サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

極性多原子分子流体の構造と誘電率--RAM Perturbation Theoryによる計算

大場 正春

詳細情報

タイトル 極性多原子分子流体の構造と誘電率--RAM Perturbation Theoryによる計算
著者 大場 正春
出版地(国名コード) JP
出版年(W3CDTF) 2002-03
件名(キーワード) Dielectric constant
件名(キーワード) Polar polyatomic molecules
件名(キーワード) The reference average Mayer-function perturbation theory
NDLC ZR7
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(URI形式) https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000023085-00
掲載誌情報(ISSN形式) 09103376
掲載誌情報(ISSN-L形式) 09103376
掲載誌名 名城大学農学部学術報告 = Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Meijo University / 名城大学農学部 編
掲載号 38
掲載ページ 83~91
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで