メインページ > お知らせ > 国立国会図書館サーチが正式サービスとなりました(2012年1月6日)

国立国会図書館サーチが正式サービスとなりました(2012年1月6日)

2012年1月6日


国立国会図書館サーチは、2010年8月に開発版として一般公開し、皆さんにご利用いただいてきましたが、本日(2012年1月6日)、正式サービスとなりました。
国立国会図書館サーチの現在の機能については、機能概要のページをご覧ください。

また、この度、正式サービスとしての公開に合わせ、以下のとおり検索対象・連携対象の拡充、公開ドキュメントの改訂を行いました。

検索対象の拡充

  • 国会会議録検索システム:第1回国会(昭和22(1947)年)以降の国会会議録をテキストとデジタル画像で閲覧できるシステムです。会議名、発言者名、発言内容等での検索が可能です。
  • 帝国議会会議録検索システム:帝国議会全会期(明治23(1890)年~昭和22(1947)年)の速記録をデジタル画像で閲覧できるシステムです。
  • アジア歴史資料データベース:近現代の日本とアジア近隣諸国等との関係に関わる重要な日本の公文書やその他の記録を収録しているデータベースです。国立公文書館、外務省外交史料館、防衛省防衛研究所戦史研究センターが保管するアジア歴史資料のうち、デジタル化が行われた資料を順次公開しています。
  • 信州デジくら:長野県が所蔵している各種資料をデジタル化し、公開するサイトです。

上記は全て、検索画面で「すべての連携先を検索する」にチェックを入れた際に検索対象となります。


CiNii Booksへのリンク


    CiNii Booksは、国立情報学研究所(NII)が運営する、全国の大学図書館等が所蔵する本(図書や雑誌等)の情報を検索できるサービスです。
    この度、書誌詳細画面にCiNii Booksへのリンクを設けました。「見る・借りる」欄の「CiNii Booksで探す」をクリックすると、当該資料についてのCiNii Booksでの検索結果を表示します(著者名+タイトル での検索)。これにより、お探しの資料の、全国の大学図書館における所蔵状況が分かります。


「外部提供インタフェース仕様書」改訂版の公開