差のNBS単位 416
  • 5.4.4 5.5.2 CFEの色差式 417
  • 5.4.4 5.5.3 アダムスの色差式 417
  • 5.4.4 5.5.4 ハンターの色差式 417
  • 5.4.4 5.6 色温度 418
  • 5.4.4 5.6.1 黒体軌跡 418
  • 5.4.4 5.6.2 分布温度 419
  • 5.4.4 5.6.3 色温度 420
  • 6. 薄膜の技術 金原〓
  • 6. 6.1 はしがき 423
  • 6. 6.2 基本技術 423
  • 6. 6.2.1 真空蒸着 424
  • 6. 6.2.1 a. 蒸着装置 424
  • 6. 6.2.1 b. 排気系 427
  • 6. 6.2.1 c. 真空蒸着の特長 432
  • 6. 6.2.2 スパッタリング 433
  • 6. 6.2.2 a. スパッタリング法の原理と特長 433
  • 6. 6.2.2 b. 物理スパッタリング 435
  • 6. 6.2.2 c. 化学スパッタリング 437
  • 6. 6.2.3 その他の薄膜製作技術 437
  • 6. 6.2.3 a. 熱酸化法と陽極酸化法 437
  • 6. 6.2.3 b. 気相成長法 439
  • 6. 6.2.3 c. めっき法 439
  • 6. 6.2.4 膜厚測定技術 440
  • 6. 6.2.4 a. はしがき 440
  • 6. 6.2.4 b. 比色法 441
  • 6. 6.2.4 c. くり返し反射干渉法 441
  • 6. 6.2.4 d. 干渉色と光電測光法 442
  • 6. 6.2.4 e. 振動石英法とイオン電流法 444
  • 6. 6.2.4 f. その他の方法 445
  • 6. 6.2.5 基板の表面処理 446
  • 6. 6.2.5 a. はしがき 446
  • 6. 6.2.5 b. 洗剤処理 447
  • 6. 6.2.5 c. クロム酸法 447
  • 6. 6.2.5 d. 超音波洗浄法 447
  • 6. 6.2.5 e. イオン衝撃法 447
  • 6. 6.2.5 f. 一般的注意 448
  • 6. 6.3 光学用薄膜 448
  • 6. 6.3.1 波動としての光 448
  • 6. 6.3.1 a. 鏡 448
  • 6. 6.3.1 b. 反射防止膜 449
  • 6. 6.3.1 c. 干渉フィルター 450
  • 6. 6.3.1 d. 回折格子 451
  • 6. 6.3.1 e. 偏光子 451
  • 6. 6.3.1 f. 位相板 451
  • 6. 6.3.2 光子としての光 452
  • 6. 6.3.2 a. 光壷面 452
  • 6. 6.3.2 b. 光寵導 452
  • 6. 6.3.2 c. 光電池 453
  • 6. 6.3.2 d. EL 453
  • 6. 6.3.2 e. けい(蛍)光体 454
  • 6. 6.3.3 間接的利用法 454
  • 6. 6.3.3 a. 透明電導性薄膜 454
  • 6. 6.3.3 b. 保護膜 455
  • 6. 6.3.3 c. 非球面化 455
  • 6. 6.3.3 d. 装飾用 456
  • 7. 写真技術 編集・ 菊池真一
  • 7. 7.1 写真材料の特性 菊池真一 459
  • 7. 7.1.1 写真の特徴 459
  • 7. 7.1.1 a. 記録性 459
  • 7. 7.1.1 b. 眼の代用 459
  • 7. 7.1.1 c. 分光感度 460
  • 7. 7.1.1 d. 長さの測定 460
  • 7. 7.1.1 e. 光度の測定 460
  • 7. 7.1.2 銀塩写真感光層の構造 461
  • 7. 7.1.3 感光の原理 463
  • 7. 7.1.4 ハロゲン銀の分光感度と分光増感 464
  • 7. 7.1.5 写真材料の特性 466
  • 7. 7.1.6 各種の写真材料とその特性 467
  • 7. 7.2 現像・定着 本多健一 467
  • 7. 7.2.1 写真処理 467
  • 7. 7.2.2 現像 468
  • 7. 7.2.2 a. 現像の機構 468
  • 7. 7.2.2 b. 現像の進行 469
  • 7. 7.2.2 c. 現像の速度 469
  • 7. 7.2.2 d. カブリ 470
  • 7. 7.2.2 e. 物理現像 470
  • 7. 7.2.3 現像主薬およびその他の助剤 471
  • 7. 7.2.3 a. 現像主薬 471
  • 7. 7.2.3 b. 現像促進剤 472
  • 7. 7.2.3 c. 保恒剤 473
  • 7. 7.2.3 d. 抑制剤その他の添加剤 473
  • 7. 7.2.4 現像液処方および操作 473
  • 7. 7.2.4 a. 処法 473
  • 7. 7.2.4 b. 現像操作 473
  • 7. 7.2.4 c. 現像停止液 473
  • 7. 7.2.5 定着 474
  • 7. 7.2.5 a. 定着反応 474
  • 7. 7.2.5 b. 硬膜 474
  • 7. 7.2.5 c. 定着液処方 474
  • 7. 7.2.6 水洗 474
  • 7. 7.3 カラー写真材料 友田宜忠 474
  • 7. 7.3.1 カラー写真の諸方式 475
  • 7. 7.3.2 多層乳剤のカラー写真材料 475
  • 7. 7.3.2 a. 外型カラー写真材料と内型カラー写真材料 475
  • 7. 7.3.2 b. 多層乳剤カラー写真材料の構造 476
  • 7. 7.3.2 c. 反転カラー写真材料とネガポジ法カラー写真材料 476
  • 7. 7.3.2 d. 発色現像 479
  • 7. 7.3.2 e. 自動マスキング 482
  • 7. 7.3.3 拡散転写法カラー写真材料 484
  • 7. 7.3.4 銀色素漂白法カラー写真材料 485
  • 7. 7.3.5 色の対応しないカラー写真材料 485
  • 7. 7.3.5 a. 記録紙 486
  • 7. 7.3.5 b. 広露光域感光材料 486
  • 7. 7.3.5 c. X線,電子線写真 486
  • 7. 7.3.5 d. 航空用赤外カラー写真材料 486
  • 7. 7.3.5 e. マスク用カラーフィルム 486
  • 7. 7.4 非銀塩写真材料 菊池真一 486
  • 7. 7.4.1 非銀塩写真の発達とその分類 486
  • 7. 7.4.2 電子写真 487
