メインページ > 国立国会図書館サーチについて > よくあるご質問

よくあるご質問


質問一覧


サービスについて


検索について


各種手続きについて


外部提供インタフェース(API)の利用について


データ提供について


その他




サービスについて


Q:何を目的としたサービスなのですか?

A:国立国会図書館サーチは、国立国会図書館が提供するコンテンツに加え、全国の公共図書館、公文書館、美術館、学術情報機関等、様々な機関のコンテンツを統合的に検索し、可能な限り入手手段まで案内することを目的としたサービスです。国内の豊富な「知」をご活用いただくためのアクセスポイントとなることを目指しています。
詳しくは、「国立国会図書館サーチについて」をご覧ください。


Q:どんな資料を探すことができるのですか?

A:国立国会図書館サーチで探すことができる資料は、以下のとおりです。
  • 本(図書、雑誌、オンラインジャーナル、DVD・CD等の録音・映像資料、地図、楽譜、和古書、漢籍、政府刊行物、会議録、規格・テクニカルリポート類等)
  • 記事・論文(雑誌記事、博士論文等)
  • 新聞
  • 児童書
  • レファレンス情報
  • デジタル資料(画像、音声、デジタル化資料、インターネット資料等)
  • その他(NDL-HP掲載刊行物、絵画、ポスター、写真、絵葉書、磁気データ、数値データ、コンピュータ・プログラム、ゲーム等)
  • 立法情報(国会会議録、法令索引等)
国立国会図書館サーチでは、このように様々な形態の資料があるため、トップ画面や検索結果一覧画面で、資料種別を指定して検索できるようにしています。


Q:どんな機関のデータベースを検索対象にしているのですか?

A:国立国会図書館、学術情報機関、都道府県立図書館、政令指定都市立図書館、大学図書館、専門図書館、公文書館、美術館等で提供しているデータベースを検索対象にしています。
詳しくは、「検索対象データベース一覧」をご覧ください。


Q:ログインをしなくても利用できるのですか?

A:ログインをしなくても、検索機能はお使いいただけますが、複写サービスなど国立国会図書館の各種サービスをお申込みになる場合は、ログインをして資料を検索していただく必要があります。また、ログインをした場合にのみお使いいただける便利な機能があります。詳しくは機能概要の「付加価値機能」をご覧ください。


Q:どのような環境で利用できるのですか?

A:国立国会図書館サーチでは、以下のブラウザで動作を確認しています。記載以外の環境では、不具合が発生する可能性があります。
Microsoft Internet Explorer 8、Mozilla Firefox 10、Google Chrome 23

検索について


Q:キーワード検索をした場合(詳細条件を指定しないで検索した場合)、検索対象となる項目は何ですか?

A:入力したキーワードが、タイトル、著者・編者、出版社、寄与者、要約・抄録、掲載誌情報、目次、注記、版、に含まれているもの(タイトル、著者・編者、出版社、寄与者、版についてはその読みも対象)や、全文検索が可能なデータベースの場合はその本文に含まれているものを検索結果として表示します。また、資料に付与された各種のID 番号も検索対象となります。


Q:適合度順とは何ですか?

A:国立国会図書館サーチの検索結果は、適合度順に表示されます。適合度とは、検索語に対する各資料の関連性の度合いです。
適合度を算出するロジックは、当システムで独自に定めたもので、書誌情報における検索キーワードの個数、出現頻度、データベースごとの優先度(当館所蔵資料等の一部の資料を優先的に表示するため)等を基に算出しています。


Q:「関連キーワード」「著者名キーワード」は、何に基づいて表示しているのですか?

A:検索結果一覧画面の右側に表示される「関連キーワード」と「著者名キーワード」は、「国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス(Web NDL Authorities)」を利用して表示しています。「国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス(Web NDL Authorities)」は、国立国会図書館が維持管理する典拠データを一元的に検索・提供するサービスです。
国立国会図書館サーチでは、検索キーワードが「国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス(Web NDL Authorities)」の典拠データに存在する場合に、そのデータの上位語、下位語、関連語を「関連キーワード」に表示しています。また著者名典拠データをもとに、「著者名キーワード」を表示しています。


Q:気になる資料が見つかったら、どうすれば資料を見ることができますか?

A:資料を見る方法は3通りあります。
  1. インターネットで閲覧する
    国立国会図書館サーチの検索対象には、インターネットで閲覧が可能なデジタル資料が含まれています。検索結果一覧画面で表示されたデータベース名や検索結果詳細画面の右側「見る・借りる」に表示されたデータベース名からデータ提供元の画面へ遷移し、ご覧いただけます。
    インターネットで本文を閲覧可能な資料は、資料種別に「デジタル資料」を指定した検索した場合に検索結果として表示されるもの(公共図書館等のデジタル資料やCiNii ArticlesJAIROに掲載されている記事・論文等)です(一部除く)。
    また、検索結果詳細画面右側の「オンライン書店等で探す」というリンクからGoogle Book SearchとGoogle Scholarでの再検索が可能です。こちらにも一部、インターネットで本文を閲覧できる資料があります。

  2. 図書館で借りる
    国立国会図書館サーチでは、検索結果詳細画面から、資料を所蔵している図書館までナビゲートしています。
    検索結果詳細画面の右側「見る・借りる」に、その資料を所蔵する都道府県立図書館が表示されます。資料のご利用にあたりましては、検索結果詳細画面の右側「見る・借りる」から各図書館のサイトに遷移して、各図書館の最新の所蔵状況をご確認ください。
    詳しくは、「同じ本を所蔵している図書館をまとめて表示する」をご覧ください。貸出等のサービスをご希望される場合には、必ず、最寄りの図書館を通じてご相談ください。

    なお、国立国会図書館で所蔵している資料を利用したい場合には、「Q:国立国会図書館で所蔵している資料を利用するにはどうすればよいですか?」をご覧ください。

  3. オンライン書店で購入する
    国立国会図書館サーチでは、入手手段の1つとしてオンライン書店までナビゲートしています。詳細画面の右側「オンライン書店等で探す」から、オンライン書店のサイトへ遷移して購入することができます。詳しくは、「CiNii Booksやオンライン書店等で資料を探す」をご覧ください。


Q:国立国会図書館で所蔵している資料を利用するにはどうすればよいですか?

A:国立国会図書館で所蔵している資料を利用する場合は、必ず「NDL-OPAC(国立国会図書館蔵書検索・申込システム)」の「所蔵確認/各種申込み」のリンク先画面で、利用の可否と所蔵場所(東京本館/関西館/国際子ども図書館)を確認してください。
利用の可否と所蔵場所は、国立国会図書館サーチの詳細画面の右側「国立国会図書館のサービス」にある「NDL-OPAC」ボタンをクリックし、NDL-OPACの書誌詳細表示画面にある「所蔵確認/各種申込み」から確認できます。

各種手続きについて


Q:ログインをするには何が必要ですか。ログインをするとどのようなサービスが受けられるのですか?

A:国立国会図書館サーチにログインするには、国立国会図書館の登録利用者ID とパスワードが必要です。国立国会図書館の登録利用者になるには、登録利用者制度に加入していただく必要があります。
国立国会図書館の登録利用者制度に加入していただくと、東京本館及び関西館での書庫内資料の閲覧や、来館することなくインターネットから複写申込みができる郵送複写サービス等を利用することができ、当館のご利用がより便利になります。
登録利用者制度の詳細は、「国立国会図書館ホームページ>サービス概要>登録利用者制度のご案内」をご覧ください。

国立国会図書館サーチでは、ログイン機能に「国立国会図書館 統合認証」を利用しています。
「国立国会図書館 統合認証」とは、国立国会図書館サーチとNDL-OPAC国立国会図書館東日本大震災アーカイブに同時にログインできるサービスです。
個別のサービスごとにログインする必要がないため、各システムが提供する各種サービスをスムーズにリンクすることができます。(例:国立国会図書館サーチからNDL-OPACへの利用者情報引継ぎ)
「国立国会図書館 統合認証」の詳細は、「国立国会図書館 統合認証>ヘルプ」をご覧ください。

また、国立国会図書館サーチでは、よく利用する図書館の登録、検索結果表示件数の変更等のパーソナライズ機能を設けています。
本機能は、ログインしていない状態でも、Cookieを利用して保存し、同じブラウザから再度アクセスした際に同じ設定内容でご利用いただけますが、ログインした状態でパーソナライズした設定を保存すると、どの環境からアクセスした場合でも同じ設定内容でご利用いただけます。さらに、ログインをした上で検索をすると、ご登録の住所に近い順に所蔵館を表示することができます。
パーソナライズ機能の詳細は、「ヘルプ>パーソナライズ設定」をご覧ください。


Q:国立国会図書館サーチのデータを利用するにはどのような手続きが必要ですか?

A:利用したいデータにより、手続きが異なります。
  1. 国立国会図書館サーチの各画面、または国立国会図書館がデータ提供元となっているコンテンツを転載したい場合は、「国立国会図書館サーチについて>著作権・リンクについて」をご覧ください。

  2. 国立国会図書館サーチのAPIを用いてメタデータを利用したい場合は、「国立国会図書館サーチについて>外部提供インタフェース(API)」をご覧ください。APIのご利用にあたっては、無償提供のサービスであっても営利目的の場合は、利用申請が必要になりますのでご注意ください。
    なお、国立国会図書館サーチのメタデータの詳細は、「国立国会図書館サーチについて>メタデータ」をご覧ください。また、当館作成書誌のメタデータをご利用になりたい場合は、「国立国会図書館サーチについて>メタデータ>当館作成書誌の利用」もあわせてご覧ください。


外部提供インタフェース(API)の利用について


Q:APIを利用したい場合、どのような手続きが必要ですか?

A:国立国会図書館サーチのAPIをご利用いただく場合、ご利用目的によって手続きが異なります。ご利用の前に、必ず「国立国会図書館サーチについて>APIのご利用について」をご覧ください。
APIのご利用にあたっては、無償提供のサービスであっても営利目的の場合は、利用申請が必要になりますのでご注意ください。



Q: APIを用いてどのようなことができますか?

A:各機関の目録システム、デジタルアーカイブシステムに、国立国会図書館サーチを検索するAPIを実装することにより、各機関が保有していない情報へナビゲートできます。
国立国会図書館サーチのAPIの活用事例は、「国立国会図書館サーチリンク集」のページでご紹介しています。


データ提供について


Q:どのようなデータを国立国会図書館サーチの検索対象とすることができますか?

A:国立国会図書館サーチでは、都道府県立図書館、国立情報学研究所、国立公文書館、国立美術館や、民間電子書籍サイト等と連携することで、蔵書・出版目録、デジタル資料、立法情報、レファレンス事例等様々なデータを検索対象としています。
国立国会図書館サーチとの連携をご検討いただく場合、「国立国会図書館サーチについて>連携を希望される機関の方へ」をご覧ください。



Q:連携するにはどのような方法がありますか?

A:「メタデータを収集しての連携」と「横断検索による連携」の二通りがあります。また、連携希望システムのデータを国立国会図書館サーチの検索対象とするためには、APIを実装していただいた上で、システム間の連携手続きが必要です。
国立国会図書館サーチとの連携をご検討いただく場合、「国立国会図書館サーチについて>連携を希望される機関の方へ」をご覧ください。



Q:連携するにはどのようなシステムを実装する必要がありますか?

A: データをご提供いただく場合に必要な技術要件を、ガイドラインにまとめていますのでご参照ください。
WebAPIによるシステム連携ガイドライン ver.1.2(2014.05.26)」 (PDF)



Q:連携するためにはどのような手続きが必要ですか?

A:ヒアリングシート、インタフェース仕様書、サンプルデータ等のご提出をお願いしています。
また、連携決定後に、国立国会図書館との間で連携についての合意文書を取り交わしていただきます。

国立国会図書館サーチと連携いただく場合に必要な手順を、マニュアルにまとめていますのでご参照ください。
国立国会図書館サーチ連携マニュアル ver.1.0(2014.06.01)」(PDF)


Q:連携を開始するまでにはどれくらいの期間が必要ですか?またどのような作業が必要ですか?

A:国立国会図書館サーチでは、毎年【12月まで】に連携をご希望いただいた機関を対象に、【翌年度(4月~)】の連携スケジュールを調整しています。
スケジュールの調整後、連携開始までには、通常半年程度の期間をいただいています。

半年の期間中は、連携希望機関の方にお問い合わせをさせていただき、ご協力をお願いしています。
国立国会図書館サーチとの連携をご検討いただく場合、まずは「国立国会図書館サーチについて>連携を希望される機関の方へ」をご覧ください。



Q:国立国会図書館サーチがメタデータを収集して連携を開始する場合、メタデータの登録や更新はどのように行いますか?

A:連携する方法(通信プロトコル)によっても異なりますが、おおむね以下のような流れでデータの登録を行います。
(1)サンプルデータの確認
(2)接続・連携試験(収集スケジュールの決定)
(3)全件収集
(4)リリース
(5)(3)の収集後~(4)までに更新された差分のデータを収集。
(6)(2)で決定した収集スケジュールにもとづいて、データ更新を開始。

国立国会図書館サーチと連携いただく場合に必要な手順を、マニュアルにまとめていますのでご参照ください。
国立国会図書館サーチ連携マニュアル ver.1.0(2014.06.01)」(PDF)


Q:メタデータ連携を行うためのAPIを実装したシステムを開発した場合、国立国会図書館サーチとのテストは可能ですか?

A:国立国会図書館サーチでは、連携が決定した機関(システム)とのみ、メタデータ連携のためのテストを実施しています。環境やスケジュールの制約があり、国立国会図書館サーチとの連携を前提としない、一般的なAPIや開発業者様からの個別のテストのご依頼には対応できません。
なお、国立国会図書館サーチとの連携をご検討いただく場合、まずは「国立国会図書館サーチについて>連携を希望される機関の方へ」をご覧ください。



Q:国立国会図書館サーチと既に連携済みのシステムで改修を予定している場合、どのような手続きが必要ですか?

A:国立国会図書館サーチと連携済みのシステムで改修を予定されている場合、できるだけ早めのご連絡をお願いいたします。
国立国会図書館サーチ側での改修要否等を検討するため、1年~半年前までを目途にご連絡ください。
現在連携しているインタフェース(通信プロトコルやリクエストURL)、メタデータの項目等が変更される場合、国立国会図書館サーチ側でも改修が必要となります。
また、国立国会図書館サーチから連携先データベースに遷移するためのURLに変更がある場合、全件データの再投入が必要となります。
システムの改修を予定される場合、お問い合わせフォームよりご連絡ください。


その他


Q:資料の利用・所蔵について問い合わせをしたい。

A:当館の利用方法、資料の所蔵などの簡単なお問い合わせについては、電話でお答えします。資料の書名、著者名、発行年代、出版社等、事前にご確認の上お問い合わせください。ただし、実際に資料の内容を確認しないとお答えできないようなお問い合わせは、電話では応じられませんのでご了承ください。

以下のリンク先へお問い合わせください。

国立国会図書館ホームページ > サービス概要 > レファレンス・資料案内



Q:資料の遠隔複写について問い合わせをしたい。

A:遠隔複写については、お手数ですが以下のリンク先へお問い合わせください。

国立国会図書館ホームページ > サービス概要 > 複写サービス > 遠隔複写サービス > お問い合せ先