メインページ > 国立国会図書館サーチについて > メタデータ

メタデータ


メタデータ | 当館作成書誌の利用



国立国会図書館サーチが持つメタデータは、「国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述(DC-NDL)」に従っています。DC-NDLは、メタデータ記述に用いる語彙の国際標準であるDublin Core(ダブリン・コア)を基に、当館独自の拡張を加えたものです。

DC-NDLの詳細は、当館ホームページの「国立国会図書館について > 電子図書館事業 > 電子情報に関する標準 > 国立国会図書館ダブリンコアメタデータ記述(DC-NDL)」をご覧ください。

1. 提供するメタデータの形式

国立国会図書館サーチでは、主にDC-NDL(RDF)、DC-NDL(Simple)、JSONという3つの形式でメタデータを提供しています。

2. メタデータの取得方法

国立国会図書館サーチのメタデータはAPIによって提供しています。APIの詳細は、「外部提供インタフェース(API)」のページをご参照ください。

なお、取得できるメタデータの形式はAPIの種類により異なります。また、各資料のメタデータは、書誌詳細のページからDC-NDL(RDF)形式及びJSON形式で出力することもできます。

  • DC-NDL(RDF)

    書誌詳細画面のURLの末尾に「.rdf」と付加することで、当該資料1件分のメタデータをRDF/XML形式で出力できます。

    例:http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011125696-00.rdf
  • JSON

    書誌詳細画面のURLの末尾に「.json」と付加することで、当該資料1件分のメタデータをJSON形式で出力できます。

    例:http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011125696-00.json

    また、JSON出力URLにコールバック関数パラメータ「callback=」を設定することで、JSONPでの出力も可能です。

    例:http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011125696-00.json?callback=abc

    ※コールバック関数パラメータ(上記例の場合、「abc」の部分)の書式に指定はありません。JavaScriptの関数として使用可能な文字を使用してください。