  • 7. 7.4.2 a. 感度分布 488
  • 7. 7.4.2 b. 周辺効果とその除去法 488
  • 7. 7.4.2 c. 電子写真の特種形 489
  • 7. 7.4.2 d. PIP法 489
  • 7. 7.4.2 e. 放射線ゼログラフィ 489
  • 7. 7.4.3 ジアゾ写真法 490
  • 7. 7.4.4 感熱写真 493
  • 7. 7.4.5 感光性樹脂 494
  • 7. 7.5 マイクロ写真 小穴純 496
  • 7. 7.5.1 マイクロ写真の概略 496
  • 7. 7.5.1 a. 普通のマイクロ・フィルミング 497
  • 7. 7.5.1 b. 超マイクロ写真 498
  • 7. 7.5.2 マイクロ写真用の感光材料 498
  • 7. 7.5.3 マイクロ写真用の撮影レンズ 499
  • 7. 7.5.4 マイクロ写真の撮影機 501
  • 7. 7.5.5 ネガの撮影解像力 502
  • 7. 7.5.6 ネガ像の品位 503
  • 7. 7.6 映画技術 笹井明 505
  • 7. 7.6.1 映画の原理 505
  • 7. 7.6.2 カメラ(映画撮影機) 506
  • 7. 7.6.3 映画用フィルム 507
  • 7. 7.6.4 フィルムの現像処理 508
  • 7. 7.6.5 焼付 510
  • 7. 7.6.6 映写 511
  • 7. 7.6.7 撮影と編集 511
  • 8. レンズ設計
  • 8. 8.1 光線追跡に入るまで 丸山修治 513
  • 8. 8.1.1 曲面における光線の屈折と反射 513
  • 8. 8.1.1 a. 屈折と反射 513
  • 8. 8.1.1 b. 曲面の法線 514
  • 8. 8.1.1 c. 直角全反射プリズムの臨界角 514
  • 8. 8.1.2 ガウス領域における関係 514
  • 8. 8.1.2 a. 一つの球面による結像 514
  • 8. 8.1.2 b. 焦点距離・倍率 514
  • 8. 8.1.2 c. ラグランジュ・ヘルムホルツの式 515
  • 8. 8.1.2 d. 主要点とそれに関係した結像関係式 515
  • 8. 8.1.2 e. 任意の共役点を基準いとった結像関係式 517
  • 8. 8.1.2 f. 一つの球面および単レンズ 518
  • 8. 8.1.2 g. 近軸光線の追跡 519
  • 8. 8.1.2 h. 光路図 520
  • 8. 8.1.3 ザイデル領域における光学系の性質 521
  • 8. 8.1.3 a. ザイデル収差の式 521
  • 8. 8.1.3 b. ザイデル係数 523
  • 8. 8.1.3 c. δν,τνの意味 524
  • 8. 8.1.3 d. hν=0のときのザイデル係数 524
  • 8. 8.1.3 e. Qν=0のときのザイデル係数 525
  • 8. 8.1.3 f. Δ(1/ns)ν=0)のときのザイデル係数 525
  • 8. 8.1.3 g. 曲率の中心が入射瞳に共役な面 525
  • 8. 8.1.3 h. 頂点が入射瞳に共役な面 526
  • 8. 8.1.3 i. 二つの光学系の組口せ 527
  • 8. 8.1.3 j. 球面収差とコマの無い光学系 527
  • 8. 8.1.3 k. 球面収差・コマ・非点蚊差のない光学系 528
  • 8. 8.1.3 l. 一つの屈折球面 529
  • 8. 8.1.3 m. 平凸あるいは平凹レンズ 529
  • 8. 8.1.3 n. 単レンズの(1) 530
  • 8. 8.1.3 o. 単レンズの(2) 531
  • 8. 8.1.3 p. ツィンケン・ゾンマーの条件を満たす単レンズ 532
  • 8. 8.1.3 q. 同心の光学系 532
  • 8. 8.1.3 r. Αν,Γνブの符号 532
  • 8. 8.1.3 s. 薄いレンズの光学系 533
  • 8. 8.1.3 t. 平凸レンズの球面収差 534
  • 8. 8.1.3 u. 球面反射鏡の球面収差 535
  • 8. 8.1.3 v. 色収差 535
  • 8. 8.2 光線追跡以後 三宅和夫 536
  • 8. 8.2.1 光線追跡法 536
  • 8. 8.2.1 a. 符号の約束 536
  • 8. 8.2.1 b. 球面による屈折 537
  • 8. 8.2.1 c. 平面による屈折 537
  • 8. 8.2.1 d. つぎの面への移行その他 537
  • 8. 8.2.2 スキュー光線追跡 538
  • 8. 8.2.2 a. 記号の説明 538
  • 8. 8.2.2 b. 追跡式の算出 538
  • 8. 8.2.2 c. つぎの面への移行の式 539
  • 8. 8.2.2 d. 屈折の式 539
  • 8. 8.2.3 共軸非球面光学系の追跡 539
  • 8. 8.2.3 a. 共軸非球面の式 539
  • 8. 8.2.3 b. つぎの面への移行の式 540
  • 8. 8.2.3 c. 屈折の式 540
  • 8. 8.2.4 5次収差係数の計算 541
  • 8. 8.2.4 a.記号,符号に関する約束 541
  • 8. 8.2.4 b. 近軸光線追跡 541
  • 8. 8.2.4 c. 面固有収差係数の計算 542
  • 8. 8.2.4 d. 全系の収差係数と収差式 543
  • 8. 8.2.5 レンズの自動設計 544
  • 8. 8.2.5 a. 減衰最小自乗法 544
  • 8. 8.2.5 b. 境界条件の処理 546
  • 8. 8.2.5 c. グラッツェルの方法 547
  • 8. 8.2.5 d. 鈴木氏の方法 548
  • 8. 8.2.5 e. グレイの方法 550
  • 9. 光学材料と加工 編集・木下是雄
  • 9. 9.1 ガラスの物性 横田良助 551
  • 9. 9.1.1 ガラス状態とガラス化条件 551
  • 9. 9.1.2 ガラスの構造 554
  • 9. 9.1.3 ガラス構造の不均一性とスピノーダル分解 556
  • 9. 9.1.3 a. スピノーダル分解 556
  • 9. 9.1.3 b. 熱ゆらぎによる不均一性 558
  • 9. 9.1.4 転移域における緩和現象 559
  • 9. 9.1.5 ガラスの機械的性質 563
  • 9. 9.1.5 a. ガラスの弾性率 563
  • 9. 9.1.5 b. ガラスのマイクロプラスティシティ 563
  • 9. 9.1.6 ガラスの着色 564
  • 9. 9.1.6 a. 着色イオンによるもの 564
  • 9. 9.1.6 b. コロイドによる着色 565
  • 9. 9.1.6 c. 放射線による着色 565
  • 9. 9.1.6 d. 放射線による着色の防止法 566
  • 9. 9.1.6 e. 透過率自動可変ガラス 566
  • 9. 9.1.7 ファラデー回転能の大きいガラス 566
  • 9. 9.2 光学ガラス 泉谷徹郎 568
  • 9. 9.2.1 光学ガラスの発展 568
  • 9. 9.2.2 光学ガラスの屈折率,分散 568
  • 9. 9.2.3 光学ガラスの種類と組成 570
  • 9. 9.2.4 光学ガラスの特質 575
  • 9. 9.2.4 a. 着色 576
  • 9. 9.2.4 b. ヤケについて 576
  • 9. 9.2.4 c. 光学ガラスの研摩性について 579
  • 9. 9.2.5 むすび 580
  • 9. 9.3 光学ブゴラスの加工 塩見桂三,小林節郎 580
  • 9. 9.3.1 序説 580
  • 9. 9.3.1 a. 歴史 580
  • 9. 9.3.1 b. ガラスの特性 582
  • 9. 9.3.1 c. ガラス加工法の分類 582
  • 9. 9.3.1 d. 光学部品の加工工程 582
  • 9. 9.3.1 e. 光学部品の形状寸法 585
  • 9. 9.3.2 光学ガラス素材 585
  • 9. 9.3.2 a. 光学的性質 585
  • 9. 9.3.2 b. 加工的性質 586
  • 9. 9.3.2 c. 形状区分 588
  • 9. 9.3.2 d. 素材製造 588
  • 9. 9.3.3 プレス,切断 589
  • 9. 9.3.3 a. プレス 589
  • 9. 9.3.3 b. 切断 590
  • 9. 9.3.4 荒ずり研削 592
  • 9. 9.3.4 a. 球面の研削加工 592
  • 9. 9.3.4 b. 平面の研削加工 596
  • 9. 9.3.4 c. 研摩材 597
  • 9. 9.3.4 d. 球面平面の砂荒ずり 608
  • 9. 9.3.5 はりつけ 614
  • 9. 9.3.5 a. 皿工具 614
  • 9. 9.3.5 b. はりつけ剤 614
  • 9. 9.3.5 c. はりつけ作業 615
  • 9. 9.3.6 秒かけ作業 620
  • 9. 9.3.7 研摩,みがき 622
  • 9. 9.3.7 a. 研摩機 622
  • 9. 9.3.7 b. みがき皿,研摩皿 624
  • 9. 9.3.7 c. 研摩用ピッチ,みがき皿材料 625
  • 9. 9.3.7 d. 研摩剤 629
  • 9. 9.3.7 e. 研摩液 631
  • 9. 9.3.7 f. ガラスの研摩機構 631
  • 9. 9.3.7 g. 研摩作業 632
  • 9. 9.3.7 h. はがし,洗浄 634
  • 9. 9.3.8 部品検査 635
  • 9. 9.3.9 心取り 639
  • 9. 9.3.9 a. 心取り一般 639
  • 9. 9.3.9 b. ベルクランプ式自動心取機 640
  • 9. 9.3.9 c. 接着式手動,自動心取機 642
  • 9. 9.3.9 d. 併用式 642
  • 9. 9.3.9 e. 心取り検査 642
  • 9. 9.3.10 非球面の加工 643
  • 9. 9.3.10 a.概要 643
  • 9. 9.3.10 b.非球面の加工 643
  • 9. 9.3.11 ガラス目盛 653
  • 9. 9.3.11 a. 機械的方法 613
  • 9. 9.3.11 b. 化学的方法 657
  • 9. 9.3.11 c. 物理的方法 660
  • 9. 9.3.12 ガラスめっき法 660
  • 9. 9.3.12 a.化学的方法 660
  • 9. 9.3.12 b.物理的方法 662
  • 9. 9.3.13 コーティング 667
  • 9. 9.3.13 a. 単層膜反射防止 668
  • 9. 9.3.13 b. 多層膜反射防止 669
  • 9. 9.3.13 c. その他の反射防止膜 669
  • 9. 9.3.13 d. コーティング装置 670
  • 9. 9.3.13 e. 膜厚コントロール 670
  • 9. 9.3.14 バルサム作業 671
  • 9. 9.3.14 a. バルサム作業の目的 671
  • 9. 9.3.14 b. バルサムの準備 672
  • 9. 9.3.14 c. 光学接着剤の条件 672
  • 9. 9.3.14 d. 接着剤の種類 672
  • 9. 9.3.14 e. バルサム作業工程 672
  • 9. 9.3.14 f. バルサムの検査 672
  • 9. 9.4 光学系 大浦政弘 674
  • 9. 9.4.1 概論 674
  • 9. 9.4.2 光学結晶の育成 677
  • 9. 9.4.2 a. ブリッジマン法 677
  • 9. 9.4.2 b. チョクラルスキー法 677
  • 9. 9.4.2 c. ベルヌーイ法 678
  • 9. 9.4.2 d. 溶融法 678
  • 9. 9.4.3 光学的特性 679
  • 9. 9.4.4 他の物理化学的特性 684
  • 9. 9.4.5 光学結晶の加工方法 685
  • 9. 9.5 光学プラスチックス 谷田部善椎 688
  • 9. 9.5.1 プラスチックス 688
  • 9. 9.5.2 プラスチックス光学材料の利点 689
  • 9. 9.5.3 光学用に適するプラスチックス材料 690
  • 9. 9.5.4 加工法 692
  • 9. 9.5.4 a. 鋳造成形法 692
  • 9. 9.5.4 b. 圧縮成型法 693
  • 9. 9.5.4 c. 射出成形法 694
  • 9. 9.5.5 プラスチックスレンズの取扱い 694
  • 9. 9.6 フィルター 曾田軍太夫 695
  • 9. 9.6.1 フィルターとは 695
  • 9. 9.6.2 フィルターの種類 695
  • 9. 9.6.2 a. 二股写真用フィルター 695
  • 9. 9.6.2 b. 特殊フイルター 716
  • 9. 9.7 光学繊維 大頭仁 718
  • 9. 9.7.1 光学繊維 718
  • 9. 9.7.2 光学的性質 719
  • 9. 9.7.2 a. 開口数 719
  • 9. 9.7.2 b. 透過率 719
  • 9. 9.7.2 c. 像の伝達特性 721
  • 9. 9.7.2 d. 両端面の断面直径が異なる光学繊維 722
  • 9. 9.7.2 e. 繊維光学系の特徴 722
  • 9. 9.7.3 加工法 722
  • 9. 9.7.3 a. 素材 722
  • 9. 9.7.3 b. ロッド法 723
  • 9. 9.7.3 c. マルチプル・フフイバー法 724
  • 9. 9.7.3 d. 溶融法 725
  • 9. 9.7.3 e. 繊維の配列 725
  • 9. 9.7.4 応用 725
  • 9. 9.7.4 a. 可焼性の,長い繊維光学系 725
  • 9. 9.7.4 b. 板状あるいは棒状の繊維光学系 726
  • 9. 9.7.4 c. 両端面の配列を変えた繊維光学 727
  • 9. 9.7.4 d. その他 727
  • 10. 生理光学
  • 10. 10.1 視覚の物理 池田光男 729
  • 10. 10.1.1 可視域 729
  • 10. 10.1.2 比視感度の測定 730
  • 10. 10.1.2 a. 直接比較法 730
  • 10. 10.1.2 b. 順次法 730
  • 10. 10.1.2 c. フリッカー法 731
  • 10. 10.1.2 d. 閾値法 731
  • 10. 10.1.2 e. CIE比視感度 731
  • 10. 10.1.3 視覚系の感度測定の実際 732
  • 10. 10.1.3 a. 光の与え方 732
  • 10. 10.1.3 b. 瞳孔径の変化とスタイルズークロフォード効果 733
  • 10. 10.1.3 c. 光学系 735
  • 10. 10.1.3 d. 閾値の決定 736
  • 10. 10.1.4 閾値法による分光感度 736
  • 10. 10.1.4 b. 弁別閾値 737
  • 10. 10.1.5 視覚系の絶対感度 737
  • 10. 10.1.5 a. 光の知覚に必要な最小光量子数 737
  • 10. 10.1.5 b. 1個の程体を刺激するに必要な最小光量子数 739
  • 10. 10.1.6 順応光による感度の変化 739
  • 10. 10.1.7 暗順応曲泉 740
  • 10. 10.1.8 時間的に変化のある順応光下における感度の変化 741
  • 10. 10.1.9 視覚系の空間周波数特性 742
  • 10. 10.1.9 a. 閾値法 742
  • 10. 10.1.9 b. 比較法 743
  • 10. 10.1.9 c. マッハバンドを用いる方法 743
  • 10. 10.1.10 視覚系の時間周波数特性 745
  • 10. 10.2 眼の光学 中尾主一 747
  • 10. 10.2.1 眼(視器) 747
  • 10. 10.2.1 a. 定義 747
  • 10. 10.2.1 b. 眼球 747
  • 10. 10.2.1 c. 視路 747
  • 10. 10.2.1 d. 付属器 748
  • 10. 10.2.2 眼屈折 748
  • 10. 10.2.2 a. 定義 748
  • 10. 10.2.2 b. 模型眼 748
  • 10. 10.2.2 c. 球面屈折異常 749
  • 10. 10.2.2 d. 矯正眼 752
  • 10. 10.2.2 e. 調節 752
  • 10. 10.2.3 眼光学系(中間透光体)の光学常数 753
  • 10. 10.2.3 a. 涙液層 75
  • 10. 10.2.3 b. 角膜 753
  • 10. 10.2.3 c. 房水 754
  • 10. 10.2.3 d. 瞳孔 754
  • 10. 10.2.3 e. 水晶体 754
  • 10. 10.2.3 f. 硝子体 758
  • 10. 10.2.3 g. 眼軸長 759
  • 10. 10.2.4 網膜像 759
  • 10. 10.2.4 a. 視力 759
  • 10. 10.2.4 b. 眼球の収差 760
  • 10. 10.2.4 c. 拡散函数とOTF 760
  • 10. 10.2.4 d. 焦点深度 761
  • 10. 10.2.4 e. 屈折異常眼の矇輪と矇像 762
  • 10. 10.2.5 網膜の特性 763
  • 10. 10.2.5 a. 組織特性 763
  • 10. 10.2.5 b. スタイルブーグローブオード効果 764
  • 10. 10.2.5 c. 感光性視物質 765
  • 10. 10.2.5 d. 順応 765
  • 10. 10.2.5 e. 識別閾値と臨界融合頻度 767
  • 10. 10.2.5 f. 電気生理 767
  • 10. 10.2.6 両眼視 768
  • 10. 10.2.6 a. 眼球運動 768
  • 10. 10.2.6 b. 輻輳 769
  • 10. 10.2.7 視野 269
  • 10. 10.3 眼の光学的測定技術 大島祐之 771
  • 10. 10.3.1 眼の屈折度の検査 771
  • 10. 10.3.1 a. 自覚的方法 772
  • 10. 10.3.1 b. 他覚的方法 773
  • 10. 10.3.2 調節の測定 775
  • 10. 10.3.3 眼の屈折要素の測定 776
  • 10. 10.3.3 a. 角膜の曲率半径の測定 776
  • 10. 10.3.3 b. 水晶体の曲率半径の測定 778
  • 10. 10.3.3 c. 眼内の屈折面の位置の測定 778
  • 10. 10.3.3 d. 眼軸の長さの測定 779
  • 10. 10.3.3 e. 眼媒質の屈折率 779
  • 10. 10.3.4 眼の収差その他 779
  • 10. 10.4 光線による限障害 山地良一 780
  • 10. 10.4.1 有害光線 780
  • 10. 10.4.2 光の波長による種類と作用 780
  • 10. 10.4.3 眼組織の光の吸収,透過 781
  • 10. 10.4.3 a. 角膜 782
  • 10. 10.4.3 b. 房水 782
  • 10. 10.4.3 c. 水晶体 782
  • 10. 10.4.3 d. 硝子体 782
  • 10. 10.4.4 光による眼の障害 782
  • 10. 10.4.4 a. 紫外線による眼の障害 783
  • 10. 10.4.4 b. 可視光線による視の障害 783
  • 10. 10.4.4 c. 赤外線による眼の障害 783
  • 10. 10.5 眼鏡レンズ 曾田軍太夫 784
  • 10. 10.5.1 眼鏡レンズの屈折度 784
  • 10. 10.5.2 厚いレンズの屈折度 786
  • 10. 10.5.3 眼鏡レンズの種類 788
  • 10. 10.5.3 a. 球面レンズ 788
  • 10. 10.5.3 b. 円柱レンズ 789
  • 10. 10.5.3 c. トリック・レンズ 789
  • 10. 10.5.3 d. 多焦点レンズ 790
  • 10. 10.5.3 e. サイズ・レンズ 792
  • 10. 10.5.3 f. 白内隙レンズ 793
  • 10. 10.5.3 g. レンチクラール.レンズ 793
  • 10. 10.5.3 h. コンタクト・レンズ 793
  • 10. 10.5.3 i. 弱視レンズ 794
  • 10. 10.5.4 乱視矯正用レンズの種類 794
  • 10. 10.5.4 a. 単性レンズ 794
  • 10. 10.5.4 b. 複性レンズ 794
  • 10. 10.5.4 c. 混合性レンズ 795
  • 10. 10.5.4 d. 乱視レンズのつくり方 795
  • 10. 10.5.5 球面と円柱レンズをトリック・レンズに換算する理論 796
  • 10. 10.5.6 トリック面の公式 798
  • 10. 10.5.7 二つの円柱レンズを組合わせたときの屈折度 800
  • 10. 10.5.8 眼鏡レンズの収差 802
  • 10. 10.6 弱視レンズ 梶浦睦雄 805
  • 10. 10.6.1 遠用眼鏡 806
  • 10. 10.6.2 近用眼鏡 806
  • 10. 10.6.3 遠近両用 808
  • 10. 10.7 コンタクトレンズ 中島章 810
  • 10. 10.7.1 用途,種類 810
  • 10. 10.7.2 CL用材料 811
  • 10. 10.7.3 CLの構造,設計 812
  • 10. 10.7.4 CLの製造,規格 814
  • 10. 10.7.5 CLの検査 815
  • 10. 10.8 保護眼鏡 曾田軍太夫 818
  • 11. 光学機械
  • 11. 11.1 望遠鏡 小杉俊一 825
  • 11. 11.1.1 望遠鏡 825
  • 11. 11.1.2 望遠鏡の原理 825
  • 11. 11.1.2 a. ガリレイ望遠鏡とケプラー望遠鏡の原理 825
  • 11. 11.1.2 b. 地上望遠鏡の原理 826
  • 11. 11.1.2 c. 反射望遠鏡の原理 826
  • 11. 11.1.2 d. 内点式望遠鏡の原理 827
  • 11. 11.1.3 望遠鏡の性能 827
  • 11. 11.1.3 a. 倍率 827
  • 11. 11.1.3 b. 視界 827
  • 11. 11.1.3 c. 明るさと瞳径 828
  • 11. 11.1.3 d. 分解力 828
  • 11. 11.1.3 e. 双日長鏡による浮上り度 829
  • 11. 11.1.4 対物レンズと接眼レンズの形式と特徴 829
  • 11. 11.1.4 a. 対物レンズ 829
  • 11. 11.1.4 b. 接眼レンズ 829
  • 11. 11.1.5 望遠鏡の種類と特徴 830
  • 11. 11.1.5 a. 天体望遠鏡 830
  • 11. 11.1.5 b. 地上望遠鏡 831
  • 11. 11.1.5 c. 双眼鏡 831
  • 11. 11.1.5 d. 潜望鏡 833
  • 11. 11.1.6 検査 833
  • 11. 11.2 顕微鏡 官田尚一,早水良定 834
  • 11. 11.2.1 顕微鏡光学系の基本 834
  • 11. 11.2.1 a. 倍率 834
  • 11. 11.2.1 b. 入射瞳,射出瞳,主光線 835
  • 11. 11.2.2 顕微鏡の分解能 836
  • 11. 11.2.3 顕微鏡の焦点深度 837
  • 11. 11.2.3 a. 肉眼視の場合 837
  • 11. 11.2.3 b. 写真撮影の場合 838
  • 11. 11.2.4 顕微鏡対物レンズ 838
  • 11. 11.2.4 a. 対物レンズの種類 838
  • 11. 11.2.4 b. 同焦点および作動距離 838
  • 11. 11.2.4 c. 顕微鏡対物レンズの収差 839
  • 11. 11.2.5 接眼レンズ 846
  • 11. 11.2.5 a. 接眼レンズの種類 846
  • 11. 11.2.5 b. 接眼レンズの視野数 846
  • 11. 11.2.5 c. 接眼レンズの収差 847
  • 11. 11.2.6 顕微鏡の照明系 847
  • 11. 11.2.6 a. サブステージ・コンデンサー 848
  • 11. 11.2.6 b. クリティカル照明 849
  • 11. 11.2.6 d. 実際の照明 849
  • 11. 11.2.6 e. 暗視野照明 850
  • 11. 11.2.6 c. ケーラー照明 849
  • 11. 11.2.7 各種の顕微鏡 850
  • 11. 11.2.7 a. 生物顕微鏡 850
  • 11. 11.2.7 b. 金属顕微鏡 852
  • 11. 11.2.7 c. 位相差顕微鏡 853
  • 11. 11.2.7 d. 偏光顕微鏡 855
  • 11. 11.3 カメラ 中村重弥 858
  • 11. 11.3.1 カメラの種類とその付属品 858
  • 11. 11.3.1 a. カメラの種類 858
  • 11. 11.3.1 b. 付属品 860
  • 11. 11.3.2 一般用カメラの機構 861
  • 11. 11.3.2 a. カメラボデー 861
  • 11. 11.3.2 b. フィルム給送機構 861
  • 11. 11.3.2 c. 構図および焦点合せのための機構 863
  • 11. 11.3.2 d. シャッタ 868
  • 11. 11.3.2 e. 露出計 870
  • 11. 11.4 映画機械 橋本禎二 875
  • 11. 11.4.1 撮影機 876
  • 11. 11.4.1 a. 光学系 879
  • 11. 11.4.1 b. フィルム送り機構 881
  • 11. 11.4.1 c. 露光機構 882
  • 11. 11.4.2 映写機 884
  • 11. 11.4.2 a. 光学系 884
  • 11. 11.4.2 b. フィルムの送り機構 884
  • 11. 11.4.2 c. トーキー装置 886
  • 11. 11.4.3 編集機 886
  • 11. 11.4.4 スライド映写機 887
  • 11. 11.4.4 a. 照明系 889
  • 11. 11.4.4 b. スライド変換装置 889
  • 11. 11.4.4 c. 焦点装置 890
  • 11. 11.5 光学測定器 土井康弘 891
  • 11. 11.5.1 長さの測定器 891
  • 11. 11.5.1 a. 竪型測長器 891
  • 11. 11.5.1 b. 読取装置 892
  • 11. 11.5.1 c. 横型測長器 893
  • 11. 11.5.1 d. ハーフレクトーメタ 894
  • 11. 11.5.1 e. 光てこ式測長器 894
  • 11. 11.5.2 角度の測定器 895
  • 11. 11.5.2 a. 光学的角度定規 896
  • 11. 11.5.2 b. 光学式円形テーブル 896
  • 11. 11.5.2 c. 光学的割出合 896
  • 11. 11.5.2 d. 角度目盛測定装置 897
  • 11. 11.5.3 真直度の測定器 897
  • 11. 11.5.3 a. オートコリメータ 898
  • 11. 11.5.3 b. アラインメント望遠鏡 899
  • 11. 11.5.3 c. 光学的定規 899
  • 11. 11.5.3 d. アキシコン 900
  • 11. 11.5.4 輪郭形状の測定器 901
  • 11. 11.5.4 a. テレセントリック系 901
  • 11. 11.5.4 b. 投影検査器 902
  • 11. 11.5.4 c. 投影器の工作機械への応用 905
  • 11. 11.5.4 d. 断面投影器 905
  • 11. 11.5.4 e. 光切断裂里 905
  • 11. 11.5.5 工具の測定器 906
  • 11. 11.5.5 a. 工具顕微鏡 906
  • 11. 11.5.5 b. 工具顕微鏡の使用法 908
  • 11. 11.5.5 c. 万能測定顕微鏡 910
  • 11. 11.6 測量器械 丸安隆和 911
  • 11. 11.6.1 ランシット 911
  • 11. 11.6.2 ウイルド製セオドライト 912
  • 11. 11.6.3 スタジア測量 912
  • 11. 11.6.4 水平標尺による距離測定 912
  • 11. 11.6.5 レベル 912
  • 11. 11.6.6 テルロメーター 914
  • 11. 11.6.7 シオデメーター 914
  • 11. 11.6.8 真北測定用ジャイロ付経緯儀 915
  • 11. 11.6.9 写真測量用カメラ 916
  • 11. 11.6.9 a. 航空写真測量用カメラ 916
  • 11. 11.6.9 b. 地上写真測量用カメラ 916
  • 11. 11.6.10 偏わい修上機 916
  • 11. 11.6.11 写真測量用図化機 917
  • 11. 11.7 医用光学器械 霜島正 918
  • 11. 11.7.1 総論 918
  • 11. 11.7.1 a. 定義と分類 918
  • 11. 11.7.1 b. 共通の問題点 918
  • 11. 11.7.2 内視鏡 918
  • 11. 11.7.2 a. 概論 918
  • 11. 11.7.2 b. 硬性内視鏡 919
  • 11. 11.7.2 c. 軟性胃鏡 920
  • 11. 11.7.2 d. 胃カメラ 920
  • 11. 11.7.2 e. ファイバスコープを用いた内視鏡 920
  • 11. 11.7.3 眼科用光学器械 923
  • 11. 11.7.3 a. 検査診断用器械 923
  • 11. 11.7.3 b. 治療,手術用器械 927
  • 11. 11.7.4 手術用顕微鏡 929
  • 12. 分光機器 編集・ 吉永弘
  • 12. 12.1 分光法 藤田茂 931
  • 12. 12.1.1 プリズムによる分光法 931
  • 12. 12.1.1 a. プリズムの形状 931
  • 12. 12.1.1 b. プリズムの分散 931
  • 12. 12.1.1 c. プリズムによるスペクトル線の強度分布 932
  • 12. 12.1.1 d. 分解の限界と分解能 933
  • 12. 12.1.1 e. 明るさ 933
  • 12. 12.1.1 f. プリズムによるスペクトル線の巧曲 934
  • 12. 12.1.2 回折格子による分光法 953
  • 12. 12.1.2 a. 回折格子の種類 935
  • 12. 12.1.2 b. 回折格子の分散 937
  • 12. 12.1.2 c. 分解能 938
  • 12. 12.1.2 d. 回折格子によるスペクトル線の強度分布 938
  • 12. 12.1.2 e. グレーティング・アノーリー 940
  • 12. 12.1.2 f. ゴースト 941
  • 12. 12.1.2 g. 回折格子によるスペクトル線の弯曲 942
  • 12. 12.1.2 h. プリズムと回折格子の比較 942
  • 12. 12.1.3 マルチスリット分光法 943
  • 12. 12.1.3 a. ゴーレイの方式 943
  • 12. 12.1.3 b. シラードの方式 943
  • 12. 12.1.4 二光束干渉分光法 94
  • 12. 12.1.4 a. 原理,非周期的に光路差を変化させる場合 945
  • 12. 12.1.4 b. 装置函数 946
  • 12. 12.1.4 c. 明るさと分解能 947
  • 12. 12.1.4 d. 特殊な方法 948
  • 12. 12.1.5 ファブリペロー干渉計による分光法 949
  • 12. 12.1.5 a. 原理 949
  • 12. 12.1.5 b. 装置函数 950
  • 12. 12.1.5 c. 明るさと分解合 951
  • 12. 12.1.5 d. スペクトルの走査法 952
  • 12. 12.1.5 e. 反射膜 953
  • 12. 12.1.5 f. 球面ファブリペロー干渉計 954
  • 12. 12.1.6 特殊な分光法 955
  • 12. 12.1.6 a. SISAM 955
  • 12. 12.1.6 b. PEPSIOS 957
  • 12. 12.1.7 分光法の比較 957
  • 12. 12.1.7 a. 明るさ 957
  • 12. 12.1.7 b. 分解能と信号対雑音比の関係 958
  • 12. 12.2 赤外光学素子・極紫外光学素子 960
  • 12. 12.2.1 赤外光学素子 三石明善 960
  • 12. 12.2.1 a. 光源 960
  • 12. 12.2.1 b. 光学材料 962
  • 12. 12.2.1 c. フィルター 969
  • 12. 12.2.1 d. 偏光器 974
  • 12. 12.2.1 e. 検出器 976
  • 12. 12.2.2 極紫外光学素子 中井祥夫 996
  • 12. 12.2.2 a. 極紫外光源 996
  • 12. 12.2.2 b. 極紫外光学材料 1005
  • 12. 12.2.2 c. 極紫外検出器 1007
  • 12. 12.3 測光方式とデータ処理 南茂夫 1014
  • 12. 12.3.1 吸収・反射スペクトルの測定と方式 1015
  • 12. 12.3.1 a. 分光光度計と信号処理 1015
  • 12. 12.3.1 b. 赤外域分光光度計の測光方式 1019
  • 12. 12.3.1 c. 可視・紫外域分光光度計の測光方式 1020
  • 12. 12.3.1 d. 光学活性物質の分光測定と方式 1021
  • 12. 12.3.2 発光スペクトルの測定と方式 1024
  • 12. 12.3.2 a. 発光分光分析における測光方式 1024
  • 12. 12.3.2 b. 分光放射の測定と方式 1025
  • 12. 12.3.2 c. けい(蛍)光およびラマン散乱光の測光 1026
  • 12. 12.3.3 時間分解分光測光の方式 1028
  • 12. 12.3.3 a. 繰返し現象のサンプリング法による測光 1028
  • 12. 12.3.3 b. 単発現象の測光法 1029
  • 12. 12.3.3 c. 高速走査分光光度計の測光方式 1030
  • 12. 12.3.4 分光測光とデータ処理 1031
  • 12. 12.3.4 a. 分光測光に用いられるAーD変換法 1032
  • 12. 12.3.4 b. 測光データの函数変換 1034
  • 12. 12.3.4 c. 測光精度とデータ処理 1037
  • 12. 12.4 分光器 1042
  • 12. 12.4.1 極紫外分光器 鈴木範人 1042
  • 12. 12.4.1 a. 凹面回折格子 1042
  • 12. 12.4.1 b. 分光写真器 1046
  • 12. 12.4.1 c. 真空紫外単色計 1050
  • 12. 12.4.1 d. 真空系と差圧排気 1057
  • 12. 12.4.2 可視紫外域分光機器 遠山健次郎 1059
  • 12. 12.4.2 a. 分光器の基本形 1059
  • 12. 12.4.2 b. 吸収スペクトル測定用分光機器 1067
  • 12. 12.4.2 c. 発光スペクトル測定用分光機器 1077
  • 12. 12.4.2 d. その他の分光機器 1084
  • 12. 12.4.3 赤外域分光装置 山崎敏勝 1088
  • 12. 12.4.3 a. プリズム赤外分光装置 1089
  • 12. 12.4.3 b. 回折格子赤外分光装置 1093
  • 12. 12.4.3 c. 遠赤外分光装置 1098
  • 12. 12.4.3 d. 干渉分光装置 1101
  • 12. 12.4.3 e. 高速記録赤外分光装置 1104
  • 12. 12.4.3 f. 特殊装置 1106
  • 13. 宇宙光学
  • 13. 13.1 気象光学 正木光 1109
  • 13. 13.1.1 まえがき 1109
  • 13. 13.1.2 大気中の異常屈折に巣づく現象 1109
  • 13. 13.1.3 虹,光環,量 1110
  • 13. 13.1.4 エアロゾルによる光の散乱と吸収 1112
  • 13. 13.1.5 野外物体の見かけの輝度,色,対比の距離による変化と視程 1117
  • 13. 13.1.6 大気中における光の吸収,地上における太陽の放射照度 1121
  • 13. 13.2 スペース・オプティックス 岩田稔 1123
  • 13. 13.2.1 宇宙開発と宇宙工学 1123
  • 13. 13.2.1 a. 宇宙開発の意義 1123
  • 13. 13.2.1 b. 宇宙開発の歴史 1124
  • 13. 13.2.1 c. 宇宙科学および宇宙工学の成立 1124
  • 13. 13.2.1 d. 宇宙開発用機器および衛星などの搭載機器に要求される特質 1125
  • 13. 13.2.2 スペース・オプティックスとは 1127
  • 13. 13.2.2 a. スペース・オプティックスの対象 1127
  • 13. 13.2.2 b. 高速飛翔体の光学計測 1127
  • 13. 13.2.2 c. 人工衛星などに搭載する観測用光学機器 1129
  • 13. 13.2.2 d. 宇宙における光通信 1130
  • 13. 13.2.2 e. 人工衛星などのエネルギー源に関する問題 1131
  • 13. 13.2.3 宇宙分光学 1132
  • 13. 13.2.3 a. 前説 1132
  • 13. 13.2.3 b. 太陽の紫外部および極端紫外部の分光学 1132
  • 13. 13.2.3 c. ロケット搭載の分光器 1133
  • 13. 13.2.3 d. 人工衛星搭載の光学機器 1136
  • 13. 13.2.4 人工衛星などの動力源 1137
  • 13. 13.2.4 a. 長寿命の人工衛星などの動力源 1137
  • 13. 13.2.4 b. 太陽電池 1137
  • 13. 13.2.4 c.Solar Concentrator 1138
  • 13. 13.2.5 おわりに 1140
  • 増補・目次
  • 1. 最近の光学技術 曾田軍太夫
  • 1. 1.1 光学技術からオプトエレクトロニクスへ 1145
  • 1. 1.2 誘導放出の発想 1145
  • 1. 1.3 誘導放出の実現 1146
  • 1. 1.4 アッベの結像理論から情報技術へ 1146
  • 1. 1.5 レーザー光技術と光学繊維技術の発展 1147
  • 1. 1.6 電気光学材料の開発の向上 1149
  • 1. 1.7 むすび 1149
  • 2. 光学像の処理 辻内順平
  • 2. 2.1 ホログラフィックフィルタリング 1150
  • 2. a. 光学的マッチトフィルタリング 1151
  • 2. b. コード変換 1152
  • 2. c. デコンボリューション 1152
  • 2. d. 加減算 1153
  • 2. 2.2 インコヒーレントマッチトフィルタリング 1154
  • 2. 2.3 搬送波写真 1155
  • 2. a. 単一周波数一次元格子 1155
  • 2. b. ランダム搬送波写真 1157
  • 3. ホログラフィー 辻内順平
  • 3. 3.1 ホログラフィックメモリー 1160
  • 3. a. ホログラフィックメモリーの形成 1160
  • 3. b. ホログラフィックメモリーの記憶容量 1161
  • 3. c. 多重記録とホログラフィックメモリー 1164
  • 3. d. ホログラフィックメモリーの実用 1170
  • 3. 3.2 ホログラフィー干渉 1172
  • 3. a. ホログラフィー干渉 1172
  • 3. b. 透過位相物体の測定 1173
  • 3. c. 物体表面の変形の測定 1173
  • 3. d. 振動の測定 1176
  • 3. e. 形状の比較 1179
  • 3. 3.3 ホログラム記録材料 1180
  • 3. a. ハロゲン化銀感光材料 1180
  • 3. b. 重クロム酸ゼラチン 1131
  • 3. c. フォトレジスト 1182
  • 3. d. サーモプラスチック 1182
  • 3. e. その他の感光材料 1183
  • 4. レーザー 宅間宏
  • 4. 4.1 波長可変レーザー 1188
  • 4. a. 波長可変レーザーの分類 1188
  • 4. b. 色素レザー 1188
  • 4. c. 光パラメトリック発振器 1190
  • 4. d. スピンフリップ・ラマンレーザー(SFRレーザ) 1194
  • 4. e. 半導体ダイオードレーザー 1195
  • 4. 4.2 紫外線レーザー 1195
  • 4. 4.3 高出力レーザー 1196
  • 4. a. CO2レーザー 1197
  • 4. b. 化学レーザー 1198
  • 4. c. 高出力ガラスレーザー 1199
  • 5. オプトエレクトロニクス 宅間宏
  • 5. 5.1 光検出器とその使い方 1201
  • 5. a. 光電管 1201
  • 5. b. 光電子増倍管 1204
  • 5. c. 半導体ダイオード 1209
  • 5. 5.2 撮像管とその応用 1212
  • 5. a. シリコン・ターゲット・ビジコン 1212
  • 5. b. ビジコンの分光学への応用 1213
  • 5. 5.3 高速イメージ管とその応用 1215
  • 6. 非銀塩写真材料 菊池真一,鋤柄光則
  • 6. 6.1 ホトクロミズム (追加) 1217
  • 6. a. 有機系ホトクロミック材料 1217
  • 6. b. 無機系ホトクロミック材料 1219
  • 6. 6.2 液晶 1219
  • 6. a. 液晶の電気工学効果 1220
  • 6. b. 液晶の熱光学効果 1221
  • 7. 光学結晶 大浦政弘,富田勝彦
  • 7. 7.1 概要ーその後の発展ー 1223
  • 7. 7.2 光学結晶育成法の発展 1223
  • 7. a. チョクラルスキー法 1224
  • 7. b. エピタキシャル法 1224
  • 7. c. ゾーン溶融法 1224
  • 7. d. 透明セラミックス製作法 1224
  • 7. 7.3 オプトエレクトロニクスとしての特性 1225
  • 7. 7.4 光学結晶の新しい加工方法 1230
  • 7. a. 結晶方位の決定法 1230
  • 7. b. 切断 1232
  • 7. c. 研摩 1232
  • 7. d. 平面度の検査 1233
  • 7. e. 平行度の検査 1233
  • 8. 光学繊維 大頭仁
  • 8. 8.1 追補にあたって 1234
  • 8. 8.2 ガラス素材 1234
  • 8. 8.3 紫外・赤外用ガラス素材 1237
  • 8. 8.4 プラスチック光学繊維 1239
  • 8. 8.5 集束性光学繊維 1241
  • 8. 8.6 単モード伝送用光学繊維 1243
  • 8. 8.7 おわりに 1245
  • 9. 望遠鏡 小杉俊一
  • 9. 9.1 プリズム 1247
  • 9. a. プリズムの作用 1247
  • 9. b. プリズムの種類 1248
  • 9. c. プリズムの誤差 1250
  • 9. 9.2 望遠鏡の変倍方式 1254
  • 9. a. 対物レンズ変倍式 1254
  • 9. b. 正立レンズ変倍式 1254
  • 9. c. 接眼レンズ変倍式 1255
  • 9. d. バローレンズ 1255
  • 9. 9.3 天体望遠鏡の集光力と極限等級 1255
  • 9. 9.4 主要な天体望遠鏡 1256
  • 10. カメラ 中村重〓
  • 10. 10.1 写真レンズ 1259
  • 10. a. 写真レンズの構成タイプ 1259
  • 10. b. 写真レンズの特性 1259
  • 10. c. 写真レンズの明るさ 1268
  • 11. スペース・オプティックス 西恵三
  • 11. 11.1 はじめに 1271
  • 11. 11.2 太陽スペクトル観測用高分散分光系 1271
  • 11. a. エシェルーグレーティング分光系 1272
  • 11. b. エシェルーファブリペロー干渉分光系 1272
  • 11. c. バルーン搭載用収差除去分光系 1272
  • 11. 11.3 狭帯域(単色)太陽像観測用光学系 1273
  • 11. a. 凹面回折格子による方法 1273
  • 11. b. ピンホールおよびzone plateによる方法 1273
  • 11. c. 斜入射型結像系 1274
  • 11. d. 真空紫外領域スペクトロヘリオグラフ 1274
  • 11. e. コロナグラフ 1276
  • 11. 11.4 太陽系以外の天体観測 1277
  • 11. a. 高分散紫外領域分光計 1277
  • 11. b.OAO-2 1277
  • 11. 11.5 おわりを 1279
  • 索引 1281

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで