「言葉を入れてさがす」画面

①さがす時に使う言葉の種類(しゅるい)

(おも)いついた言葉

キーワード(さがしたい本の「かぎ(キー)となることば」といういみです)のことです。本の名前(なまえ)() いた人、けんめい、本のあらすじ、本のもくじなどのどれかに入っている言葉を 使(つか)って、本がさがせます。

本の名前

本の題名(だいめい)書名(しょめい))のことです。名前の一()だけを入れてもさがせます。(例:『パンダのあかちゃん』→入れたことば「ぱんだ」)

書いた人

本を書いた人(著者(ちょしゃ))の名前のことです。名前の一部だけを入れてもさがせます。

件名

件名(けんめい)は、本の内容(ないよう)を、(みじか)い言葉であらわしたものです。たとえば、お(こめ)(つく)(かた)について書かれた本なら、米、農業(のうぎょう)(いね)、などが件名です。件名でのけんさくは、言葉のえらび方がむずかしいので、使う時は図書館の人に()いてください。(図書館の方へ:小説や絵本など、件名がふられていない資料も含まれていますので、使用に当たってはご注意ください。)

②本の種類

すべての本

種類にかんけいなく、全部(ぜんぶ)の本をさがします。

絵本(えほん)物語(ものがたり)

絵本や物語をさがします。

知識(ちしき)の本

歴史(れきし)の本や虫のずかんなど、調(しら)べものに役立(やくだ)つ本をさがします