メインページ > お知らせ > 新たに「堺市立中央図書館」がデータ提供館になりました

新たに「堺市立中央図書館」がデータ提供館になりました

2018年8月13日

平成30年8月13日より、堺市立中央図書館が、新たに国立国会図書館総合目録ネットワーク(ゆにかねっと)データ提供館になりました。

これにより、国立国会図書館サーチから堺市立中央図書館の蔵書を検索できるようになりました。書誌詳細画面の「見る・借りる」欄のリンクから、堺市立中央図書館OPACの書誌詳細画面へ直接遷移できます。

現在、データ提供館は67館となり、国立国会図書館サーチから直接遷移できる公共図書館は33館になりました。