サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 -

質問

カラス麦、ハト麦について書かれた本は?(小学生)(なお、同時期に世界の麦の種類について知りたいといった質問もあり。)(香川県立図書館)

回答等

タイトル カラス麦、ハト麦について書かれた本は?(小学生)(なお、同時期に世界の麦の種類について知りたいといった質問もあり。)(香川県立図書館)
回答 ・ポプラディア3(030 P3 2-3)  ※p.75:カラスムギについて少しだけ記述あり。・ポプラディア8(030 P3 2-8)  ※p.244:ハトムギについて少しだけ記述あり。・雑穀つくり方・生かし方 「いのちの種」を畑と食卓に呼び戻す ライフシード・ネットワーク/編 創森社 1999.2 ※p.66-68 ハトムギの栽培についての記述あり。回答プロセス:・ムギの一生(400 K1 1-91)を確認したが、カラス麦、ハト麦に関する記事なし(追記)・麦作の強害雑草カラスムギの蔓延とその防止対策- 播種期移動と除草剤で効果的に抑制 -  情報公開日:2003年11月 6日 (木曜日)(農研機構).    https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/narc/043219.html一般書なので小学生向けとしては難しいと思われるが、次の所蔵あり。・転作全書 第3巻 雑穀 農文協/編 農山漁村文化協会 2001.3 (6150 N9 2-3)   ※p.735-824「ハトムギ」・畑作全書 基礎生理と応用技術 雑穀編 農文協/編 農山漁村文化協会 1981.12(6160 N3 1-4)  ※p.937-1029「ハトムギ・基礎編」・雑穀の自然史 その起源と文化を求めて 山口裕文/編著 北海道大学図書刊行会 2003.9 (6166 Y1)   ※p.156 ハトムギについて少しだけ記述あり。   p.35「2 雑草種子の食べ方(調理の方法)」にカラスムギについて少しだけ記述あり。備考:定番事例 2014/12にも同様な質問あり。次の出版情報あり(当館所蔵なし)・麦の自然史 人と自然が育んだムギ農耕 佐藤洋一郎/編著,加藤鎌司/編著 北海道大学出版会 2010.3 内容: 麦の風土 / 佐藤洋一郎著     麦学入門 「ムギ」とは何だろう / 河原太八著     ムギを表す古漢字 / 渡部武著     畑作農耕の始まりと麦の起源 染色体数の倍加により進化したコムギ / 森直樹著     考古学からみたムギの栽培化と農耕の始まり / 丹野研一著     西アジア先史時代のムギ農耕と道具 / 有村誠著     シルクロードを伝わった麦たち コムギが日本に来た道 / 加藤鎌司著     シルクロードの古代コムギ / 西田英隆著     オオムギの進化と多様性 / 武田和義著     コムギ畑の随伴雑草ライムギの進化 / 辻本壽著     エンバクの来た道 / 森川利信著     ムギと共に伝わったドクムギ / 冨永達著     現代人と麦 フィールドからみた世界のパン / 長野宏子著     日常の生活が育んだ在来コムギの品種多様性 / 大田正次著     消えゆく麦の多様性 麦の多様性と遺伝資源 / 河原太八著     自生地保全の試み / 笹沼恒男著     文献あり 索引あり
件名(キーワード)
件名(キーワード) 穀物-栽培
件名(キーワード) カラスムギ(別名:エンバクという説と、エンバクとカラスムギは別物という説などがあるようだ)
NDC 616
対象利用者 一般

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで