サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

日本文学の全貌 第1分冊

中部国文学会 編

詳細情報

タイトル 日本文学の全貌
著者 中部国文学会 編
著者標目 中部国文学会
出版地(国名コード) JP
出版地名古屋
出版社愛知書院
出版年月日等 1951
大きさ、容量等 126p ; 22cm
JP番号 57009901
巻次 第1分冊
部分タイトル 総論 国文学と比較文学(高木市之助) 日本文学と人間形成(久松潜一) 各論 詩歌俳諧 記紀の歌謡(倉野憲司) 古代歌体論-四句体歌の問題(田辺幸雄) 長歌論(岡部政裕) 平安朝和歌(小沢正夫) 中世以降の和歌(久徳高文) 連歌論(萩原羅月) 俳諧論「をかし」の文学としての俳諧(各務虎雄) 近代詩論-近代詩鷲掴み(神田秀夫) 現代俳句概観(清水孝之) 物語小説 物語文学論-物語文学の本質と王朝小説の推移(石川徹) 歴史物語論(松村博司) 軍記物語論-所謂軍記物語について(釜田喜三郎) 中世小説論(中島馨) 江戸時代小説(岡部美二二) 明治の小説-北村透谷と封建性(江口彰次) 大正の小説(大矢武師) 昭和の小説-戦後文学概観(近藤一一) 日記随筆 日記随筆論-日記文学の性格(池田亀鑑) 中世日記紀行随筆文学(石津純道) 近世の日記文学(真下三郎) 戯曲演劇 謡曲の幽玄性(早川甚三) 狂言の源流(田中充) 操から歌舞伎へ(高野正己) 元禄の江戸歌舞伎(守随憲治) 江戸歌舞伎の芸脈(岩沙慎一) 新劇運動-築地小劇場の位置(永平和雄)
出版年(W3CDTF) 1951
件名(キーワード) 日本文学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDC 910.4
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで