サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

臨床研究 消化管生検検体を用いた定量的PCR法による同種移植後サイトメガロウィルス胃腸炎の診断と早期治療介入の有用性

新井 康之,近藤 忠一,北野 俊行 他

詳細情報

タイトル 臨床研究 消化管生検検体を用いた定量的PCR法による同種移植後サイトメガロウィルス胃腸炎の診断と早期治療介入の有用性
著者 新井 康之
著者 近藤 忠一
著者 北野 俊行 他
出版地(国名コード) JP
別タイトル Usefulness of quantitative PCR in biopsy specimens for early therapeutic intervention in gastro-intestinal cytomegalovirus infections after allogeneic stem cell transplantation
出版年(W3CDTF) 2014-12
件名(キーワード) Allogeneic stem cell transplantation
件名(キーワード) Gastro-intestinal tract
件名(キーワード) Cytomegalovirus infection
件名(キーワード) Quantitative polymerase chain reaction
NDLC ZS21
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(URI形式) https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000024253-00
掲載誌情報(ISSN形式) 04851439
掲載誌情報(ISSN-L形式) 04851439
掲載誌名 臨床血液
掲載巻 55
掲載号 12
掲載ページ 2400-2407
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで