サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

大トルストイ全集 第1-22巻

原久一郎 訳

詳細情報

タイトル 大トルストイ全集
著者 原久一郎 訳
著者標目 Tolstoy, Leo, 1828-1910
著者標目 原, 久一郎, 1890-1971
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社中央公論社
出版年月日等 1936-1939
大きさ、容量等 22冊 図版 ; 19cm
JP番号 55002960
巻次 第1-22巻
部分タイトル 第1巻 生ひ立ちの記・その他(昭和14) 生ひ立ちの記 A幼年時代,B少年時代,C青年時代,最初の記憶,幼年時代の追憶,地主の朝,悪魔 第2巻 初期中篇・短篇集 上(昭和11) コサック,侵入,森林伐採,陣中の邂逅,二人の驃騎兵,ゲーム取りの手記,セワストーポリ 第3巻 初期中篇・短篇集 下(昭和11) 結婚生活の幸福,吹雪,三つの死,ルッエルン,アリベルト,ホルストメール,チホンとマラーニヤ,牧歌,ポリクーシカ,ピョートル一世,十二月党の人々 第4巻 戦争と平和 第1(昭和12) 第5巻 戦争と平和 第2(昭和12) 第6巻 戦争と平和 第3(昭和13) 戦争と平和,「戦争と平和」に就いて数語す 第7巻 アンナ・カレーニナ 上(昭和11) 第8巻 アンナ・カレーニナ 下(昭和11)
部分タイトル 第9巻 後期中・短篇集(昭和12) クロイツエル・ソナタ,イワーン・イリッチの死,祈り,コルネイ・ワシーリエフ,苺,何の為に? スラアトの喫茶店,神のわざと人のわざ,誰が正しいか,浮浪人との対話,報いる大地,村の歌,思ひがけなく,高くつく,三つの譬へ話 フランスアーザ,因果応報,四十年間,閑人閑語,主人と下男,光あるうち光の中を歩め 第10巻 復活(昭和11) 第11巻 戯曲集(昭和12) 闇の力,酒のはじまり,生ける屍,文明の果実,殿様が乞食になつた話,パン屋のピョートル,感染した家庭,ニヒリスト,すべてのもと,光は闇に輝く
部分タイトル 第12巻 民話童話寓話集(昭和13) 人は何で生きるか,人間には土地がたんと要るか,二老人,鶏卵大の穀粒,悔悟する罪人,イワーンの馬鹿,火をほつたらかすと,愛あるところに神もおはす,蝋燭,悪魔の子分が麺麭の耳に対するへまの償ひをした話,教子,三人の隠者,三人の息子,作男エメリヤンと空太皷. 少年物語 コーカサスの捕虜 他58篇. 寓話 蛇の頭と尻尾 他31篇. 少年科学物語 物理学の話,動物学の話,植物学の話,子供の智恵-対話21篇 第13巻 遺稿集(昭和13) ハツヂ・ムラート,壷のアリヨーシャ,狂人の手記,二人の旅人,「母の物語」の序,母の手記,愛は如何にして滅びるか,夢に見たこと,科学談,長老フョードル・クズミーチの遺稿,舞踏会の後,神父ワシーリイ,世に罪人はない 鶉,ハドゥインカ,村の三日間,オアシス,ロシアの兵士達の死に方,昨日の話,修道僧イシードル,木の皮屋根の蜜蜂の巣の相異る二つの歴史,殺害者は誰か,もう一人の娘ワーレニカが忽ち大人になつた話,裁判所について,神父セールギイ,贋造利札
部分タイトル 第14巻 信仰探求四大著述(昭和13) 懺悔,要約聖書,教養神学の批判解剖,我が信仰の要 第15巻 人生問題・宗教問題・主要論文(昭和14) さらば吾等そも何を為すべきか? 人生論,サマーラの饑饉に就いて,饑民救済の方法に就いて,恐ろしい問題,饑饉を報ずるの書,窮乏に喘ぐ民衆の只中にて,饑民救済の最後の報告に対する未発表の結論,饑饉か否か? 「露西亜新報」編輯局に与ふる書 第16巻 芸術・教育論集(昭和13) 教育論集 公衆に 他17篇. 芸術論 シェークスピヤ及び戯曲に就いて,芸術論
部分タイトル 第17巻 宗教・人生問題論集(昭和15) 希臘の哲人ソクラテス,流水,賢しき少女,パスカル,ラメネ,ピョートル・ヘリチーツキイ,仏陀,宗教とその真髄,悪を以て悪に抗する勿れ 基督の教,宗教と道徳,十二使徒によつて伝へられた主の教,第一段階,無為,緑の杖,自己完成に就いて,トルストイズムに就いて,トルストイ協会に就いて,恥ぢるがよい,自己を信ぜよ,ボンダリョーフに就いて,自殺に就いて,意志の自由に就いて,四海の同胞に愬ふ,神に仕ふべきか、はた黄金に仕ふべきか? 大悟一番すべき秋である! 一月十二日の文化祭,何故に人は、己れを麻痺させるか? 愛し合へ,愛の要求,霊的本源の自覚に就いて,果してさうでなければならないか? モスクワの民勢調査について,有効な手段. 附録:トルストイ年譜
部分タイトル 第18巻 永生の道(昭和11) 第19巻 一日一善 上(昭和12) 第20巻 一日一善 下(昭和12) 第21巻 日記(昭和11) 最後の年の日記,自分だけの日記,1910年譜. 宗教論 唯一の手段 他9篇 第22巻 書簡(昭和12) 諸家への書翰,妻に与へた書翰,初恋の手紙
出版年(W3CDTF) 1936
出版年(W3CDTF) 1939
NDC 988
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで