サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

岩波講座日本文学史 第1-8巻

詳細情報

タイトル 岩波講座日本文学史
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社岩波書店
出版年月日等 1958-1959
大きさ、容量等 8冊 ; 21cm
JP番号 65004599
巻次 第1-8巻
部分タイトル 第1巻 古代 [第1] 英雄の物語(高木市之助) 柿本人麿(西郷信綱) 古今集と古今集以後(窪田敏夫) 物語文学の発生(風巻景次郎) 源氏物語(今井源衛) 古代説話文学(益田勝実) 古代宮廷生活と女性(佐藤謙三) 第2巻 古代 [第2] 初期万葉(田辺幸雄) 憶良と旅人(高木市之助) 古代貴族の精神(家永三郎) 仮名文字・仮名文の創始(大野晋) 物語文学の展開(南波浩) 芸能の歴史(池田弥三郎) 第3巻 古代 [第3] 日本神話と歴史(川崎庸之,石母田正) 風土記の世界(吉野裕) 呪祷文学(倉野憲司) 古代歌謡(土橋寛) 赤人と家持(五味智英) 古代の和歌と漢詩(佐山済) 枕草子(秋山虔) 古代の日記・紀行文学(今井卓爾) 古代文学の発想と主題(高崎正秀) 第4巻 中世 [第1] 中世仏教と中世文学-仏教と文学・唱導文芸(斎藤清衛,菊地良一) 方丈記と徒然草(永積安明) 中世の日記・紀行文学(石田吉貞) 中世歌論(久松潜一) 中世歌謡(吾郷寅之進) 世阿弥(西尾実) 絵巻物と文学(武者小路穣)
部分タイトル 第5巻 中世 [第2] 中世における都市と農村の文化(林屋辰三郎) 語りもの文芸(富倉徳次郎) 平家物語と太平記(谷宏) 西行・実朝(窪田章一郎) 連歌の形成と展開(木藤才蔵) 中世の演劇(戸井田道三,小山弘志) キリシタン文学(森田武) 第6巻 中世 [第3] 中世文学の成立(永積安明) 中世説話文学(西尾光一) 中世物語の展開(市古貞次) 歴史物語と史論(松本新八郎) 新古今の世界(西郷信綱) 心敬・宗祇(荒木良雄) 五山文学(奈良岡康作) 中世末期の文学(荒木繁) 中世文学における美意識の展開(西尾実) 第7巻 近世 [第1] 初期俳諧(板坂元) 蕪村と暁台(栗山理一) 仮名草子(暉峻康隆) 古浄瑠璃(角田一郎) 江戸町人文学(水野稔,鵜月洋) 近世儒者の文学観(中村幸彦) 第8巻 近世 [第2] 蕪村以後(中村俊定) 近松の芸術(広末保) 上田秋成(森山重雄) 江戸戯作の末路(興津要) 歌舞伎(郡司正勝) 国学(平野仁啓) 近世小説と插絵(渋井清)
出版年(W3CDTF) 1958
出版年(W3CDTF) 1959
件名(キーワード) 日本文学--歴史
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDC 910.2
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで