メインページ > お知らせ

ログインパスワード入力に関する注意事項

2018年1月9日

国立国会図書館サーチにログインする際のパスワードについて、次の点にご注意ください。

  1. 【重要】平成29年12月27日以前に登録済みの登録利用者の方のパスワードについて

    平成29年12月27日以前に設定したパスワードは、英字は大文字で保持されていますので、ログインの際に英字を大文字で入力してください
  2. パスワードの設定条件

    パスワードを変更する際は、次の条件で新しいパスワードを設定してください。
    • 文字列は8~20文字以内。
    • 半角の英数字と一部の記号!#&\@?-=*+が使用できます。
    • 半角英字と半角数字を混在させることが必要です。
    • 利用者IDと同じパスワードは設定できません。
    • 英字は大文字・小文字を区別します。
  3. パスワードの再設定

    パスワードをお忘れの方は、国立国会図書館オンラインのパスワード再設定で設定が可能です。パスワードの再設定には、事前にメールアドレスが登録されていることが必要です。
    視覚障害者等用データ送信サービスのご利用の方で、パスワードを忘失された方は以下の問い合わせ先にお問い合わせいただくことで再発行も可能です。
    登録利用者制度についてのお問い合わせ | 視覚障害者等用データ送信サービス登録利用者(個人)制度
  4. パスワードロック

    パスワード認証を5回失敗すると、ロック機能によりログインできなくなります。ロックされた場合には、10分間お待ちいただくか、パスワードをご自身で再設定して新しいパスワードでログインしていただきます。
    できるだけ複雑で推測の難しい、固有のパスワードの設定をお勧めします。

国立国会図書館オンラインのサービス開始に伴う国立国会図書館サーチの機能の一部変更等について(2018年1月5日)

2018年1月5日

  • に、国立国会図書館検索・申込オンラインサービス(略称:国立国会図書館オンライン)のサービスを開始しました。これに伴い、国立国会図書館サーチの検索結果からの申込先は、国立国会図書館蔵書の場合、国立国会図書館オンラインとなります。
    ※外部提供インタフェース(API)のデータプロバイダIDに変更はありません。
  • ログイン画面が新しくなりました。
    新ログイン画面のイメージ画像
  • 点字図書・録音図書全国総合目録の詳細画面の「見る・借りる」からのリンク先を変更しました。新たなリンク先は、他機関所蔵資料の場合は国立国会図書館ホームページの点字図書・録音図書全国総合目録参加館一覧のページになります(当館が製作した学術文献録音図書などの国立国会図書館所蔵資料の場合は、リンク先が国立国会図書館オンラインの当該資料になります)。
    点字図書・録音図書全国総合目録画面イメージ
    <変更後の「点字図書・録音図書全国総合目録」(他機関蔵書の場合)>
  • なお、1月4日から休止していた視覚障害者等用データ送信サービスのデータのストリーミング再生・ダウンロードサービスを再開しました。

関連サービスの一部休止、機能等の一部変更予定について

2017年12月13日

平成30年1月のシステムリニューアルに伴い、国立国会図書館サーチでサービスの一部休止、機能の変更が生じます。
システムリニューアル全般については、当館ホームページ内の「平成30年1月システムリニューアルのお知らせ」(English)をご参照ください。

  • からまで

    国立国会図書館サーチの検索結果からNDL-OPACへのリンクが無効となります(リンクをクリックすると、国立国会図書館蔵書検索・申込システム(NDL-OPAC)は、平成29年12月27日(水)をもってサービスを終了しました。と表示されます)。
    ※NDL-OPACはにサービスを終了します。
    ※新しい検索・申込サービス(国立国会図書館オンライン)は、にサービスを開始します。
  • からまで

    視覚障害者等用データ送信サービス のデータをご利用になれません。
    ※国立国会図書館サーチでの視覚障害者等用データの書誌の検索はできますが、データのストリーミング再生、ダウンロードはできません。御不便をおかけしますが、あらかじめ御了承くださいますようお願いいたします。
  • から

    国立国会図書館サーチの機能等が一部変更となります。
    • 国立国会図書館蔵書の場合、詳細画面からの申込先が国立国会図書館オンラインEnglish)になります。なお、外部提供インタフェース(API)のデータプロバイダIDに変更はありません。
    • ログイン画面が新しくなります。
      【重要】現在お使いいただいている利用者ID、パスワードについては、平成30年1月以降も引き続き使用できますが、平成29年12月27日以前に設定したパスワードについて、英字は大文字で保持されているため、ログインの際に英字は大文字で入力してください。
      パスワードポリシーEnglish)は、国立国会図書館オンラインの公開に伴い変更となりますのでご留意ください。なお、「新しいシステムに移行されるメールアドレスについて 」(English)もあわせてご確認ください。
    • 点字図書・録音図書全国総合目録の詳細画面の「見る・借りる」からのリンク先が変更となります。新たなリンク先は、他機関所蔵資料の場合は国立国会図書館ホームページの点字図書・録音図書全国総合目録参加館一覧のページになります(当館が製作した学術文献録音図書などの国立国会図書館所蔵資料の場合は、リンク先が国立国会図書館オンラインの当該資料になります)。
      変更後の「点字図書・録音図書全国総合目録」(他機関蔵書の場合)のイメージ画像
      <変更後の「点字図書・録音図書全国総合目録」(他機関蔵書の場合)>

国立国会図書館サーチのシステムメンテナンスのお知らせ(2017年10月28日)

2017年10月16日

以下の期間、国立国会図書館サーチのシステムメンテナンスを実施いたします。

その間、国立国会図書館サーチでは以下のサービスをご利用いただけません。
  • 国立国会図書館サーチ(PC向け、スマートフォン向け、モバイル向け、API)
  • 国際子ども図書館 子どもOPAC
※国立国会図書館 統合認証サービス(SSO)は、通常どおりご利用いただけます。

ご不便をおかけしますが、どうぞご了承ください。

一部公共図書館への遷移方式を改善しました(2017年9月20日)

2017年9月20日

書誌詳細画面の「見る・借りる」欄のリンクから、各公共図書館のOPACの書誌詳細画面へ直接遷移できる図書館に以下の図書館が加わりました。

各公共図書館のOPACの書誌詳細画面へ直接遷移できる図書館は合わせて29館となりました。
直接遷移できる図書館については「同じ本を所蔵している図書館をまとめて表示する 」をご覧ください。

今後も、遷移方式の改善を順次行う予定です。

国立国会図書館サーチのシステムメンテナンスのお知らせ(2017年9月9日)

2017年9月5日

以下の期間、国立国会図書館サーチのシステムメンテナンスを実施いたします。

その間、国立国会図書館サーチでは以下のサービスをご利用いただけません。
  • 国立国会図書館サーチ(PC向け、スマートフォン向け、モバイル向け、API)
  • 国際子ども図書館 子どもOPAC
※国立国会図書館 統合認証サービス(SSO)は、通常どおりご利用いただけます。

ご不便をおかけしますが、どうぞご了承ください。

「よく利用する図書館」に関する制約を解消しました(2017年8月8日)

2017年8月8日

パーソナライズ設定画面」において、「よく利用する図書館」を追加する際、都道府県名の次に図書館名が表示されてしまい、エラーが生じる場合がありましたが、都道府県名、市区町村名、図書館名の順で常に表示されるよう改修を実施し、本制約は解消されました。

データ連携機関を新しく追加しました(2017年7月25日)

2017年7月25日

国立国会図書館サーチは2017年7月25日より、「三重県総合博物館所蔵品データベース」との連携を開始し、データプロバイダとして追加しました。
これにより、国立国会図書館サーチで三重県総合博物館の収蔵品を検索することが可能となりました。
この連携は「三重県総合博物館所蔵品データベース」との横断検索により実現しています。検索の際には「すべての連携先を検索する」にチェックを入れて検索してください。


<簡易検索の場合>
簡易検索イメージ


<詳細検索の場合>
詳細検索イメージ


対象データプロバイダについて:

一部公共図書館への遷移方式を改善しました(2017年6月26日)

2017年6月26日

書誌詳細画面の「見る・借りる」欄のリンクから、各公共図書館のOPACの書誌詳細画面へ直接遷移できる図書館に「愛媛県立図書館」が加わり、合わせて24館となりました。

直接遷移できる図書館については「同じ本を所蔵している図書館をまとめて表示する 」をご覧ください。

今後も、遷移方式の改善を順次行う予定です。

検索用APIの検索項目を追加しました

2017年5月15日

検索用API(SRU、SRW、OpenSearch)において、「デジタル化した製作者(digitized_publisher)」を検索項目に追加しました。「国立国会図書館デジタルコレクション」の他機関デジタル化資料を検索する際などにご活用ください。

詳細については、外部提供インタフェース(API)のページ掲載の「国立国会図書館サーチ 外部提供インタフェース仕様書」をご参照ください。