サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

判例研究 医療過誤事件に関与した被告医師に対する民事事件判決(原告遺族側敗訴)をめぐるテレビ報道について、放送倫理・番組向上機構(BPO)が、被告医師に関する名誉毀損の事実を否定しつつ、放送倫理基本綱領における「重大な倫理違反」の事実を肯定し、当該テレビ局に対し、本決定趣旨の放送と、爾後における報道等の正確性と公平性の確保および事前準備等の徹底を勧告した事例[平成21.10.30]

根本 晋一

詳細情報

タイトル 判例研究 医療過誤事件に関与した被告医師に対する民事事件判決(原告遺族側敗訴)をめぐるテレビ報道について、放送倫理・番組向上機構(BPO)が、被告医師に関する名誉毀損の事実を否定しつつ、放送倫理基本綱領における「重大な倫理違反」の事実を肯定し、当該テレビ局に対し、本決定趣旨の放送と、爾後における報道等の正確性と公平性の確保および事前準備等の徹底を勧告した事例[平成21.10.30]
著者 根本 晋一
出版地(国名コード) JP
別タイトル Case in which BPO admonished a television network over its reporting on a doctor who was the defendant in a civil malpractice case : BPO denied that libel had been committed : However, they ordered the network to broadcast that they had been admonished, and demanded correct and fair programming from the network
出版年(W3CDTF) 2012-09
NDLC ZA11
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(URI形式) https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000090359-00
掲載誌情報(ISSN形式) 09199357
掲載誌情報(ISSN-L形式) 09199357
掲載誌名 横浜国際経済法学 / 横浜国際経済法学会 編
掲載巻 21
掲載号 1
掲載ページ 87-115
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで