サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

自我と無我 : インド思想と仏教の根本問題

中村元 編

詳細情報

タイトル 自我と無我 : インド思想と仏教の根本問題
著者 中村元 編
著者標目 中村, 元, 1912-1999
出版地(国名コード) JP
出版地京都
出版社平楽寺書店
出版年月日等 1963
大きさ、容量等 719, 66p ; 23cm
JP番号 63006400
部分タイトル インド思想一般から見た無我思想(中村元) インド思想一般における問題 古ウパニシャッドのアートマン観-「ブリハッド・アーラヌヤカ・ウパニシャッド」一・四研究(高崎直道) 宿命論・無因論・有神論と仏教の批判(雲井昭善) ジャイナ教の我論(宇野惇) サーンキヤ体系におけるプルシャの概念(山口恵照) ニヤーヤ学派におけるアートマンの問題(宮坂宥勝) バガヴァッド・ギーターにおけるアートマンの概念(原実) イーシュヴァラ・ギーターにおけるアートマンの概念(瓜生津隆真) 仏教における問題 無我と主体-自我の縁起的理解,原始仏教を中心として(平川彰) ミリンダパンハーにおける我と無我の論点(早島鏡正) 倶舎論における我論-破我品の所説(桜部建) 中論における無我の論理-第十八章の研究(梶山雄一) 真理綱要における我論批判-ミーマーンサー学派の想定する我の考察(服部正明) 唯識思想よりみたる我論(勝呂信静) 西洋哲学における自我思想とアートマン思想との比較 古代より中世へ(川田熊太郎) 近世哲学とアートマン思想(玉城康四郎)
出版年(W3CDTF) 1963
件名(キーワード) インド思想
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
件名(キーワード) 仏教
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDC 129
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで