メインページ > お知らせ > ColBase: 国立博物館所蔵品統合検索システムとの連携を開始しました(2018年3月22日)

ColBase: 国立博物館所蔵品統合検索システムとの連携を開始しました(2018年3月22日)

2018年3月22日

国立国会図書館サーチは2018年3月22日から、国立文化財機構の運営する「ColBase: 国立博物館所蔵品統合検索システム」との連携を開始しました。
ColBase: 国立博物館所蔵品統合検索システム」は、国立文化財機構の4つの国立博物館(東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館、九州国立博物館)の所蔵品を、横断的に検索できるサービスです。
連携開始により、国立国会図書館サーチで上記の検索を行うことができるようになりました。国立国会図書館サーチと連携済みの他のデータプロバイダのデータと合わせて検索することで、例えば国立博物館の収蔵品と関連する書籍や論文の情報を一括で検索することが可能になります。


<「ColBase: 国立博物館所蔵品統合検索システム」データの表示例>


「ColBase: 国立博物館所蔵品統合検索システム」から提供されたメタデータは、外部提供インタフェース(API)により、検索とハーベストが可能です。

検索用APIとハーベスト用APIの詳細
  • 検索用API: SRU、SRW、OpenSearch、Z39.50
  • ハーベスト用API: OAI-PMH

データプロバイダの詳細
  • データプロバイダID: colbase
  • リポジトリ番号: R100000095
  • データ件数: 約13万件
  • OAI-PMHでのデータの起点日(datestamp): 2018-03-22