サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

万葉集講座 第4巻 (作家篇)

久松潜一 等監修

詳細情報

タイトル 万葉集講座
著者 久松潜一 等監修
著者標目 久松, 潜一, 1894-1976
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社創元社
出版年月日等 1952
大きさ、容量等 272p ; 19cm
JP番号 57009698
巻次 第4巻 (作家篇)
部分タイトル 万葉集の作家総説(久松潜一) 著名歌人・無名作家(森本治吉) 万葉作家の社会性(風巻景次郎) 紀名・祝詞の万葉作家への影響(倉野憲司) 万葉集の皇室歌人(次田真幸) 人麿評価の一系譜(五味保義) 額田王(阿部静枝) 持統天皇と大伯皇女(北畠志保子) 高市連黒人(松村英一) 山上憶良(岡山巌) 高橋虫麻呂(藤森朋夫) 山部赤人(北住敏夫) 大伴坂上郎女(五島美代子) 家持の妻(長沢美津) うかれめの群(藤原杏子) 防人の歌(竹内金治郎) 東人と万葉集の東歌(福田良輔).万葉作家論 万葉風歌人としての好忠・実朝・為兼(実方清) 真淵・宗武・魚彦(上田英夫) 元義と言道(中村正爾) 子規・節・佐千夫(福田清人) 赤彦・茂吉(近藤芳美). 万葉集年表
出版年(W3CDTF) 1952
件名(キーワード) 万葉集--叢書
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDC 911.12
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで