サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

芥川竜之介全集 第1-10巻

芥川, 竜之介, 1892-1927

詳細情報

タイトル 芥川竜之介全集
著者標目 芥川, 竜之介, 1892-1927
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社岩波書店
出版年月日等 昭和9-10
大きさ、容量等 10冊 ; 19-20cm
注記 普及版
JP番号 46076898
巻次 第1-10巻
部分タイトル 第1巻 老年 青年と死 ひよつとこ 仙人 羅生門 鼻 孤独地獄 父 虱 酒虫 野呂松人形 芋粥 猿 手巾 煙草と悪魔 煙管 MENSURA ZOILI 運 尾形了斎覚え書 道祖問答 忠義 貉 世之助の話 偸盗 さまよへる猶太人 二つの手紙 或日の大石内蔵之助 片恋 戯作三昧 西郷隆盛 首が落ちた話 袈裟と盛遠 蜘蛛の糸 第2巻 地獄変 開化の殺人 奉教人の死 るしへる 枯野抄 犬と笛 邪宗門 毛利先生 あの頃の自分の事 開化の良人 きりしとほろ上人伝 蜜柑 沼地 竜 疑惑 路上 じゆりあの・吉助 魔術 葱 鼠小僧次郎吉 舞踏会 第3巻 秋 黒衣聖母 或敵打の話 女 素戔嗚尊 老いたる素戔嗚尊 南京の基督 杜子春 捨児 影 お律と子等と 秋山図 山鴫 奇怪な再会 アグニの神 妙な話 往生絵巻 母 好色 藪の中 俊寛
部分タイトル 第4巻 将軍 神神の微笑 トロツコ 報恩記 仙人 庭 一夕話 六の宮の姫君 魚河岸 お富の貞操 おぎん 百合 三つの宝 雛 猿蟹合戦 二人小町 おしの 保吉の手帳から 白 子供の病気 お時儀 あばばばば 一塊の土 不思議な島 糸女覚え書 三右衛門の罪 伝吉の敵打ち 金将軍 或恋愛小説 文章 寒さ 少年 文放古 桃太郎 十円札 第5巻 大導寺信輔の半生 早春 馬の脚 春 温泉だより 海のほとり 尼提 湖南の扇 年末の一日 カルメン 三つのなぜ 春の夜 点鬼簿 悠々荘 彼 彼第二 玄鶴山房 蜃気楼 河童 誘惑 浅草公園 たね子の憂鬱 古千屋 冬と手紙と 三つの窓 歯車 闇中問答 或阿呆の一生 或旧友へ送る手記
部分タイトル 第6巻 西方の人 続西方の人 十本の針 侏儒の言葉 文芸的な、余りに文芸的な 僻見 芭蕉雑記 今昔物語に就いて 明治文芸に就いて 文壇小言 小説作法十則 小論文 5篇 雑纂 17篇 「文芸講座」 2篇 講演 3篇 補遺 第7巻 支那游記 小品 50篇 紀行 4篇 観劇記 9篇 日記抄 6篇 追憶 本所両国 凶 鵠沼雑記 補遺 第8巻 点心 本の事 雑筆 骨董羮 支那の画 野人生計事 続野人生計事 澄江堂雑記 わが家の古玩 人物記 26篇 雑記 25篇 序跋 15篇 書籍批評 11篇 雑爼 26篇 補遺 15篇 第9巻 詩歌 翻訳 8篇 未定稿・断片 第1,2 手記其他 初期の文章 4篇 補遺 第1至3 年譜 別稿 2篇 第10巻 書簡集
出版年(W3CDTF) 1934
出版年(W3CDTF) 1935
NDC 918
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで