サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

支那学論叢 : 高瀬博士還暦記念

高瀬博士還暦記念会 編

詳細情報

タイトル 支那学論叢 : 高瀬博士還暦記念
著者 高瀬博士還暦記念会 編
著者標目 高瀬, 武次郎, 1868-1950
著者標目 高瀬博士還暦記念会
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社弘文堂書房
出版年月日等 1931 2版
大きさ、容量等 853p 図版 表 地図 ; 26cm
JP番号 54007109
部分タイトル 孔孟紀年(新城新蔵) 支那に於ける仏道二教の暗闘(松本文三郎) 沈[エイ]の「南九宮十三調曲譜」と蒋孝の「九宮」「十三調」二譜(青木正児) 宋儒新註書の伝来と其普及(大江文城) 儒教的存在論に就いて(田辺元) 南朝貴族制の一面(岡崎文夫) 六国年表訂誤(武内義雄) 散氏盤地名考(小川琢治) 明学概論(本田成之) 伊藤仁斎に於ける古義思想の発展とその上に立つ教育思想(加藤仁平) 呂東莱(秋月胤継) 明末の三教関係(小柳司気太) 藤樹蕃山二氏の神道説を論じて神道大義の著者に及ぶ(高橋後乗) 筮法鄙見(日名静一) 遼金南京燕京故城疆域攷(那波利貞)
部分タイトル 印度支那語族に於ける支那語(高畑彦次郎) 中江藤樹と其の教育(加藤盛一) 新しき支那と古き支那(中村久四郎) 河図洛書に就いて(福島俊翁) 釁と盟詛の歃血とに就いて(佐藤広治) 慶暦正学派(安井小太郎) 尚書巻 第七洪範第六古訓(吉沢義則) 左氏弁(狩野直喜) 後漢中葉後の世相の一面に就いて(橋本循) 唐明律の比較(桑原隲蔵) 周公彝釈文(内藤虎次郎) 熊沢蕃山と吉利支丹禁制(新村出) 黄爵滋及び林則徐の鴉片奏議に就いて(矢野仁一) 清初の王学者唐鋳万(小島祐馬) 呉梅村年譜(鈴木虎雄)
出版年(W3CDTF) 1931
件名(キーワード) 中国学
Ajax-loader 関連キーワードを取得中..
NDC 122
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで