サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 図書

長野県職員録 明治16年2月28日改

長野県/編

詳細情報

タイトル 長野県職員録
著者 長野県/編
出版年月日等 1883.
大きさ、容量等 1冊
大きさ、容量等 12×20cm
注記 「信州デジタルコモンズ」で公開 https://www.ro-da.jp/shinshu-dcommons/library/02BK0103513008
注記 明治16年2月28日改訂の長野県職員録には、県令・従5位新潟県士族大野誠と大書記官・従6位山口県士族鳥山重信をはじめとして、以下3等属から10等属までの長野県職員の名簿が並列される。その後に、警察本署・監獄本署・警察署(長野・松本・飯田・上諏訪・大町・岩村田・飯山・福島)及び監獄署の職員名が掲載される。合計で284人の職員数であった。内、奏任官は3人、判任官は142人で、雇は64人であった。雇は全職員の約22パーセントにあたった。そのあとに、長野県郡吏職員録が記載される。南佐久郡から下水内郡役所までの16郡役所であり、郡吏等級は8等官相当の郡長と10から17等官相当の郡書記に分かれる。さらに、最後尾に長野県師範学校・医学校職員表が続く。師範学校長は東京府平民能勢栄であり、医学校長は肥田野畏三郎である。
巻次 明治16年2月28日改
出版年(W3CDTF) 1883-00
件名(キーワード) 長野県-名簿
NDC(9版) N280.3 :
NDC(9版) N283 :
NDC(9版) N317 :
資料の種別 図書

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで