サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

女性化乳房症を呈した胃原発じゅう毛癌の1例

榎戸 克年,西尾 剛毅,大黒 聖二,濱中 洋平,西尾 梨沙,鈴木 高祐

詳細情報

タイトル 女性化乳房症を呈した胃原発じゅう毛癌の1例
著者 榎戸 克年
著者 西尾 剛毅
著者 大黒 聖二
著者 濱中 洋平
著者 西尾 梨沙
著者 鈴木 高祐
DOI 10.3919/jjsa.65.3175
別タイトル A CASE OF PRIMARY GASTRIC CHORIOCARCINOMA WITH GYNECOMASTIA
著者別名 ENOKIDO Katsutoshi
著者別名 NISHIO Takeki
著者別名 OGURO Seiji
著者別名 HAMANAKA Yohei
著者別名 NISHIO Risa
著者別名 SUZUKI Koyu
出版年(W3CDTF) 2004
件名(キーワード) 胃原発絨毛癌
件名(キーワード) 女性化乳房症
件名(キーワード) HCG
要約・抄録 症例は54歳,男性. 2001年9月頃から心窩部痛と胸やけが出現したため近医受診し,上部消化管内視鏡にて胃前庭部に腫瘍性病変を認めたため当院紹介受診した.身体所見上女性化乳房症を認め,血液検査ではHCG13,400と高値であった.上部消化管造影,上部消化管内視鏡にて胃前庭部大彎側後壁よりに大きな潰瘍を伴う腫瘍を認めた.腹部CTでは,膵頭部,十二指腸,横行結腸との直接浸潤,多発リンパ節転移,多発肝転移の所見であった.生検標本の病理組織検査にて胃原発絨毛癌と診断された.根治手術は不可能であったためTS-1を用いた化学療法を行ったが,肝転移は急速に増大し, 2002年1月5日死亡した.絨毛癌は,高HCG血症により女性化乳房症を呈することがある.予後は非常に悪く,発見時すでに治癒切除が不可能のことがある.原因不明の女性化乳房症では, HCG産生腫瘍を鑑別する必要があると考えられた.
要約・抄録 A 54-year-old man complaing of epigastralgia and pyrosis since September 2001 was referred to the hospital because upper gastrointestinal endoscopy revealed a huge tumor on the antrum at another hospital. Physical examination revealed gynecomastia, and blood test showed high level of serum HCG, 13, 400. Upper GI series and gastrointestinal endoscopy visualized a huge gastric tumor with ulcer formation located from the posterior wall to the greater curvature of the antrum. Abdominal CT scan demonstrated extra-gastric extension, multiple lymph nodes metastasis and multiple liver metastasis. He was diagnosed as having primary gastric choriocarcinoma and was not a candidate for a curative operation, so chemotherapy with TS-1 was started. But the multiple liver metastasis rapidly grew and the patient died on January 5, 2002. Choriocarcinoma can present gynecomastia because chorionic gonadotrophin is elevated in blood. It is highly malignant and curative resection is often impossible when it is detected. HCG-producing tumor must be kept in mind as a differential diagnosis in treating patients who have gynecomastia of unknown origin.
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(ISSN形式) 1345-2843
掲載誌名 日本臨床外科学会雑誌
掲載巻 65
掲載号 12
掲載ページ 3175-3179

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで