サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

時事問題名士演説 第1,2,4集

辻岡文助 編

詳細情報

タイトル 時事問題名士演説
著者 辻岡文助 編
著者標目 辻岡, 文助, -1905
出版地(国名コード) JP
出版地東京
出版社金松堂
出版年月日等 明26
大きさ、容量等 2冊 (合本) ; 19cm
注記 自由党大演説傍聴筆記
JP番号 41019200
巻次 第1,2,4集
部分タイトル 第1集 元勲諸公の責任(星亨) 敢て内閣大臣に告ぐ(河野広中) 吾怪まず又疑はず(立川雲平) 施政の方針を評す(山田東次) 査定案の方針(斎藤珪次) 革新の大政(金森通倫) 帝国の軍備(江原素六) 敢て与論の公裁を仰がん(竜野周一郎) 内閣の決心如何(青木匡) 政治(角田真平) 我が国家を如何せんとする乎(加藤政之助) 現内閣の為に惜む(丸山名政) 決闘論(井上哲次郎)
部分タイトル 第2集 百怪満目(高木正年) 改革の実を挙ぐるを得る乎(浅香克孝) 政治家の常道(加藤政之助) 弊政改革(大津淳一郎) 井上時代伊藤時代(高田早苗) 大衝突の原因結果を論ず(尾崎行雄) 過去の事蹟未来の希望(島田三郎) 自由党に於て(板垣退助) 第五議会に対する吾人の覚悟(星亨) 殖民協会に於て(榎本武揚) 墨西哥探検談(恒屋盛服) 千島拓植事業に就て(郡司成忠) 日濠航通策(稲垣万次郎) 第4集 官民の衝突(山田東次) 伊藤内閣の改革(山口熊野) 実業と政治の関係(塩田奥造) 競争世界(山田泰造) 実業家に於ける改革の影響(滝口市次郎) 元勲内閣の責任(金森通倫) 実業家の責任(星亨) 第四回内国勧業大博覧会開設に付て(西村捨三)
出版年(W3CDTF) 1893
NDC 310
対象利用者 一般
資料の種別 図書
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで