サイトメニューここからこのページの先頭です

ショートカットキーの説明を開始します。画面遷移や機能実行は、説明にあるショートカットキーを同時に押した後、Enterキーを押してください。ショートカットキーの説明を聞くには、Alt+0。トップ画面の表示には、Alt+1。ログインを行うには、Alt+2。簡易検索画面の表示には、Alt+3。詳細検索画面の表示には、Alt+4。障害者向け資料検索画面の表示には、Alt+5。検索結果の並び替えを行うには、Alt+6。国立国会図書館ホームページの表示には、Alt+7。検索結果の絞り込みを行うには、Alt+8。以上でショートカットキーの説明を終わります。

ナビゲーションここから

ナビゲーションここまで

本文ここから

資料種別 記事・論文

視覚誘導性自己運動知覚刺激を用いた歩行訓練による歩行機能の改善と脳機能への影響に関する研究

原田 妙子,中村 信次

詳細情報

タイトル 視覚誘導性自己運動知覚刺激を用いた歩行訓練による歩行機能の改善と脳機能への影響に関する研究
著者 原田 妙子
著者 中村 信次
出版地(国名コード) JP
別タイトル Visual illusion may contribute to gait recovery in rehabilitation therapy
出版年(W3CDTF) 2012-03
件名(キーワード) ニューロリハビリテーション
件名(キーワード) 歩行機能
件名(キーワード) 視覚誘導性自己運動知覚刺激
件名(キーワード) 運動前野
件名(キーワード) 近赤外線分光装置
NDLC ZM2
対象利用者 一般
資料の種別 記事・論文
掲載誌情報(URI形式) https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010581641-00
掲載誌情報(ISSN形式) 18839967
掲載誌情報(ISSN-L形式) 18839967
掲載誌名 日本福祉大学健康科学論集 / 日本福祉大学健康科学論集編集委員会 編
掲載巻 15
掲載ページ 27-29
言語(ISO639-2形式) jpn : 日本語

本文ここまで

Copyright © 2012 National Diet Library. All Rights Reserved.

フッター ここまで