サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

徳川綱誠所用 縞麻羽織について

神谷, 榮子

詳細情報

タイトル 徳川綱誠所用 縞麻羽織について
著者 神谷, 榮子
注記 This striped ramie haori in Tokugawa Art Museum was used by Tsunanari, the third clan master of the TOKUGAWA family of Owari (1652– 1699). The author's conclusion is that it is a work made in the Genroku Era (1688-1704) with cloth from Okinawa. If so, it is very precious becausealmost no examples of striped or kasuri cloth from seventeenth century Okinawa remain. The entire piece and details are shown in Pls. I, II and III, and figs. 1 and 2. Figs. 3 to 11 are nineteenth century examples of striped cloth and kasuri cloth kept by the SHŌ family, the former lord family of Okinawa.
別タイトル Striped Ramie Haori Used by Tsunanari Tokugawa
出版年(W3CDTF) 1983-06-30
件名(キーワード) 徳川綱誠所用縞麻羽織(愛知 徳川美術館蔵)
件名(キーワード) Striped Ramie Haori Used by Tokugawa Tsunanari, Tokugawa Art Museum, Aichi
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌名 美術研究 = The bijutsu kenkyu : the journal of art studies
掲載巻 324
掲載ページ 30-36
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

著作権処理情報

著作者名 著作権状態 裁定年月日
CC BY-NC-ND

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで