サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

ドクダミ茶の採取時期における無機構成成分

光崎 龍子,坂口 和子,光崎 研一,高木 敬彦,森 真弓,鈴木 啓子

詳細情報

タイトル ドクダミ茶の採取時期における無機構成成分
著者 光崎 龍子
著者 坂口 和子
著者 光崎 研一
著者 高木 敬彦
著者 森 真弓
著者 鈴木 啓子
別タイトル Inorganic components in dokudami (Hulluynis cordala) tea at different growth stages
著者別名 Kohzaki Ryoko
著者別名 Sakaguchi Kazuko
著者別名 Kohzaki Kenichi
著者別名 Takagi Yukihiko
著者別名 Mori Mayumi
著者別名 Suzuki Keiko
出版年(W3CDTF) 1999-11-20
件名(キーワード) ドクダミ
件名(キーワード) 無機成分
件名(キーワード) 総ぼう
件名(キーワード) 採取時期
件名(キーワード) 複相巣為生殖
件名(キーワード) 主成分分析
件名(キーワード) Houttuynia cordata
件名(キーワード) Inoganic component
件名(キーワード) Involucra
件名(キーワード) Picking time
件名(キーワード) Diploid part Parthenogenesis
件名(キーワード) Principal component analysis
要約・抄録 ドクダミ茶加工の採取時期としては,一般に花のような白い総ほうが終わる頃が適していると言われている。そこで,ドクダミの成長期を「萌芽期」,「結実期」,「本葉期」と名付け,この3期と,結実期の「葉部」,「花部」の2種類の無機成分含有量を分析した。さらに,採取時期の意義を,相関分析,主成分分析法により解析を試みた。1.ドクダミの無機成分は,カリウムがもっとも多く,カルシウム,マグネシウム,鉄,マンガン,亜鉛は成長とともに増加し、銅は複相単為生殖後の花部に多い。2.カリウムとカルシウムは6:1,マンガンとマグネシウムは80:1ほどの比率で増加し,カルシウム・カリウムと銅では反比例する関係があり,花部,本葉期に認められる。3.主成分分析では第1主成分に,カルシウム,マグネシウム,カリウム,マンガンと銅が抽出され、ドクダミの無機成分を構成する主な成分と複相単為性生殖により増加する成分と考えられ,第2主成分の鉄,亜鉛は複相単為生殖に深く関与する成分と考えられる。4.成長期別の主成分分析法では,2次元布置図から花部の特異性が推測ができる。5.以上のことから,経験的にいわれているドクダミ採取時期は総ほうの終わる頃がよいとされるが、3成長期と花部、葉部に分けることにより明確にできた。ゆえに,昨今の食生活に派生する味覚異常や高齢者の無機成分摂取不足などの改善には,手軽に日常的な飲用が望ましい薬用植物と考えられる。
要約・抄録 The appropriate picking time for dokudami (Huttuynia cordata) tea is generally considered to be at the termination of the flower-like white involucre. Therefore, we classified the growth period of dokudami into the sprouting, seed setting, and true leaf stages, analyzed the contents of inorganic components at these stages, and analyzed contents of inorganic components in the leaves and flowers in the seed setting stage. In addition, the importance of the tea picking time was evaluated by a correlation analysis and principle component analysis. Among the inorganic components of dokudami, the content of potassium was the highest, and the contens of calcium, magnesium, iron, manganese and zinc increased with growth. The content of copper was high in the flowers after diplophase parthenogenesis. Inorganic components increased at a potassium : calcium ratio of about 6 : 1 and at a manganese : magnesium ratio of about 80 : 1. The calcium : potassium ratio changed inversely to the copper content that was observed in the flowers and in the true leaf stage. A principle component analysis revealed calcium, magnesium, potassium, manganese, and copper as the principle components. These appeared to be the principle inorganic components of dokudami and to increase due to diplophase parthenogenesis. A principle component analysis according to the growth stage showed that the specificity of flowers could be estimated from two-dimensional scatter diagrams. The appropriate picking time for dokudami tea is empirically considered to be at the termination of the involucre, and the analysis according to the growth stage and the analysis of the flowers and leaves confirmed this. To improve the abnormal gustatory that is sensation associated with a modern diet or with insufficient intake of inorganic components by aged persons, dokudami tea brewed from a herbal plant provides a readily drunk remedy.
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(ISSN形式) 13411535
掲載誌情報(URI形式) 日本調理科学会誌
掲載誌名 日本調理科学会誌
掲載巻 32
掲載号 4
掲載ページ 330-333

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで